スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おじさんへ さようなら。

2011.08.10 17:27|未分類
おじさんが逝きました。
76才、ちょっと早いし、突然でした。

倒れたと聞いてから一日半くらいで逝ってしまいました。
潔い素晴らしい死に際だと思います。

最初は実感が沸いていなくて、
良い人だったなぁ、徳の高い人は良い死に方するもんだなぁとか
悲しい気はしていなかったのですが、

お香典を包んで、田舎に行く両親に託して、
空港に行くバスまで送った今、
感情がこみ上げてきました。

女性らしく美人の母の兄なのですが、
対照的に牛のように大きくて男らしい人でした。
柔道が強いんだと聞いていました。

小さい頃、夏休みには毎年のように遊びに行きました。
大人になってからも時折行きました。
おじさんもおばさんもいつも精一杯もてなしてくれました。
私にはいとこにあたる子供達も送り迎えしてくれたり、
お土産買って来てくれたり、
わざとらしくない自然なやさしさで、もてなしてくれました。

孫もたくさん。いとこ達は親孝行だよね。
あのおじさんなら孫がよじ登ったりできたでしょうよ。

中学の時、不登校で父とぶつかってばかりの私を、
母はおじさんのところに送り込みました。
1、2ヶ月?おじさん・おばさん・いとこ達と過ごしました。

そんなひねくれた事情のある私だったけど、
特別扱いされた覚えはなく、普通になじんで暮らしました。

私がもう家に戻る少し前に、おじさんが父に電話をしてくれました。

「この子はこの子で考えがあるんじゃろうし、
そんなに言わんでもええが。」

そんなようなことを父に言ってくれました。
まだ子供の域を出ていなかった私に、
大人が味方してくれたことがとっても嬉しかったのでした。

あの時間がなかったら、今の私はあり得ません。

心も体も大きかったおじさん、
味方してくれてありがとう。
帰れる田舎があると思わせてくれてありがとう。

テーマ:ひとりごと
ジャンル:ライフ

Comment

お悔やみ申しあげます

素晴らしいおじいさんだったのですね
76歳 早いですね
でも 長患いもなく 私もそうありたいです

ryuji_s1さん、

ありがとうございます。
そうなんんです。
長患いせず、すっと逝くことが出来て、本当にスゴイと思いました。
両親も、いずれは私も、目標にしていますが、こればかりは・・・。

お心遣いありがとうございました。脳梗塞で倒れv-451で搬送されて逝ってしまうまでが早かったよ。
通夜の日は斎場で寝、一昨日・昨日は大阪のおっちゃん、おばちゃん、雅樹、姉ちゃんとその子供達と実家で寝たので、今日は久しぶりに家で寝ます。
まだまだ、残務整理があるけど頑張るよ。

まこちゃん、

お疲れ様。妻や子にしか手出しできないところがあるのだと思います。
大変だけど、もう少しがんばってね。
なにもお手伝い出来ずに恐縮です。

両親が「たくさん人もあつまって素晴らしいお葬式だった。人望があったんだなぁ」と言っていました。
非公開コメント

プロフィール

 yoyo

Author: yoyo
元オーガニック系シェフ・現ヒプノセラピスト。食べ歩き、レシピ、山菜キノコ採取、お散歩、セラピー関連など、私の日々を綴ります。私がどんな人間か知っていただければ嬉しいです。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

ツリーカテゴリー

リンク

トラックバック

キーワードで記事を検索!

私のレシピ本です

ピースフード―安曇野の大地からのレシピ ピースフード―安曇野の大地からのレシピ
シャロムヒュッテ (2005/08)
家の光協会
この商品の詳細を見る

FC2カウンター


Google自動翻訳

RSSフィード

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。