NY-2- Omega Institute Rheinbeck campus

2008.11.14 22:18|NYセミナー2008年
夜明け

セミナーもさることながら、Omegaってとってもいいところでした。
スピリチュアル系やボディワーク系などのセミナーをたくさん開催しているところで、NYのマンハッタンから車で2時間以上は走ったところ。周りには何もなくて寂しいと言えば寂しいけど、きれいなところです。

毎朝6時頃にルームメイトのルーシー(とっても気さくなアメリカ人の女性でした。かなり大きめでベッドから落ちないか心配でした)と共に起きて、しばらくじーっとしています。
二人とも今まで見ていた夢を刻みつけるのに必死なのです。
しばらくすると、「今日はどんな夢見た?」と話し合います。

私は7時からの瞑想(滞在者だれでも自由参加)に向かうために着替えて、
ルーシーは部屋で気功をやると言って、シャワーを浴びに行きます。
外に出るとまだ夜明けでとってもきれいです。

サンクチュアリ

敷地内の端っこにあるサンクチュアリと呼ばれる場所で瞑想は行われます。
毎週参加者や指導者によって微妙に雰囲気が違うと聞きました。

その週のリード役をしてくれたサラはとっても優しい笑顔の素敵な人。
上手な誘導のせいか、場所が良いせいか、毎朝とっても良い瞑想が出来て色々なビジョンが見えたりして、感動でひっそり涙を流していた日も多々ありました。

朝は霜

瞑想が終わったら、タラッタラッタッタとなぜか小踊り状態で
ダイニングホールに向かいます。
10月の終わりのNYって寒いのね。田舎だからだけど。
霜がに朝陽があたってキラキラするので一層寒そうに見えます。

朝ごはん

食事は3食ともダイニングホールでいただきます。
ヴェイガン・ヴェジタリアンが主ですが、一度だけナマズのフライが出ました。
私は履歴上にも明らかなように、西洋人の好みそうなヴェジタリアンってものに慣れているので、予想通りのものが出てきたし、毎日生野菜が食べられるので嬉しくもありましたが、やっぱり日本人の口には合わないようで、みんな食べてみてビックリしたりしてたみたいです。


コテージ

泊っていたお部屋はこんなところ。
ここに二人部屋が二つあって、シャワー・トイレは4人で共同です。
シャワーはイマイチですが、他は快適でした。
お部屋によっては、暖房が壊れていて朝死にそうな顔をして起きてきたり、シャワーカーテンが無くて困ったりしたところもあったみたいですが、苦情を言うと部屋を替えてくれたりもするみたいです。

赤い木

寒くなって霜が降りた日には、バサーッとに葉っぱが落ちる木がありますね。
この木の葉っぱは赤くてとってもきれい。
大きくてやさしい感じがしました。

午後の授業が終わったら、ヨガ(これも自由参加。朝は初心者向け、夕方は中級者向け)に出たり、また瞑想に出たりします。

夕飯を食べ終わったら、日本人だけで集まってその日の振り返り。
村井先生が英語を聞き取れなかったところなどを補填してくれます。
逆に村井先生が深い催眠に入っちゃてた時間の部分をサポートしたりもしました(笑)

その後はみんなそれぞれにお部屋で話したり、カフェでネットやったり。
(備え付けのマシンでも日本語の閲覧はできますが、入力はアルファベットのみです)
瞑想やら催眠やらばっかりの毎日で一度は調子がおかしくなってすごーく早く寝ちゃった晩もありました。

他の国の参加者達がやっていた催眠の練習会に参加することも出来たのですが、私はもう顕在意識に留まるのがやっとの状態でしたので、行けませんでした。

個人的には朝の瞑想の時間が一番好きでした。
一人でやろうとするとなかなかああいう風にはいかないんですよねー。

日本人同士はもちろん、他の国の人とも色々話して、
自分のことも朝から晩まで掘り下げて見つめ続け、
密度の濃い時間を過ごせました。

あぁーこんな良いところだと知っていたら一週間早く来てもっとゆっくり滞在したかったなぁ。

テーマ:精神世界
ジャンル:サブカル

Comment

非公開コメント

プロフィール

 yoyo

Author: yoyo
元オーガニック系シェフ・現ヒプノセラピスト。食べ歩き、レシピ、山菜キノコ採取、お散歩、セラピー関連など、私の日々を綴ります。私がどんな人間か知っていただければ嬉しいです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

ツリーカテゴリー

リンク

トラックバック

キーワードで記事を検索!

私のレシピ本です

ピースフード―安曇野の大地からのレシピ ピースフード―安曇野の大地からのレシピ
シャロムヒュッテ (2005/08)
家の光協会
この商品の詳細を見る

FC2カウンター


Google自動翻訳

RSSフィード

ページトップへ