食育映画「キングコーン」

2009.05.10 17:32|オーガニック思考
キングコーン公式サイト

なんとなく見に行ってみた映画。食育系です。

若い男性二人が、自分達の体はトウモロコシから出来ている!と
とあるきっかけで気付き、1エーカーのトウモロコシ栽培に挑戦し、
それがいくらで買い取られて、どのような製品になっていくのか、
を追っていくという映画。

現代アメリカの大規模農場の実態や農家の人々の考えもわかります。

ファーストフードのほとんどはトウモロコシから出来ているのですね。
スターチ(澱粉)、コーン油、コーンシロップ、家畜飼料・・・
良く考えれば知っているのだけど、まとめて教えてくれるので
なるほど!と思いました。

今までありがちだった、見ると食欲が無くなるほど強烈な映画ではありません。
摂生しようかな?と思わせてくれる程度です。

特別面白い!とか衝撃的事実!とかではないけど、
アメリカってこんな国ってのがよく分かります。
日本の食文化も追随していっているのが問題ですね。
あんなに大規模の農場はあり得ないのがかえって救いかも。

テーマ:2009年映画感想
ジャンル:映画

Comment

非公開コメント

プロフィール

 yoyo

Author: yoyo
元オーガニック系シェフ・現ヒプノセラピスト。食べ歩き、レシピ、山菜キノコ採取、お散歩、セラピー関連など、私の日々を綴ります。私がどんな人間か知っていただければ嬉しいです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

ツリーカテゴリー

リンク

トラックバック

キーワードで記事を検索!

私のレシピ本です

ピースフード―安曇野の大地からのレシピ ピースフード―安曇野の大地からのレシピ
シャロムヒュッテ (2005/08)
家の光協会
この商品の詳細を見る

FC2カウンター


Google自動翻訳

RSSフィード

ページトップへ