スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コクリコ坂から レビュー

2011.07.19 10:11|yoyoの楽しみ
コクリコ坂から

コクリコ坂から 公式サイト


コクリコ坂からを早くも観てきました。
また姉と一緒に。

少し前に読んだ原作は構成がゴチャゴチャしているせいか、
よく分からない感が残りました。
昔の少女マンガって1ページにコマがたくさんあって
字もいっぱいあり過ぎるっていうか・・・。

で、映画はどういう風になったのかしら?


現・横浜市民の私としてはとても楽しめました。
60年くらい前の横浜の風景がそのまま出てくるのです。

父・母と主人公が同じくらいの年代なので、
そこも共感ポイントでした。
父・母はこの時代背景・この風景の中に生きていたのだな、と。
父も3輪のミゼットに乗っていたらしいし。

戦後の時代の火照るような青春・青春~!
今の若者にも少し分けて欲しい。

恋愛物語としてもちょっと切ない感じが良いですよ。
理不尽に思える事実?をを受け止めようとする主人公達、
まっすぐでかわいいです。

人間愛・家族愛・恋愛、ちょっと泣けるかも。

この映画は大人向きです。
特に60代~の年配の方に観ていただきたい。

子供には共感出来なくてつまらないんじゃないかなぁ。
かわいいキャラなんて出てこないしね。

テーマ:映像・アニメーション
ジャンル:学問・文化・芸術

Comment

非公開コメント

プロフィール

 yoyo

Author: yoyo
元オーガニック系シェフ・現ヒプノセラピスト。食べ歩き、レシピ、山菜キノコ採取、お散歩、セラピー関連など、私の日々を綴ります。私がどんな人間か知っていただければ嬉しいです。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

ツリーカテゴリー

リンク

トラックバック

キーワードで記事を検索!

私のレシピ本です

ピースフード―安曇野の大地からのレシピ ピースフード―安曇野の大地からのレシピ
シャロムヒュッテ (2005/08)
家の光協会
この商品の詳細を見る

FC2カウンター


Google自動翻訳

RSSフィード

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。