FC2ブログ

オーベルジュ・アンドラ・モンターニュ

2007.02.05 11:37|おいしい物・おいしい店


20070205111354s.jpg


20070205111409s.jpg

オーベルジュ・アンドラ・モンターニュ
新潟県南魚沼市宮野下1191-1 TEL 025-783-3237
宿泊・食事は電話で予約してください。
車で送迎してくださるので、ワインを飲んでも安心です。

古くから渋谷にお店があるのですが、オーナーシェフ“熊おやじ”塩田さんは少し引っ込んだ場所で一人で切り盛り出来るようなところでお店をやりたいと考えるようになり、2004年、ご縁のあった湯沢にオーベルジュをオープンしたそうです。
オープンキッチンの横の席に座って、シェフのお話を伺いながらの楽しいお食事でした。

今回いただいたのは、おまかせのモンターニュコース7000円也。
手書きのメニューはコピーして下さるので持って帰ることが出来ます。


20070205111428s.jpg


20070205111509s.jpg


左:越後もち豚のリエット
横に添えてあるのは聖護院大根のピクルス。
パンはオーストリア人が作っているものだそうです。

右:能生の真鯵のマリネ
トリュフのスライスがたっぷり。
上に乗っているものは黒大豆をフレーク状にプレスしたもの。



20070205111449s.jpg


20070205111549s.jpg

左:牡蠣とフキノトウのキッシュ
初めて食べる取り合わせですが相性が良いのですね。

右:真鯵のムニエルを乗せた 大沢産お殿様用コシヒカリのおかゆ
門外不出の特別なコシヒカリを分けていただいているそうです。
透き通った味とでも申しますか・・・これが一番おいしかったかも。



20070205111534s.jpg


20070205111608s.jpg

左:かぼちゃのスープ オーストリア風
カボチャの種から取った濃厚なオイルが渦巻状にかかっています。
オーストリアではどこのレストランでもあるメニューなんだそうです。

右:フォアグラのサンドウィッチ
これは渋谷のお店でいただいたことがありました。
名物と銘打つだけはあって、皆さんも一度は試してくださいな。



20070205111634s.jpg


20070205111647s.jpg

左:根室産 蝦夷鹿のロティ プラムのソース
こちらには黒胡椒をプレスしたものが乗っていますが辛いので少しずつ。
臭みのない赤身の小鹿です。さつまいも、杏、シメジ添え。

右:クレーム・ア・ラ・ヴァニーユ
トンガ産のバニラの粒々がたっぷり。甘さ控え目でやさしい味です。

ゆっくり時間をかけていただいたので、これだけの品数をいただいたわりに苦しくなるほどではなく、心地良い満腹感でした。

ワインセラー

ワインセラーも見せていただきました。
オーストリア産のワインを中心にスゴイ数です。

湯沢に来たら是非オーベルジュ・アンドラ・モンターニュへ!
いや、ここで食べるために湯沢へ!

テーマ:おいしい店紹介
ジャンル:グルメ

Comment

家にカボチャのオイルがあるのですが、使い方がよく分からんのですよ~。
独特の香りがあるからサラダは限定されちゃうし、炒め物も限定されちゃうし、とにかくカボチャ以外に何かに使えないですかね~?

こちらのシェフのお顔が何だか僕の料理の師匠ににてるな~。
やっぱり熊オヤジでした。

はぅ~っ
く、くらくらするぅー(。´Д)
刺激的です。

おひさしぶりです~。
お元気そうですね。
そしておいしそう。じゅる。

ぶるは過労で熱出したり・・・といろいろありましたよ!!ああ、おいしいものが食べたい!

素敵レストランですね。湯沢に行くときは・・・要チェックですね!yoyoさんご紹介のレストランはどこもおいしそうですね。

また!

耕作人さん、
そうですか、熊おやじ似の方の下で修行されたのですね。やはり耕作人さんのお料理を食べてみなくては・・・

ハルちゃん、
でしょう?すごいヒットなんだよー

ぶるべりさん、
過労とはかわいそうに。
働くお母さんは大変だー
またおいしいもの食べにいきましょうね!
非公開コメント

プロフィール

 yoyo

Author: yoyo
元オーガニック系シェフ・現ヒプノセラピスト。食べ歩き、レシピ、山菜キノコ採取、お散歩、セラピー関連など、私の日々を綴ります。私がどんな人間か知っていただければ嬉しいです。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

ツリーカテゴリー

リンク

トラックバック

キーワードで記事を検索!

私のレシピ本です

ピースフード―安曇野の大地からのレシピ ピースフード―安曇野の大地からのレシピ
シャロムヒュッテ (2005/08)
家の光協会
この商品の詳細を見る

FC2カウンター


Google自動翻訳

RSSフィード

ページトップへ