野菜嫌い克服ツアー

2009.02.17 16:35|クライアントの体験談
好き嫌いを克服したいあなたへ。
クライアントYちゃんの記録です。

「野菜が全く食べられず、人付き合いに困るし、将来の健康も心配」
という相談をしにきたクライアントYちゃん。
物心ついたころから野菜全般が嫌いで苦労してきたとのこと。

そんなワガママな!と思う人もいるかもしれませんが、
本人は本当に困っているからセラピーにまで来たわけなので、
なんとかしてみましょう!と私も考えました。

ヒプノセラピーでは過去にさかのぼって原因を探ることも出来ますが、
カウンセリングの後、本人の希望を考慮して、
食べられるようになったイメージを強く植え付ける方向で行くことに決定しました。

「先輩と一緒にレストランに行って、サラダを頼んで完食する」
という内容のイメージ療法をやっている間、
噛んでいる時は、味や感触に集中するのではなく、
野菜が育った環境のこと、育てた人のこと、流通した人のこと、
八百屋さんのこと、料理してくれた人のこと、
食べた後に体の調子がいいこと、などを思い浮かべながら食べるように誘導しました。
(後日談では、実際にサラダを注文・完食して驚かれたそうです)

私 「どお?今キャベツ一切れあったら食べられる?」
Y 「食べられそう!」
私 「じゃあ、どうぞ。」
ニヤッとしてYちゃんは用意してあったキャベツをペロリと食べました。やったね!

とどめの一発として、野菜が生えているところを見学に行くことにしました。
たまたま、先週食育に取り組んでおられるHeidiさんのお誘いで
スローフード関係の人達の集まりに出向いた際、杉並区でフルーツトマト栽培をされている森田さんにお会いしたので、お願いしておいたのです。

フルーツトマト

真冬なので、普通の畑に行ってもほとんど何も生えていない時期ですが、フルーツトマトなら今が旬!
森田さんとの出会いは私とYちゃんにとって本当にラッキーでした。
お天気も良く、暖かくて、ウキウキと電車に乗る私達。
ご丁寧に駅まで迎えに来ていただいて、ありがとうございまーす。

一口目

さて、Yちゃんトマトの丸かじりに挑戦です。
ちょっとかまえた目線でしたが、見事に完食!
2粒も!おめでとう♪
森田さんのトマトは極端に甘くはなく、酸味もあって味が濃いものでした。

帰ってから食べる分もちゃんと購入したYちゃん。
すごい前進ぶりです。

虫とり紙

隔離ベッド栽培という方式で、農薬はほとんどゼロ。
害虫対策にもこのようなトラップペーパー(ハエ取り紙のようなもの)を
使ったりして、安全な野菜作りに取り組んでおられます。

Yちゃんにとっては農家の方の話を聞くのは初めて。
森田さんのこだわりの栽培法をお聞きしたり、
実際になっているトマトをもいで食べたり、
野菜への感謝も生まれたことでしょう。

ブログに登場することを快く承知してくれてありがとう!
そして森田さん、大変お世話になりました。ご恩は忘れません。

テーマ:ほんのちょっとでも前進!
ジャンル:心と身体

Comment

すごい!

yoyoさん、先日は貴重なお時間を作って下さり、ありがとうございました^^

それにしても、すごーーーーい!森田さんと瞬く間につながり、こんな風に展開するとは!?食の豊かさを体験し、伝えてきたyoyoさんだからこそ導けた、収穫体験だったのではないでしょうか。yoyoさんに巡り合えたYちゃんは、本当にラッキーだよ★

本当に本当に、嬉しくてビックリしています。報告ありがとう。

Heidiさん、

その節はお誘い&ご紹介本当にありがとうございました。

人脈ってどこでどのように繋がってどう展開するか分からないものですねv-392

全ての出会いを大事にしていかなければ!と感じています。
非公開コメント

プロフィール

 yoyo

Author: yoyo
元オーガニック系シェフ・現ヒプノセラピスト。食べ歩き、レシピ、山菜キノコ採取、お散歩、セラピー関連など、私の日々を綴ります。私がどんな人間か知っていただければ嬉しいです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

ツリーカテゴリー

リンク

トラックバック

キーワードで記事を検索!

私のレシピ本です

ピースフード―安曇野の大地からのレシピ ピースフード―安曇野の大地からのレシピ
シャロムヒュッテ (2005/08)
家の光協会
この商品の詳細を見る

FC2カウンター


Google自動翻訳

RSSフィード

ページトップへ