ローマ&カプリ島 -4- ローマ散策

2008.12.10 04:42|ローマ&カプリ島2008年
バチカン

イタリア旅行の続き。

カプリからナポリを通り、ローマへ戻ってまいりました。
この頃からいよいよ姉の片目が見えなくなって、病院巡りをした結果、私達はバチカンの少し向こうまで来ていました。

バチカン内部

姉の手を引きながら、バチカンで目の回復を祈るべく中へ。
やっぱりスゴイな?。

トレビの泉

トリッパやらアーティチョークやらの夕飯を食べつつ、最短距離を歩いてホテルへ帰ろうとしていたのですが、計らずしてトレビの泉を通りかかり一応コインは投げておくか、と。
(ローマのお医者は歩いちゃいけないなんて言わなかったっ
この時の姉は笑顔ながらも片目見えてません

焼き栗屋

最終日、夜の飛行機だったので、昼間はプラプラ買い物でもしようかと歩いていたら、やっと発見した待望の焼き栗屋!
私的には冬にイタリアに行ったら町は焼き栗屋であふれていると思っていましたがそうでもありませんでした

蚤の市

日曜日だけ開かれる蚤の市へ。
一部、工芸品とか良さそうなものもあるのだけど、ほとんどはガラクタ市でした。しかし、すごい人出。姉の手を引きながら歩くのが大変です。

キッチン用品屋

この後ろの白い車からこれだけのキッチン用品が出てきて並べられたのは明らかなのだけど、この雑多ぶりには目を見張るものが・・・。
意外とモノは良いのでそれもびっくりです。

姉がすぐに疲れてしまうので、途中、教会に入って休み休み。
地図も見れず、一人で歩けなくなった姉の手を引きながら、
正味一日しかローマを見て回らなかったのですが、休憩ポイントも入れつつ結構楽しんでいた私達。
(重ね重ね、歩いちゃいけないとは言わなかったじゃん!!!
まぁ、この頃には網膜剥離は完全に進んでたからもう変わんなかったかも?)

決して無事に、とは言えなかったのですが これにてイタリア旅行記は終了。
その後は、緊急手術・入院・再手術と戦いの日々でしたとさ。

テーマ:イタリア
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント

プロフィール

 yoyo

Author: yoyo
元オーガニック系シェフ・現ヒプノセラピスト。食べ歩き、レシピ、山菜キノコ採取、お散歩、セラピー関連など、私の日々を綴ります。私がどんな人間か知っていただければ嬉しいです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

ツリーカテゴリー

リンク

トラックバック

キーワードで記事を検索!

私のレシピ本です

ピースフード―安曇野の大地からのレシピ ピースフード―安曇野の大地からのレシピ
シャロムヒュッテ (2005/08)
家の光協会
この商品の詳細を見る

FC2カウンター


Google自動翻訳

RSSフィード

ページトップへ