FC2ブログ

石巻のSさんの体験

2011.10.15 00:10|2011年の震災
石巻のSさんから新米が送られてきました。

大打撃を受けた被災地の方から贈り物?って、
不思議な気持ちになりました。

「元気です。足りないものはありません。」

って震災直後、メールの返信があったから
本人が大丈夫なのはわかっていたのだけど・・・。

どこまで聞いていいのか分からないな、と思い
なんとなく電話出来ずにいましたが、
お米のお礼を言うためにかけてみました。

以下、Sさん談。(Sさんに了承いただいてます)

「第一波で50cmくらいの津波が来たから
みんな大した事無いと思っちゃったんだよね。
今までも来る来るって言ってて来なかったから、
避難しなかった人もたくさんいた。お年寄りとかね。
第二波・第三波がスゴイんだな。

車で逃げた人は大体渋滞しちゃって動けずに
車ごと持ってかれちゃったんだ。
道が詰まりそうなら足で走って逃げた方がいいね。

津波でさらわれると色んなとこるぶつけるのかな、
死体が見つかっても首やら腕やらもげちゃってるのね。
引く波の威力がすごく強いんだよ。
家だって基礎だけ残して全部持ってかれちゃうんだよな。

自分も車で逃げたんだけど、渋滞しなくて大丈夫だった。
一晩車で過ごしたんだけど、
水が引かないから避難所に行ったんだよ。

運良く一ヵ月後には新しいアパートが見つかってね。
元のアパートも車も全部持ってかれちゃったよ。
なぜか携帯電話は生きてて、見つかったんだけど。
車も見つかったけど、とても乗れる状態じゃなくて、
新しいの買ったよ。

職場(港近くのお店)の掃除には一ヶ月かかった。
ヘドロがすごくて。
5月末から仕事再開してるよ。

(なにか欲しいものある?という私の問いに↓)

いやぁ、今まで色んなもの部屋に置いてた訳だけど、
もう物は要らないや、と思ってるんだ。
最低限必要なものだけでいいかなって。

最低限の暮らしを始めてみると、
この方が調子いいような気がしてきたし。

(冬用の服とか、いらないの?)

実はまだ支援物資って結構残ってるのよ。
税金もいつまでか分かんないけど、タダだし、
医療も高速道路も今はタダだし。
そんなに困ってることはないよ。

ガソリンだけは常に満タンにしておくようにしてるよ。
あの行列はすごかった。もう絶対いやだから。

みんな悲愴な顔なんかしてない。
わりと普通に暮らしてるよ。
もう無いものは無いんだから。流されちゃったんだからさ。
割り切るって言うのとも違うんだけどなぁ。

とにかく、津波来そうになったらたらすぐ逃げた方がいいよ。
なんていうか・・・いい経験になったよ。」



大体のところこんなお話を聞きました。
聞いてもスゴ過ぎて、
「うーーーん、そっかぁ。」ばっかりしか言えませんでした。

あのお米の意味は・・・
「本当に元気で大丈夫だから心配すんな!」
ってことだったのかなぁ、と今思います。

おかげで「腫れ物に触るような扱い」を止めて、
電話してどうだったの?って聞けたわけですから。

さすが、男の中の男・Sさん!
無言で米を贈るというこの粋な行動。
あいかわらずカッコいい。

テーマ:東北地方太平洋沖地震
ジャンル:ニュース

空飛ぶ五右衛門風呂基金

2011.04.10 10:41|2011年の震災
募金のしどころを考えていました。
各店舗や英語学校などに置かれている
募金箱に小銭は入れてみるものの
このお金がどのようにどうなるのかは分からないなぁと。

