関西割烹 ふた川

2009.07.25 23:27|おいしい物・おいしい店
ふた川 カウンター
関西割烹 ふた川 TEL:03-3796-1663
※HPはありません。食べログのリンクを貼っています。
東京都港区六本木3-9-4 六本木ロイヤルビル2F
17:00?22:00(L.O) 日曜・祝日休業

知る人ぞ知るお店らしいです。
ご予算は1?2杯飲んだとして、お一人1万円ちょっと。
お料理の質を考えるとお安いのではないでしょうか。
カウンターに6席、座敷に8席しかない小さなお店です。
今回はカウンターに座って、かぶりつきで
ご主人の手捌きを拝見させていただきました。

じゅん菜

最初に出てきたこのじゅん菜がおいしいのなんのって。
生のじゅん菜を軽く湯通しした程度だと思います。
フルフル・プチプチです。

鱧・雲丹

江戸前穴子の塩焼きのあと、

鱧の湯引きと北海道産生うにが出てきました。
鱧の骨切りの目の前でやってくれるわけです。
熟練の技です。
雲丹もミョウバンを使っていないものなのでとっても甘いのです。

鱧卵・小芋

吸い物はかさごのすっぽん風(すっぽんが入っている訳ではない)、
焼き物は、マナガツオの幽庵焼き、フッコの塩焼き、

そして、上の写真は鱧の卵と小芋を少し甘めに炊いたもの。
魚卵が大好きな私にはとても嬉しい献立でした。
鱧の卵は初めてでしたが、癖がなくておいしいのですね。

煮物をいただいていた辺りでは、もっと食べたいと
感じていたのですが、最後にお食事(シジミの赤だしとしそご飯)
を食べて終わってみると、とっても満腹でした。

水果にはご主人が山梨までバイクで買いに行くという、
桃・白鳳が出ました。とっても上等な桃でした。

カウンター越しにご主人に質問しまくりながら、
「おいしい!」を連発してしまいました。
こねくり回さなくても、丁寧に扱ってあげれば
こんなにおいしくなるんですよねー。
いやあ日本料理はスゴイです。

テーマ:美味しかった♪
ジャンル:グルメ

Comment

非公開コメント

プロフィール

 yoyo

Author: yoyo
元オーガニック系シェフ・現ヒプノセラピスト。食べ歩き、レシピ、山菜キノコ採取、お散歩、セラピー関連など、私の日々を綴ります。私がどんな人間か知っていただければ嬉しいです。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

ツリーカテゴリー

リンク

トラックバック

キーワードで記事を検索!

私のレシピ本です

ピースフード―安曇野の大地からのレシピ ピースフード―安曇野の大地からのレシピ
シャロムヒュッテ (2005/08)
家の光協会
この商品の詳細を見る

FC2カウンター


Google自動翻訳

RSSフィード

ページトップへ