国宝・仁科神明宮へ

2007.06.22 14:57|休日の過ごし方
仁科神明宮

シャロムから車で北へ30分程行った所にある、仁科神明宮を参拝してきました。
長野県では唯一、国宝に認定されている建物です。
祭られているのは伊勢神宮と同じアマテラスオオミカミ。
女性の神様なので、屋根の上にある鰹木は偶数なんだそうです。

国宝

後ろの方の本殿・中門・釣屋の部分が国宝にしてされている部分。
1636年に遷宮(建て替える事)以来、氏子が少ないせいもあり、予算不足で部分修理に留まったのが幸い?して神明造りとしては日本最古の建物となったのだそうです。

巨木

神社に行くと、ほとんど必ず出会える巨木さん達。
これが一番楽しみだったりして。
この杉は約800歳。こんな大きなのが何本もそびえたつのに、他の植物達は小さくこじんまりしているのが印象的でした。
日陰だからとかじゃない訳がありそうな感じでした。

テーマ:信州
ジャンル:地域情報

Comment

この神社のことは知らなかったなあ。そんなに古い神明造りの社が長野にあったんだ。
神明造りの社は伊勢神宮みたいに定期的に遷宮するから古いのは残らないと思っていたよ。今の出雲大社と同じくらいの時代に建てられた社だね。そうそう、出雲大社は近々修理するために寄付を募ってたな。

onboraさん、

社務所の人が案内してくれた時に、語ってくれた中で、氏子が少なくて予算が無い神社ワースト10に神魂神社も入っていましたよ。

国宝の神魂神社は出雲国造家(現在の出雲大社の神主一族)の氏神を祭る私的な神社なんだよ。だから古い神社なのに出雲風土記にも載っていないし、もちろん氏子も少ない。大社造の神社はもともとは倒壊するまで建て替えないものだったらしいよ。

onboraさん、
そうか、全ての神社が建て替えられるものじゃないんだー。○○造りとか××造りとか、色々あるのだなぁくらいにしか思ってなかったけど、意味や由来も色々なわけだよね?
また色々教えてください♪
非公開コメント

プロフィール

 yoyo

Author: yoyo
元オーガニック系シェフ・現ヒプノセラピスト。食べ歩き、レシピ、山菜キノコ採取、お散歩、セラピー関連など、私の日々を綴ります。私がどんな人間か知っていただければ嬉しいです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

ツリーカテゴリー

リンク

トラックバック

キーワードで記事を検索!

私のレシピ本です

ピースフード―安曇野の大地からのレシピ ピースフード―安曇野の大地からのレシピ
シャロムヒュッテ (2005/08)
家の光協会
この商品の詳細を見る

FC2カウンター


Google自動翻訳

RSSフィード

ページトップへ