より、具体的に銀マットやノートなどのモノを買って
とある団体に送った方の話も聞きました。

でもまだ心が動かず・・・。
無論否定するわけではないのですが、私にピンと来なかった。
ピンと来る方法が見つかるはずだとフツフツとしていました。

そして、見つけました。

大工作業や林業の体験ステイでお世話になった
空飛ぶモニョンゴロ村のたかしさん。
被災地に五右衛門風呂を運んで
お風呂に入っていただく活動をなさっています。

私もモニョで五右衛門風呂に入ったことがありました。

募金募集のブログはこちら

ニュースで2週間以上お風呂に入っていないとか聞く度に、
私はともかく、母なら発狂するだろうなぁとか思っていました。

私の感覚的には、今まで聞いた何よりも、
具体的にダイレクトに役に立つ募金に思えたので、
少ない金額ですが、送金しました。

テーマ:災害ボランティア
ジャンル:福祉・ボランティア

石巻より、生きてます!

2011.03.31 22:41|2011年の震災
昔オーガニックスーパーで働いていた頃、
お魚売り場を担当していたSさん。
宮城県石巻市からの出向という形だったので、
こちらでの役目を終え、石巻に帰っていった。

とても人気のある人で、私もよく一緒に飲んだりしたものだった。
帰郷すると決まった時はみんなが別れを惜しんだ。

その後、私が石巻に遊びに行ったときには、
おいしいお寿司をご馳走してくれた上に、
お土産にもお魚をたくさん下さった。

それ以外にも何度もお魚を送って下さった。

あの日も石巻港そばのお魚やさんにいたはず。

ダメ元でメールしてみたけれど、返事はなかった。
色々な名簿で名前を探したけど、見つからなかった。

亡くなってても、あの人ならすぐに成仏して
どこか良いところにいるだろうと思っていた。
男っぷりの良い人だったなぁ、と。

・・・そして今日、あの日から20日目。

「ご心配ありがとう。なんとか生きてます!」
とメールが来た!

「うわぁすごい!嬉しい!よかった! 
出来ることがあれば言ってください。
お魚のお礼しますよ!」
すぐに返信した。

「今のところはなんとか足りてます。
その気持ち、ありがとう。その気持ちだけでありがたい!」
と返事が来た。

いやぁびっくりした。
20日もしてから、返信があるなんて。
正直、あきらめていた。失礼しました。
まさか、本当に生きてるなんて!

本当はもっと根堀り葉掘り聞きたいところだけど、
きっと今色んな人に連絡しなければいけないだろうから、
今日はここまでにしておこう。

きっと周りの人を励まして色々やってて、忙しいと思う。
そういう人だもの。

テーマ:東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~
ジャンル:その他

俺らがやったんだ → やさしく・強く

2011.03.24 22:58|2011年の震災
子供の頃からお世話になっている一風変わった織茂さん夫妻
電話をして、話しながら考えたこと。

春分、夏至、秋分、冬至の日は彼らの家でお祭りをするのが
通例になっているので、春分の日になんとなく電話してみた。

お互いの無事を確認した後、敏夫さんはまず私に

「俺らの世代が止めなきゃいけなかったこと。
本当にyoyoちゃんの世代がヒドイつけを払うことになった。
あれは、俺らがやったんだ。ごめんなさい。申し訳ないと思ってる。」

と言った。
謝られたのは新鮮だった。

確かに福島の原発が建設されたのは1970年代。
織茂さん夫妻は若い頃パンクロッカーだったので、
モロに原発開発に反対してきたはずだ。

長く話していたが、割愛して、
しづこさんとの会話に進む。

私が地震当日に帰宅困難者を乗せて走った件について、
後でその話を聞いた知り合いは、

「えぇ!私ならそんな知らない人乗せる勇気ない。」とか、
「ガソリンが危うい時なのによくやったね。」とか、
言われてみて、普通そうなのか?と思った。
むしろ、私が変な人だと思われることを恐れていた

