FC2ブログ

一面オオイヌノフグリが輝く!

2006.04.08 07:56|シャロムの日記
20060405074530.jpg
シャロム目の前の牧草地。
この時期初夏ぐらいまでの間オオイヌノフグリがたくさん咲いてます。お天気が良いと光を浴びてキラキラ輝きます。
ブルーのレースを一面にひいたようにきれいです。

20060405074540.jpg

近くで見るとこんな感じ。都会にもありますよ。
私の大好きな花なんですが、名前が変ですよねー。
オーナー・臼井さんいわく、別名「ベロニカの花」と言ってキリストがはりつけにされた時にこの花をささげた乙女がいてその人の名前がベロニカさんだったそうな・・・。

テーマ:オーガニックライフ
ジャンル:グルメ

Comment

オオイヌノフグリが野に咲き乱れるようになると、本当に春が来たんだなあとわくわくしますよね。でも確かに名前が可憐な青い花にふさわしくない。私は心の中で「小鳥の涙」と呼んでいます。冬の寒さに小鳥たちが流した涙が結晶したような花だから。

おんぼらさん、
誌的だなぁ。私も今後は小鳥の涙と呼んでみることにしよう!

出雲神話の続きとして諏訪大社に行ってきましたよー。ガイドのおんぼらさんがいないから詳しくは分からなかったけど・・・

ベロニカの花、もちろんつくばにも咲いています。(異名は初めて知りました♪)
夕方が近づくと、あんなに小さい花ながら、けなげに毎日きちんと花びらを閉じる姿がなんとも愛らしいんですよね。最近はハコベの成長に負けつつあり、季節の進行とともに少しずつ回りの草たちに席を譲り始めています。

インチキさん、
これからは「コトリノナミダ」と呼ぶことにします。おんぼらさんにあやかって。

どこにでもある雑草ですよね。朝は閉じていて目立たないけど日が当たると一斉に光を放つようできれいですよね。つんで持った帰っても花は閉じたままなのでダメなんですよね。野に咲いているのを愛でるための花なんだー
非公開コメント

プロフィール

 yoyo

Author: yoyo
元オーガニック系シェフ・現ヒプノセラピスト。食べ歩き、レシピ、山菜キノコ採取、お散歩、セラピー関連など、私の日々を綴ります。私がどんな人間か知っていただければ嬉しいです。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

ツリーカテゴリー

リンク

トラックバック

キーワードで記事を検索!

私のレシピ本です

ピースフード―安曇野の大地からのレシピ ピースフード―安曇野の大地からのレシピ
シャロムヒュッテ (2005/08)
家の光協会
この商品の詳細を見る

FC2カウンター


Google自動翻訳

RSSフィード

ページトップへ