スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レストラン コバヤシ

2008.12.17 00:44|おいしい物・おいしい店
シェアブログrestaurantに投稿
鯖の瞬間スモーク

レストランコバヤシ 東京都江戸川区平井5-9-4
Tel: 03-3619-3910 定休日 / 火曜日
ランチ11:30?14:00(L.O.) ディナー18:00?21:00(L.O.)

総武線平井駅から徒歩3分という東京では僻地にあたる所にあります。
こちらに伺うのは2度目。前回は夏でした。
その時もガッツンとパンチのきいたお料理で圧倒されましたっけ。
今回はジビエをいただくために予約して参上いたしました。
上の写真は鯖の瞬間スモーク。実にウマい。
鯖の前にもアミューズでマリネしたシコイワシのカナッペが出ました。

ウニのドレシングのサラダ

ウニがたっぷりのドレッシングのサラダ。
軽くスモークした鯛のスライスも混ざっています。
フヌイユ(ウイキョウ)の食感も◎。
一皿いただく度に「これがどんぶり一杯でもいい!」と思ってしまいます。

ガチョウのフォアグラのテリーヌ

ガチョウのフォアグラのテリーヌ・オレンジのコンフィとブリオッシュのトースト添え。
トリュフのスライスもサービスでした。
つべこべ言わずに食べ続けます。
このあとに、オオヒメマス(名前違うかも?)のグリルが出ましたが、写真がイマイチで載せられませんでした。
最近流行り(どこで流行りかはよく分からないけど)の半生で、皮は別でパリッと焼いてありました。添えられていた温野菜もおいしい。

雷鳥のロースト

スコットランド産雷鳥のロースト・ミカンと蜂蜜のソース。ニンジンムース添え。
以前にフィンランドで雷鳥を食べた時は焼き過ぎでマズかったのですが、これはほとんど生。表面にだけ火が入って、身は温まっている程度で柔らかい。
皿が熱々にしてあるので、写真が曇っているでしょう?
やはり雷鳥はクセのある肉ではありますが、ジビエ好きの私にはたまらない味です。たっぷりのソースも嬉しいですね。

モワルーショコラ
デザートはモワルーショコラをチョイス。
注文してから焼いてくれるので時間がかかります。
中身はトロリとして濃厚です。
そして愛すべきフランボアーズとヴァニラアイスクリームが添えられていたので、私の満足ぶりは最高潮に達しました

my partnerにお礼をのべさせていただきます。
いつもごちそうさまでございます

こちらのサービスマンの方も個性があって面白い方です。
もちろん素晴らしいサービスですよ。



テーマ:フレンチ
ジャンル:グルメ

Comment

うまそ

うお、雷鳥さん日本で食べれるんかー
デザートも美味しそうー

ちなみにご予算は…1福沢くらいですか?

Re: うまそ

おがちゃん、

ご予算の事は私の口からは申せませぬ。
ヒゲのスポンジに聞いて下さいな。

あのショコラねー、デザート好きじゃない私でもおいしかったよんv-426

わお~

へぇ~?雷鳥って食べる文化があるのですね。日本のアルプスでも、デナリ国立公園でも、厳しい冬を越す珍鳥として大事そうに扱われていたので。フィンランドではかえって珍しくないのでしょうか。

田舎の好きなところは、自然や景観、人情深い人とのつながり、渋滞がないこと・・・。ただ、たまに都会のレストランのサービスも恋しくなるなぁ。
今夜はマリアージュの女神・黒川貴美代さんの「正月料理と直入ワインを楽しむ会」を企画しています。取材を兼ねて、竹田市がドイツに持つワイン畑でとれたワインのPRしてきます。

大分県も湯布院を中心にジビエの売り出しを始めました。こんなレストランに習いたいですね。

Re: わお~

Heidiさん、

フィンランドの雷鳥は人を見たら「捕まる!」と思って逃げるけど、日本では天然記念物だから、誰も手を出さないので逃げないんですって。

竹田市がドイツにブドウ畑をもっているのですか?
面白そうな企画ですねー。PRがんばってv-272

非公開コメント

プロフィール

 yoyo

Author: yoyo
元オーガニック系シェフ・現ヒプノセラピスト。食べ歩き、レシピ、山菜キノコ採取、お散歩、セラピー関連など、私の日々を綴ります。私がどんな人間か知っていただければ嬉しいです。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

ツリーカテゴリー

リンク

トラックバック

キーワードで記事を検索!

私のレシピ本です

ピースフード―安曇野の大地からのレシピ ピースフード―安曇野の大地からのレシピ
シャロムヒュッテ (2005/08)
家の光協会
この商品の詳細を見る

FC2カウンター


Google自動翻訳

RSSフィード

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。