オーガニックの本当の意味って?

2005.04.21 12:16|オーガニック思考
私が「Organic」って言葉を意識し始めたのはオーストラリアに住んでいた頃でした。その頃は日本語に訳すことはなくそのまま「Organic」として受け取っていたのですが、日本に帰ってきてから有機JAS法制定なんかもあって、「有機」=「Organic」なんだと漠然と理解していたわけですが、先日、NPO法人ヨーロッパオーガニック協会の代表理事であり、尊敬している田村様とお話させていただく機会があった時、間違いを正されました。「Organic」の訳し方は「基本的な」「本質的な」と訳すべきであって「有機的」という訳し方は化学用語としてである、とおっしゃいました。それを聞いて心のつかえが取れた気がしました。私の目指している事って、「本物の、心のこもった、おいしい食べ物に光のあたる世の中」であって「有機肥料」とか「有機食品」とかは、なんかピンとこなかったんです。やっぱり、私の目指しているのは「Organic」ってことですよー。

Comment

非公開コメント

プロフィール

 yoyo

Author: yoyo
元オーガニック系シェフ・現ヒプノセラピスト。食べ歩き、レシピ、山菜キノコ採取、お散歩、セラピー関連など、私の日々を綴ります。私がどんな人間か知っていただければ嬉しいです。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

ツリーカテゴリー

リンク

トラックバック

キーワードで記事を検索!

私のレシピ本です

ピースフード―安曇野の大地からのレシピ ピースフード―安曇野の大地からのレシピ
シャロムヒュッテ (2005/08)
家の光協会
この商品の詳細を見る

FC2カウンター


Google自動翻訳

RSSフィード

ページトップへ