宮古島旅行 2 - 伊良部島へ -

2011.10.23 08:28|国内旅行記
きれい過ぎる海の色

伊良部島へは宮古島からカーフェリーで向かいました。
来年完成予定の長い長い橋を工事中で、
出来てしまえば今のような離島感は無くなるかも?

イラブルーツアーズ

「青の洞窟スーパーツアー」を申し込んでいましたが、
潮流の具合で今日は青の洞窟には行けないとのこと。

「グラスボートには乗れないから少し安くなるからね」とな。

本場イタリア・カプリ島でも青の洞窟には入れなかった私達。
縁がないなぁ(泣)少しテンション下がり・・・

「でも十分楽しめるツアー内容になってるからね!」
と、励まされ、カヤックに乗り込んでスタート!
参加者は7人で、ガイドさんは2人。

海の色がきれい過ぎる!


ジャンプ

狭い岩の間を抜けたり、低いところスレスレで通ったり。
うまく漕げない人も後ろでガイドさんが漕いでくれるから大丈夫。

そして、恐怖のジャンプ大会へ。

ネットで見たのだけど、通常のツアー内容には入ってないし、
やらないだろう、と思ってたのだけどな。

普通1.5mくらいの高さからジャンプするのだけど、

「やってみたい人はもう一段上の3mくらいの高さから
飛んでみてもいいよ!男性は当然上から行くよね?」

仕方なく!? 一人だけだった男性は上へ。

私も「上から飛んでみたい!」と言うと、

他の女性陣も「30代最後の挑戦だよ!?」とか
よく分からない理由をつけて続々と上の段へ。

姉は網膜剥離の再発予防に過度な衝撃は
避けなきゃいけないので、一人チキン席へ。

いやぁ、恐かった!
飛ぶ瞬間はちょっと足が震えました。

飛び込んだ時の音がすごいし。


シュノーケル

さてツアーも後半に入り、
秘密のビーチからのエントリーでシュノーケリング。
私達は超初心者なので、ガイドのえいちゃんが手を引いてくれます。


ニモ

お魚いっぱい。
すぐにニモに出会えちゃいました。
正面から見た顔がかわいいの。


クマノミ

こちらはクマノミ。黒いんだね。

ちなみにニモの本名はカクレクマノミ。


大サンゴ

この大きなサンゴに光があたってきれいでした。
2mくらいあるのかな。


巣潜り体験

ガイドさんはずっとライフジャケット無しで、
変わった海藻やヒトデを拾ってきて見せてくれたりします。

「私も潜ってみたい!」と言うと、

「じゃあ、ライフジャケット外してちょっとやってみて」

2mくらい潜ってみて、プハッと戻ってきました。

「・・・初めてだよねぇ?でもイケそうだなぁ。
ちょっと底にタッチして来てみて!
でも耳が痛くなったらすぐ戻ってね。」

いきなりスパルタだなぁ。
水深は5mくらいだと思いました。

2回ほどトライして、なんとか課題をクリア!
海女さんのTV番組を見て、イメトレしてたから(笑)

お店に戻り、シャワーを浴びて、
みんなでお弁当を食べて、終了。

予想以上に大満足なツアーでした。
ありがとうございました!


通り池

帰りのフェリーの時間まで島内を車で一周しました。

上の写真は海から天然のトンネルでつながっている「通り池」
青森の青池を思い出させるようなきれいな池でした。

伊良部島の海のきれいさ
にすっかり魅せられてしまった私達。
またツアーにも参加したいなぁ。



宮古島旅行 3 - ヤシガニ&宮古グルメ -
 へつづく

テーマ:沖縄旅行
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

天然ナメコと桃洞の滝

晩秋の頃、深山に入ると「ナメコ」や「ムキタケ」がブナやミズナラやカエデの風倒木に...
プロフィール

 yoyo

Author: yoyo
元オーガニック系シェフ・現ヒプノセラピスト。食べ歩き、レシピ、山菜キノコ採取、お散歩、セラピー関連など、私の日々を綴ります。私がどんな人間か知っていただければ嬉しいです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

ツリーカテゴリー

リンク

トラックバック

キーワードで記事を検索!

私のレシピ本です

ピースフード―安曇野の大地からのレシピ ピースフード―安曇野の大地からのレシピ
シャロムヒュッテ (2005/08)
家の光協会
この商品の詳細を見る

FC2カウンター


Google自動翻訳

RSSフィード

ページトップへ