FC2ブログ

滝行とその後の気付き

2014.07.09 23:56|セラピー関連
滝行2014年

年中行事となりつつある滝行に行ってきました。
気持ち良くて止められません。
今回は後々気付きもありました。


滝行アップ2014

長くなりますが、日本カウンセリングセンターという地味だけど歴史あるところで、お勉強続けております。
ちょうど次の日だったので授業の中で滝行での体験を少しだけお話しました。

私「意識がどこまでも拡がっていく心地良さに甘んじていると、恐さが湧きあがってきて逃げ帰りたくなる…そしてまた拡がり始めて…それを繰り返します。恐さが来るととても嫌です。」

世話人「恐い?恐いってどんな恐さなんですか?」

私「口に出すの恥ずかしいですけど、「ママーッ!!!」って感じなんです。」

実際にはママーッとは叫ばなかった。(ギャーとかウワーとかは叫んだ)旦那という対象物がそばにいて、それを聞かれたら「恥ずかしい・バカにされるかも」という不安が一瞬の内によぎって、止めてしまったのでした。

冷静に考えたら、もしもあの時私がママーッと叫んでいたとしても気に留めるような人ではないから、過去に積み重なる経験から自動的に「説明できない不安→母(またはそれらしき存在)の元にすがる」というのが対象物にみられたら恥ずかしい事だと思ってしまいました。

この上なく心を許しているはずの旦那が相手でもこれですよ。
滝に打たれている間はそれが旦那だったかどうか意識出来なかったのかもしれないですけど。
なのに、その「場」では最初からそれを話すことが出来た。聴くことに長けた人たちがいるから安心して自然に出てきてしまったのです。

その瞬間の自分が知覚できたことは「説明できない不安」→「ママーッ!」→「恥ずかしい」→「口をつぐむ(という行動)」だけ。
それを抑えている・言うのを止めている自分、止めるに至る経験がある自分には気付いていません。
見ている自分と見られている自分が拮抗していることにも気付いていません。

そして後にそれに気付けた時に「無知の知覚」を体験したわけです。私は「知らなかったこと」を知った。

そして今想像するには、抑えこもうとする感覚がとても嫌だったのではないか。

そしてその後、改めて旦那に「あの時、ママーッと叫びたかったんだ。」と言ったら、「ふーん」だって。予想通り。

テーマ:メンタルヘルス・心理学
ジャンル:心と身体

ゲシュタルトトレーニングコース修了

2014.03.23 23:24|セラピー関連
アートワーク

一年間のゲシュタルトトレーニングコース最後の合宿が終わりました。
3日とも夜は反省会・交流会と称して飲んでたし、グッタリ。

色々な自分に気付くことが出来ました。
ファシリテーター役をやる練習の時はうまく出来ることがゴールでもないのだけど、すんなりいくことといきどおることもあって先生方や勉強している仲間の前でやるのは緊張します。

アートワークで書いた絵は最初に自分の体の感覚を絵にして(私の絵で言えばオレンジのライン部分)、隣の人に回して何かを書き足してもらい、次に回して…5人の手が入ってから自分に戻ってきて仕上げるというもの。

自分の絵だったはずのものに他人の感覚が加わったことを受け入れる・受け入れないというワークだったのでした。
私達のグループ5人は誰も邪魔せずに受け入れやすく仕上がったので、ワークのテーマを忘れそうでしたが、他のグループの話を後で聞いたら受け入れてないケースもあったようでした。

夕方には終了したのだけど、やり足りずに私のセラピールームに移動して練習会。
そして最後の晩も夜遅くまで飲んで語り合いましたとさ。ねむねむ。
喧々囂々話し合える仲間がいてありがたい。

ファシリテーター養成コースには申し込んでみるつもりです。
人数多そうだから、入れたらね、って感じで。

テーマ:メンタルヘルス・心理学
ジャンル:心と身体

大勢に自分史を語る。

2014.03.17 09:11|セラピー関連
先週末、30人以上の前で自分史を話すという私的一大プロジェクトが終わってホッとしている。
予定より時間オーバーしてしまって申し訳なかった。

皆さんが書いて下さった感想には「波乱万丈」やそれに準ずる言葉が多かった。
私の半生は確かに波乱万丈かもしれないが、
最近私が出会う人達の人生も驚愕の波乱万丈!ってのが多いのだけどな。
人の人生って波乱万丈に思えるんじゃないかなぁ。

