FC2ブログ

フィンランド式冬至祭@小海町

2010.12.20 14:34|休日の過ごし方
山並み

長野県南佐久郡小海町での
イヴェントに参加しました。
お世話になっているNさんも仕掛け人なので、
私は運転手役でご一緒させていただいたのです。

前夜はNさんの山荘に泊まらせていただいて、
ゆっくり地元の無農薬農家さんのお話を聞き、
次の朝は、小海町の海尻駅からウォーキングです。

白樺

約16kmのコースを4時間で歩くので、
元々時間がギリギリの計画。
半分で温泉にたどり着いたところで、

「この後は強行軍になります。
またこの温泉に戻ってくるルートなので、
このまま温泉に残ってゆっくりしていてもOKです。」
と主催者が言うと、ほとんどがリタイヤして残る組に。

20人くらいいた内の6人だけが最後まで
すごい速さで歩きました。
女性は私だけ。我ながら偉かった。


杉玉

その後は黒澤酒造の見学。私は二度目。
前回は麹を作っているムロを見せていただいたけど、
今回は新酒が出来ている時期。
新しい緑の杉玉が新酒お知らせマークです。

酒造見学

絞る直前のタンクの中も覗かせてもらえました。
にごり酒の濃いのみたいにドロッドロ。
絞りたてを飲ませていただきましたが、
少しピリッとしました。
味もキツイし、ちょこっと炭酸があるのです。

利き酒師の方の話では、

「新酒はありがたいものではあるけど、
一年寝かせたほうがマイルドでおいしい。」
とな。

緑の杉玉が茶色くなってくると
熟成されたお知らせマークになるんですって。


コッコ点火

小海駅そばの中学校に移動して、
いよいよ“コッコ”に点火の儀式。
地元の有力者達が点火しました。
それと同時に花火も!

200人くらいの人が寒い中、
点火を待っていたのです。
温かくてうれしい気持ちになりました。

その後はフィンランドヴィリッジに移動して、
小海-フィンランド協会設立記念パーティー。

地元の方や東京方面から来た立役者達が、
飲んで語り合いました。
そのまま宿泊できるから安心なのか、
皆さんの酔っ払いようがスゴイ。ふふふ。

夜中まで暖炉を囲んで話に花を咲かせました。

いつもNさんと同行させていただくと、
私の名刺がたくさん出て行く代わりに
スゴイ肩書きの方々の名刺をたくさんいただきます。

本当にお世話になっております。
ありがとうございます。

テーマ:信州
ジャンル:地域情報

Comment

非公開コメント

プロフィール

 yoyo

Author: yoyo
元オーガニック系シェフ・現ヒプノセラピスト。食べ歩き、レシピ、山菜キノコ採取、お散歩、セラピー関連など、私の日々を綴ります。私がどんな人間か知っていただければ嬉しいです。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

ツリーカテゴリー

リンク

トラックバック

キーワードで記事を検索!

私のレシピ本です

ピースフード―安曇野の大地からのレシピ ピースフード―安曇野の大地からのレシピ
シャロムヒュッテ (2005/08)
家の光協会
この商品の詳細を見る

FC2カウンター


Google自動翻訳

RSSフィード

ページトップへ