瀬谷温泉・大和屋旅館

2016.10.11 09:59|国内旅行記
大和屋お風呂

山を下り、新潟県側に出て、瀬谷温泉・大和屋旅館に宿泊しました。

付近に大小いくつかある宿の中でも一番歴史のあるのだとか。
明治38年に温泉を掘り当てていらい続くお宿です。

しょっぱい温泉です。泉質はとても気に入りました。
内風呂男女各1ずつしかありません。
連休中で満室のはずですが、たまたま貸し切り状態で入れたので満足でした。


大和屋部屋

建物、お部屋はかなり古いのですが、お掃除が行き届いているので安心です。


大和屋夕飯2

お食事はお部屋食。
これが特筆すべき美味しさでした。
きちんと作っているんだなという印象です。


大和屋夕飯

今回は普通のお食事にしたのですが、秋限定で鮭のフルコースというチョイスもありました。
次回は鮭フルコースもいただいてみたいです。


女将がよそう

女将がご飯をよそって下さいます。
明るく、つかず離れず、良い感じの方です。

新しい他のお宿は海に面していてお部屋から夕陽が見えたり、
設備も最新だったりするのでしょうけど、
落ち着いていてお食事が美味しくて、設備が古い分でしょうかお値段はリーズナブルなので私達にはちょうど良いお宿でした。
是非また再訪したいと思います。

テーマ:温泉旅行・温泉宿
ジャンル:旅行

秘湯を守る会 雲峰荘@山梨県

2016.04.13 23:14|国内旅行記
雲峰荘外観

山梨県甲州市にある雲峰荘へ再びお泊りしました。

雲峰荘部屋

広くはないけれども居心地の良いお部屋です。
前回も今回もお隣が静かな方々でゆっくり眠れました。


雲峰荘露天

大きな岩の屋根がある露天風呂。
ぬるめのお湯なので好きです。
基本は混浴で女性専用の時間もあります。


雲峰荘内風呂

内風呂は二つあり、時間で男女が入れ替わります。
この写真は広い方です。


雲峰荘夕食

岩魚や山菜など山の幸いっぱいの夕飯。
自然な味付けでおいしいです。


雲峰荘夕食2

地元ワイナリーのワインリストがあり、格安のお値段でいただけます。


雲峰荘朝食

朝食もおいしいです。
アローカナの卵がありました。


雲峰荘朝粥

自家栽培の黒米をつかったお粥もあります。


雲峰荘桃畑

周辺にはお花がたくさん咲いていました。
桃畑のお花や、イトサクラ、菜の花など。
桃源郷とはこのことでしょうか。

テーマ:温泉旅行・温泉宿
ジャンル:旅行

トンボロ現象 三四郎島へ歩いて渡る

2016.03.21 16:23|国内旅行記
DSC_0900.jpg

西伊豆の三四郎島は沖合200mほどのところにある小島です。
トンボロ現象といって、干潮時にだけ陸続きとなり、歩いて渡ることが出来るのです。

繋がった

近くで見てみると繋がってますね!


滑るよー


せっかくなので向こうまで歩いて渡ってみます。
すごく滑るので危ない!
石の上で転んだら痛いだろうなぁ。
何人かはおっかなびっくり渡っていました。

秘湯を守る会 桜田温泉 山芳園@西伊豆

2016.03.17 23:23|国内旅行記
合鴨

桜田温泉三芳園へ行ってきました。
何度も泊まっている秘湯を守る会のお宿です。

今回私が何より気になったのは合鴨の卵。
お宿の目の前の田んぼにいる合鴨が卵をたくさん産んでいる。
卵を抱くことをなかなかしないそうで踏まれないように集めておいてるだけだそうです。
近所の直売所では合鴨の卵を売っているとのことで買いに行きましたが売り切れでした。


桜田温泉部屋

桜田温泉露天付き

今回は露天風呂付のお部屋でした。
お部屋自体は他より狭めだからかあまりお値段は変わりません。

泳ぐ虎

露天風呂がやたらに大きいので誰もいないと旦那様は楽しく泳ぎます。
大人としてどうなんでしょうか。
混浴の時間と女性のみの時間があります。
他に岩風呂、檜風呂があります。


桜田温泉夕飯

こちらのお食事はいつもとてもおいしいのです。
きちんと手が込んだお料理って感じ。


桜田温泉献立

お献立です。


桜田温泉朝食

朝食も奇をてらわない良質なものを集めたものです。


秘湯を守る会のスタンプ帳が貯まるとスタンプ押してある宿の中から一泊無料で泊まれるのです。
こちらはちょっと贅沢なのですが、貯まったらここに来たいのです。

テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

秘湯を守る会 貝掛温泉@南魚沼

2015.11.11 20:31|国内旅行記
貝掛入口

前から気になっていた貝掛温泉に来ることが出来ました。
湯沢インターからそう遠くなく、苗場からも近くです。
玄関を入ると良い雰囲気です。

貝掛お部屋

お部屋は10畳と細い廊下、トイレ、洗面所。
とても清潔で暖かく居心地が良いです。
すごくたくさん寝ました。
温泉入る→寝る、ご飯食べる→寝る、お散歩する→寝る


貝掛露天

目薬のような成分で目に良い温泉だそうです。
昔は目の病気の療養の人ばかりだったとか。


貝掛内湯

源泉は36.8℃。
そのままのぬる湯と42℃に加熱したあつ湯があります。
交互に入るとやめられなくなります。


貝掛夕食

夕飯はボリュームたっぷり。
かなり旦那様に押し付けました。
お味は中の上かな。私の好みでは。


貝掛岩魚

一度蒸してから炭火で焼きあげるという岩魚。


新米

南魚沼産の新米です。


貝掛朝食

朝食もたっぷり。

栃尾揚げ

栃尾揚げの焼き立てを出してくださいます。


総体的にとても居心地が良く、温泉も素晴らしく、再訪したいと思いました。
雪が解けた頃、そうネマガリダケの採れる時期なんか良さそうです。
プロフィール

 yoyo

Author: yoyo
元オーガニック系シェフ・現ヒプノセラピスト。食べ歩き、レシピ、山菜キノコ採取、お散歩、セラピー関連など、私の日々を綴ります。私がどんな人間か知っていただければ嬉しいです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

ツリーカテゴリー

リンク

トラックバック

キーワードで記事を検索!

私のレシピ本です

ピースフード―安曇野の大地からのレシピ ピースフード―安曇野の大地からのレシピ
シャロムヒュッテ (2005/08)
家の光協会
この商品の詳細を見る

FC2カウンター


Google自動翻訳

RSSフィード

ページトップへ