ツルムラサキの芽・二色

2006.07.30 15:32|yoyo畑の日記
20060730152631.jpg

ツルムラサキは真夏に育つ数少ない葉ものの一つですね。
二色の種が混ざっているとは気付かずに蒔いたのですが、赤と緑の芽が出てきました。結構強いので後は放って置いても育ってくれるでしょう。
(やっぱり放任主義^^;)

20060730152643.jpg

お天気が良いのでオーナー・臼井さんも松葉杖で畑に出てきて体験スタッフに種蒔きの指導をしていました。ずーっと雨だったので部屋にこもりっきりになっていて心配していたのですが・・・ちょっと安心です。

テーマ:オーガニックライフ
ジャンル:グルメ

Comment

あ~!!!
体験スタッフっていうのがあったんだ~!!
行くなら今のうち(休職中^^;)・・・どうすっかな~・・・そろそろ仕事確保しなきゃってほわそわしてきたし、迷う。
良い畑だな~。
いまだにパソコン直らない・・

うちはツルムラサキではなく空芯菜を植えていますよ。タイではパックブンといってとてもポピュラーな野菜です。
パックブン・ファイデーンという野菜炒めが一般的かな。スープなどにも入れたりします。ツルムラサキと同じように栽培が簡単です。
臼井さん元気そうですね。よかったよかった。

seiさん、
わかった!seiさんってやもりさん?
パソコン直らないってとこで分かりました。
長野に来ているのですよね?
お時間があれば寄ってください。

おんぼらさん、
空芯菜は昔実家で育てていました。
茎の太いところと生きた小魚を鍋に入れて熱して、魚が芯の中に逃げて入り込んだ状態で出来上がるスープっていう料理があったような・・・あれはタイ料理でしょうかね。

ええっ!そんな料理が~!?
たぶんタイ料理だと思うけど、そんな高級な料理はタイでは食べませんした。
私がいたのはタイの農村や山岳民族の村です。本当にみんな単純な料理でしたよ。
yoyoさんはその料理を作ったんですか?

おんぼらさん、
いやあ作ったことも食べたこともありませんがなんかの本で読んだ記憶があるのです。「美味しんぼ」かもしれない。

どじょう鍋って生きたどじょうと豆腐を煮込んでどじょうが豆腐の中に逃げ込んだ状態で煮上がるらしいのですが、コンセプトは似た感じですね。
これも食べたことないなぁ。今度食べに行ってみよう!
非公開コメント

プロフィール

 yoyo

Author: yoyo
元オーガニック系シェフ・現ヒプノセラピスト。食べ歩き、レシピ、山菜キノコ採取、お散歩、セラピー関連など、私の日々を綴ります。私がどんな人間か知っていただければ嬉しいです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

ツリーカテゴリー

リンク

トラックバック

キーワードで記事を検索!

私のレシピ本です

ピースフード―安曇野の大地からのレシピ ピースフード―安曇野の大地からのレシピ
シャロムヒュッテ (2005/08)
家の光協会
この商品の詳細を見る

FC2カウンター


Google自動翻訳

RSSフィード

ページトップへ