ふた川で天然とらふぐ・松茸を

2009.10.01 10:34|おいしい物・おいしい店
銀杏・白梅貝・八幡巻
関西割烹 ふた川 TEL:03-3796-1663
※HPはありません。食べログのリンクを貼っています。
東京都港区六本木3-9-4 六本木ロイヤルビル2F
17:00?22:00(L.O) 日曜・祝日休業

週変わりのふた川の献立に松茸やとらふぐが出ているとの
噂を聞きつけて、再来訪しました。

上の写真は前菜。
白梅貝酒蒸し、揚げ銀杏、鰻の八幡巻


松茸・鱧の土瓶蒸し

さて待望の松茸と鱧の土瓶蒸し。
だしは昆布・カツオの一番だしと鱧の骨のだしを割ったもの。
好みでスダチを少したらしていただきます。
岩手県産の松茸の香りとコクがあるけど上品なだし。


天然とらふぐ

そして、臼杵産天然とらふぐのうす造り。
今まで、天然サバふぐor養殖とらふぐしか食べたことがなくて、
歯ごたえだけでおいしいものではないなぁと思っていたのですが、
これを食べたら目からウロコでした。
歯ごたえはもちろん、ちゃんと後味もあっておいしい。
量も十分にありました。

この後には、鰆の西京焼、揚げ出し豆腐が出ました。

いくらご飯

今日のお食事は、いくらご飯。
醤油漬けなのだけど、透き通ってきれいな色です。
「お代わりは?」と聞いて下さったのですが、
もう私もるんぱちゃんもお腹いっぱいでした。


白玉

最後に白玉と小豆餡をいただきました。
白玉はその場で作って下さって温かく、もちもちトロリとしています。
一番下には氷が少しひいてあって、あんこは奥様が担当なのですって。
なぜか他でもあんこだけは奥様が担当というのを聞いたことがあります。
女性はあんこが好きだからかしら?

手を抜かない丁寧なお料理。
見た目にも美しく、味もおいしく、お腹もいっぱい。
大満足で帰る私達を、ご主人と奥様が階段まで
送って下さるのですが、大・大・大先輩ですから恐縮してしまいます。

ご馳走様でございました。

テーマ:和食
ジャンル:グルメ

Comment

非公開コメント

プロフィール

 yoyo

Author: yoyo
元オーガニック系シェフ・現ヒプノセラピスト。食べ歩き、レシピ、山菜キノコ採取、お散歩、セラピー関連など、私の日々を綴ります。私がどんな人間か知っていただければ嬉しいです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

ツリーカテゴリー

リンク

トラックバック

キーワードで記事を検索!

私のレシピ本です

ピースフード―安曇野の大地からのレシピ ピースフード―安曇野の大地からのレシピ
シャロムヒュッテ (2005/08)
家の光協会
この商品の詳細を見る

FC2カウンター


Google自動翻訳

RSSフィード

ページトップへ