マルタ島旅行記-2-

2006.01.11 19:47|マルタ島旅行記2006年
2日目はネットで予約しておいたマルタ島一日ツアーに参加しました。 参加者はイタリア人・イギリス人と私たち10人です。 ガイドさんはイタリア語と英語両方で説明しなければならないので忙しそうですが、話し好きのおばさんと言った感じの方でした。 英語の訛りが強くて最初は戸惑いました。20060111022444.jpg
初に島の中腹部にある小さな村に止まりマルタの家屋について説明してくれました。 家だけでなくビルまでもほとんど全てがライムストーンというマルタで採れる石で出来ています。 壁も天井もクリーム色の石。地震が来たら大変なことになりそうですが、ここ数百年大きな地震はなかったようです。 新しい家は比較的海沿いに多く、窓は大きめ。(上の写真は海岸沿いの新しい家屋・大き目の扉) 数百年は経っている古い家はたくさんあり、窓や扉が小さいのです。 道が狭くて少し曲がっているのがほとんどなのですが、 それは今まで海賊を含む様々な勢力から侵略を受けてきたマルタの歴史に由来していました。 馬が一頭通るのが目一杯のところも多いので大軍は来れません。 曲がった道では矢を射ることが出来ません。 窓が最小限だと中の気配も分かりにくく侵入しにくくなっています。 20060111022411.jpg
れからマルシャスロックという漁村へ。 日曜日には魚や野菜、生活用品を売る市場がたつそうですが、 金曜日だったのでお土産屋が15件程度でした。 日本の海岸のように海草や小動物は見られず、海の匂いもあまりしません。ある意味きれいな海なのですが、生き物の気配に乏しく漁獲量は少ないそうです。 20060111022344.jpg
の洞窟と呼ばれているところ。本当に青いでしょ? ボートで海岸沿いの洞窟に入って行くと青だけではなく色々に変化する海の色を楽しめます。 波がすごかった。スプラッシュマウンテンみたいでした。 20060111022503.jpg
食を済ませてタルシーン神殿へ。 (蒸したメルルーサにマルタ産ケイパーを入れたトマトソースでした) この遺跡は紀元前2500?3000年前のもの。 この時代の神殿が点在しており、当時は水も湧き出て、海の恵みも豊かであったそうですがその後数百年間、人間の痕跡ののない時代があり、その後の痕跡は明らかに生活様式が違うそうです。 古代巨石文明の人々がどこへ行ってしまったのかは諸説あり、謎なんだそうです。マヤ文明みたいですね。 りにスリーマの大きなスーパーマーケットに寄ってみました。 肉も魚も冷凍しかないし、野菜も輸入品が多く新鮮とは言えません。冬だからってこともあるんでしょうが・・・ オーガニック商品もイギリス産豆乳、スウェーデン産オーツミルク、イタリア産ライスミルク、アメリカ産キビぐらいかなぁ。 決して食材には恵まれていません。しかし・・・ マルタの人は健康そう。アトピーの人も見当たらないし、 みんな気取らず肩肘張らず楽しそうに仕事をしているように見えます。 日本には鮮度が良くておいしいものがたくさんあるし、オーガニック食材だって選べるけど、アトピーや成人病などは増える一方・・・ むむむっ・・・これはやはりマルタでは悪いストレスが少ないのか? 食べ物よりもむしろ精神的に健康なことが大事なのでは? 空気もきれいだから違うのかな・・・などと姉と話し合いました。 続く・・・

テーマ:海外旅行
ジャンル:旅行

Comment


ううううう
僕が出版社だったら本を作りたい・・・

いいところだね

のんびりしていそうでいいなぁ。
おもしろい遺跡だね。
石好きとしては、とても興味あるところ。

お帰りなさい。海外旅行に行っていたんですね。それにしてもマルタなんてすごい。地中海の小国マルタのことを知っている日本人がどれぐらいいるのかな。
私もマルタに巨石文明の遺跡があることを知りませんでした。ヨーロッパの巨石文明とつながりはあるのでしょうか?同じような時期に消えてしまうのですが。

やもりさん、
本、作って作ってー(笑)

tuttyさん、
石好きなの?ならマルタはオススメできます。石ばっかりです。8階建ての新しいビルも5000年前の遺跡も全部同じ石。それがすごいんだな。大マジで地産地消です。

おんぼらさん、
日本人はヴァレッタの町で2組見かけましたが、確かに私が「マルタに行った」言うと「丸太?」という人多いです。

西ヨーロッパ文明との関係、詳しくは分かりませんが、その時期に激しく気候が変わるような事件が起きたのでしょうね。この手はおんぼらさんの方が詳しいかも。

はじめまして!

はじめまして!ブログ・ルポのトップページで偶然こちらのブログを見つけました。「マルタ島」という文字に惹かれました。訪れてみたいなぁと思っている国のひとつなので、興味深く記事を読ませていただきました。うらやましい限りです。また、サイトに寄らせていただきます。

DJなおみさん、
いらっしゃいませ。
マルタ島はやや辺境の地であるだけに情報は少ないかもしれませんね。

遺跡お好きなんですね。
マルタは面積が小さいだけに全てが小ぶりです。他で見てきたようなスケールの大きさはないんですが、遺跡と現代の街が見た目変わらないとこがすごい。

歴史を軽くなぞってからお出かけになられることをオススメします。じゃないとただ石ばかりの田舎の島になってしまう・・・
非公開コメント

プロフィール

 yoyo

Author: yoyo
元オーガニック系シェフ・現ヒプノセラピスト。食べ歩き、レシピ、山菜キノコ採取、お散歩、セラピー関連など、私の日々を綴ります。私がどんな人間か知っていただければ嬉しいです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

ツリーカテゴリー

リンク

トラックバック

キーワードで記事を検索!

私のレシピ本です

ピースフード―安曇野の大地からのレシピ ピースフード―安曇野の大地からのレシピ
シャロムヒュッテ (2005/08)
家の光協会
この商品の詳細を見る

FC2カウンター


Google自動翻訳

RSSフィード

ページトップへ