カラスミ作ってみます。

2011.11.22 11:33|本気のお料理
からすみ1

からすみ用にボラの卵が出回る時期になりました。
市場に行くときれいな色で大量に並んでいます。
いつか作ってみたいなぁと思っていたのです。

お手伝い先のレストランで箱買いするから、と
一腹だけ分けていただけることになりました。

まず、血を楊枝などで根気良く取り除き、
たっぷりの塩(カップ1くらい)と共に
ジップロック入れてに36時間漬けておきました。

かなり締まってタラコよりは堅くなっていました。

塩を洗い流して、焼酎に漬けて塩抜き。
これも36時間。
(焼酎を使うと腐りにくいとのことだったので)

商品用だと上下から板で挟んで形を整えるらしいけど、
自家用だし、形は適当に手で整えました。


からすみ2

いよいよ干す工程に入ります。

天日干しが良いらしいけど、
カラスが来るとイヤだなぁ・・・と考えた結果、
銀杏煎り器がピッタリでした。

オーブンペーパーを敷いて、
水気を拭き取った卵巣を入れます。
なんてピッタリなんだ!


からすみ3

ベランダに干してみました。
今日はお天気がいいからバッチリです。
夜や雨の日は冷蔵庫に入れます。

あと2週間くらい干したら出来上がる予定です。
お天気良い日が続きますように!

イタリア料理でもボッタルガと呼んで、
日本のからすみに近いものを使うんですよね。
マグロの卵巣だったり、他の魚だったりもするそうで、
ボラでないものも試してみたいですね。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

Comment

非公開コメント

プロフィール

 yoyo

Author: yoyo
元オーガニック系シェフ・現ヒプノセラピスト。食べ歩き、レシピ、山菜キノコ採取、お散歩、セラピー関連など、私の日々を綴ります。私がどんな人間か知っていただければ嬉しいです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

ツリーカテゴリー

リンク

トラックバック

キーワードで記事を検索!

私のレシピ本です

ピースフード―安曇野の大地からのレシピ ピースフード―安曇野の大地からのレシピ
シャロムヒュッテ (2005/08)
家の光協会
この商品の詳細を見る

FC2カウンター


Google自動翻訳

RSSフィード

ページトップへ