連絡先教えて下さい!とご自身のアドレスを添えて下さった方もいて、嬉しかった。

機会を下さった方々に感謝いたします。
事前準備も含めてとても濃密な時間をいただいた。

そして帰り道、偶然すごく気になっていた人に会った。
去年ちょっと問題が起こって、その後どうしているか知りたいけど詮索するようで連絡しにくかった人。
笑顔で声をかけてきてくれて、あれから今までのことをお話してくれたので、良い結末とかは無い話なのだけど、聞けてスッキリした。飼い猫も元気だそうだ。

テーマ:ありのままの自分になるために。
ジャンル:心と身体

カウンセリングを改めて勉強する

2014.03.06 15:38|セラピー関連
日本カウンセリングセンターのカウンセリング入門講座が終了しました。
学ぶ母体が変わればその基本も変わるので入門講座は重要だと思われます。

これを受講したおかげで気が付いたこと色々あります。

とりあえず一つ。

通っていたこの数週間、雪やインフルエンザなどの要素もあってか、
一人の時間はどんどん内に内に入っていって
外界とのコンタクトが面倒くさくなって引きこもりたくなりました。

自分自身としては内に入っていく感覚が楽しくもあって
会いたくてしょうがない恋人のことを考えずにはいられないような感覚でした。

内に入っていってるところを家族や友人に見られると
落ち込んでいる、鬱に入っていると思われるような気がするので、
人と一緒にいる時は一旦中断することになります。

だから、外界とのコンタクトは面倒くさくなったのだと思います。


「周りの目線や言葉」=「自分が自分を見る目線」
になってしまっていて、

私自身も「自分は落ち込んでいる」のだと思っていました。

今まで「落ち込んでいる」と思っていたと時期がいくつもある訳だけど、
本当は内なる自分を見つめている神妙な・恍惚としたな時間であったかもしれません。

「自分の焦点が変わると世界が変わる」ということのの一例としての体験です。
過去も・今も・未来も変わるのですね。

ちなみに入門講座でこれを教えてくれるわけではなく、
自分自身の体験を見守ってくれるというスタイルでした。

テーマ:メンタルヘルス・心理学
ジャンル:心と身体

ゲシュタルトトレーニングが始まりました

2013.04.22 15:54|セラピー関連
モーガン エレニ

ゲシュタルトトレーニングコース一ヶ月目が終了。
この二日間はサンフランシスコ ゲシュタルト研究所 理事のモーガン(アメリカ人男性の方)と
ウィルヘルム・ライヒ流のゲシュタルト療法を行っているエレニ(ギリシャ人女性の方)が講師でした。

生徒は16人、日本人のファシリテーターとアシスタントもいるので
全部で20人も部屋にいるわけで、狭いです…。

個人ワーク、グループワーク、アルコールセラピー(飲み会のことね)と
色々な事をやりました。

グループで体を使って踊ったり遊んだり歌ったりするワークはすごく苦手。
昔からその手のワークはダメなのよね。
みんなでじゃなくて、るんぱちゃんととか、1人でとか、
個人的にはそういうことたくさんしているのだけど、
みんなでやるのは。。。ごめんなさい。

個人ワークでは私のワークもしたのだけど、
泣いている私にアメリカ人講師が乗っかって踏みつけるという
とんでもないワークになりました。

やられている私はなんとなく意図が分かってるし、
前夜の飲み会とかでラポールが取れてるから

「酷いことしやがる」

という第三者的な目線も持ちつつも、OKなんだけど、
見ている方はビックリした人も多いようです。

あとで、「あれは〇〇さんでもやらないよ!」とメールをもらったりしました。
(時々突飛な厳しいワークをするファシりテーターのこと)

もしかしたら私も後で腹が立ってきたりして(笑)

通訳のYさん、今回二度目にお会いしましたが、
相変わらず素晴らしい通訳っぷり。
自然で無理なくカッコつけず。
そこがとってもカッコいい。

英語と日本語を混ぜて話す私にも完全対応でした。

テーマ:メンタルヘルス・心理学
ジャンル:心と身体

プロフィール

 yoyo

Author: yoyo
元オーガニック系シェフ・現ヒプノセラピスト。食べ歩き、レシピ、山菜キノコ採取、お散歩、セラピー関連など、私の日々を綴ります。私がどんな人間か知っていただければ嬉しいです。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

ツリーカテゴリー

リンク

トラックバック

キーワードで記事を検索!

私のレシピ本です

ピースフード―安曇野の大地からのレシピ ピースフード―安曇野の大地からのレシピ
シャロムヒュッテ (2005/08)
家の光協会
この商品の詳細を見る

FC2カウンター


Google自動翻訳

RSSフィード

ページトップへ