夏至祭 楽しみました。

2010.06.22 20:10|yoyoの楽しみ
夏至祭 スタート

20日の夜からの夏至祭。結構盛り上がりました。
朝から設営に忙しくスタッフ達は駆け回っていましたが、
力仕事が多くて、私の出番はほとんどなし。
テントでゴロゴロしたり、その辺の人と話したり。

夏至祭 音開き

なんとか6時頃にはスタートすることが出来ました。
主催者の織田さんのご挨拶から。
もう10年以上夏至祭を続けている彼。
今回は会場も大きく、たくさんの人が集まってくれたことに感動していました。
そう言えば、10年くらい前に私の家族皆で参加したことが
ありましたが、あの時は20人ほどでした。
今回は200人くらいは来てます。すごいですねー。

なんでも、夏至の日の日の出時、ほんの数分間だけ、
特に強い8Hzのエネルギーが出るんだそうです。

最初は小学校の時からお付き合いさせていただいている
月見堂の織茂夫妻の音開きです。
巫女舞、笛、太鼓など。


夏至祭 たまゆら

私の出番は、ポレポレさんのバックでのリズム叩きと、
夜中前の「ラのオーケストラ」
楽器が出来ると問答無用で誰でも一員にされてしまう
要するにはジャムですな。
いつも「ラのオーケストラ」の時は私がひたすら一定のリズムを
打ち続け、皆が興奮しすぎてどっか行っちゃうのを防ぐ訳です。

夏至祭 ラのオーケストラ


深夜0時ちょうどになると、全ての明かりを落として、
キャンドルナイトになりました。
この玉響の数を見てください。
やっぱり、色んなモノが集まってきているみたいです。

それからも、色んな方のライブが続き、
日の出の時刻になったら、皆で東に向いてエネルギーを受け取ろう!
ってことでしたが、曇っていて太陽が見えず、ちょっと寂しい感じ。
織茂夫妻らはうちわ太鼓を叩き、めげずに太陽を呼んでいました。

やっとDJが入り、ノリの良い音楽がかかって、
若者達は踊り始めました。もう朝だけどね。

この祭りに集まった人々は年季の入った
精神世界の住人が多く、40代・50代以上の人が大半で、
20代は2割程度。中には80歳オーバーな方も。

こういう野外イベントって若者のやる事っていう
イメージが強いけど、そればっかりじゃないんですねぇ。

梅雨の最中に、雨もほとんど降らず、
なかなか良い祭りになりました。
また来年も参加したいと思います。
興味ある方がいれば、ご一緒しませう。

テーマ:アングライベント
ジャンル:サブカル

Comment

非公開コメント

プロフィール

 yoyo

Author: yoyo
元オーガニック系シェフ・現ヒプノセラピスト。食べ歩き、レシピ、山菜キノコ採取、お散歩、セラピー関連など、私の日々を綴ります。私がどんな人間か知っていただければ嬉しいです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

ツリーカテゴリー

リンク

トラックバック

キーワードで記事を検索!

私のレシピ本です

ピースフード―安曇野の大地からのレシピ ピースフード―安曇野の大地からのレシピ
シャロムヒュッテ (2005/08)
家の光協会
この商品の詳細を見る

FC2カウンター


Google自動翻訳

RSSフィード

ページトップへ