みんなが同じことをやれば、かなりの人を乗せられたはず
なのに誰もやらないのはなぜか?と思っていた、とか
を話していた。

するとしづこさんは、

「yoyoちゃんのそういうところって、
今までに苦労してるし、色んな経験してるから自然に出てくるのよ。
これから、出来ることがいっぱいあるよ。
お金じゃないこと。名声でもないこと。見た目でもない。
普通にやさしいことが人を助けるよ。
今ねぇ、みんながそうなれるところ。人にやさしくなれる。」

と言ってくれた。

それを聞いて思ったこと。

今まで、妊婦さんが雨の中歩いてたりして、
車に乗りませんか?と声をかけようと思ったことは
多々あったけど、変に思われると嫌だと思って
遠慮したことが何回もある。
そんな人は私だけじゃないはず。

あの日は非常時だったから、なんのためらいもなく出来た。
そうじゃなくてもこれから、やっていいようになるのかな?

そういうのが、これから変わるのかな?
人に親切にすることがもっと自然に出来るようになる。
電車で席譲った人が偉いわけでもなくて、ごく自然なことに。


あとね、不謹慎だけどちょっとワクワクしてること。

70才以上くらいの戦後の日本立て直してきた人達って、
なんとも言えない強さがあると思う。

私達の世代ももそういう強さを身につけられるのかな?
なぁんて、直接被災した訳ではない私のセリフじゃないか・・・

テーマ:自分にできる事から
ジャンル:心と身体

消費して応援!

2011.03.22 12:35|2011年の震災
元飲食業なので、気になっています。
私が聞いてみたり、行ってみたりしたお店の現状です。

・高級住宅街近くのフランス料理店
地震当日30名弱の予約があったが、もちろんキャンセル。
これだけで、30万近くの損害。
一週間ほど開店休業状態だったが、この連休はそこそこの入り。


・駅から遠いイタリアンレストラン
今のところ停電していないが、したら休むしかない。
地震以来、お客様はかなり少ない。
今月の家賃を待ってもらうことになってしまうのか不安。


・駅近のリーズナブルなパスタ・ピザ屋
思いのほか満席。


・駅近のリーズナブルな中華料理屋
そこそこの入り。むしろ通常通り。


・駅近の高級な中華料理屋
停電は免れているものの、開店休業状態。


・駅近の居酒屋
通常通りの客入り


駅から歩いて行けない店であったり、高級店であればあるほど、
お客は少なく困っているようでした。

郊外で小さくやっているお店なんかは、
そもそも大量消費を目指していないので、
材料他資源の無駄遣いも少なくて、応援したいお店です。

このまま何ヶ月も続けば、従業員が解雇されたり、
お店が潰れたりというところも出てきます。

そんな世の中では、税収も減り、病人や浮浪者が増え、
結局、被災地の支援は難しくなります。

支援は長期に渡って必要です。今だけではありません。
今私達が足元を崩してしまって、
自分達が支援してもらう立場にならないために、
大切な資源を無駄遣いしていない良いお店を選んで、
応援しましょう!

適当に浪費するのではなくて、
ありがたく、楽しんで、いただいて、というお金の使い方であれば、
必ず、あなたに・社会に、還元されますよ。

残って欲しいものに投資をすることは
不謹慎でもなんでもないと思います。

あなたが応援したいお店はどのお店ですか?

テーマ:モノの見方、考え方。
ジャンル:心と身体

プロフィール

 yoyo

Author: yoyo
元オーガニック系シェフ・現ヒプノセラピスト。食べ歩き、レシピ、山菜キノコ採取、お散歩、セラピー関連など、私の日々を綴ります。私がどんな人間か知っていただければ嬉しいです。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

ツリーカテゴリー

リンク

トラックバック

キーワードで記事を検索!

私のレシピ本です

ピースフード―安曇野の大地からのレシピ ピースフード―安曇野の大地からのレシピ
シャロムヒュッテ (2005/08)
家の光協会
この商品の詳細を見る

FC2カウンター


Google自動翻訳

RSSフィード

ページトップへ