マルタ島旅行記-1-

2006.01.10 18:30|マルタ島旅行記2006年
20060110175936.jpg
ルタ共和国という小さい島国に姉と行ってきました。 一応EU加盟国でシチリア島のちょっと南にあります。 淡路島の半分くらいの小さな国で人口39万人だそうです。 マルタ島、ゴゾ島、コミノ島の三つがあり、マルタ島が一番大きくて中心地です。 マルタ語という独特の言語がありますが、みんな英語もしゃべれるので安心です。 1月の最低気温は8℃と聞いていたので東京より温かいかなと思いきや、海からの風があるので寒く感じました。 20060110180011.jpg
1日目はまず首都ヴァレッタの探索。 上の写真は名物のハニーリング(60?・約250円)です。 ドライフルーツetc.がぎっしりと詰まっていて重たい。 あんまり日本人の口には合わないかも。 とにかく道が狭くて車が一台通るのがやっとのところがほとんどです。 土地が狭いからだけではない理由が後日になって明らかにされることに・・・ 20060110180037.jpg
ヨハネ准司教座聖堂の中に入ってみました。 これは写真では伝えられないくらい荘厳でスゴイ!! 壁全部が石の彫り物や絵で装飾されているし、床も全て大理石の絵がはめ込まれています。 クリスチャンではない私でもひざまづいてしまうような重みがあって・・・今までにないような何かを感じました。 20060110180058.jpg
の街はまだクリスマスのイルミネーションがきれいです。 洋服、アクセサリー、本、カフェなどのお店が立ち並んでいますが、それぞれがとても狭いのです。全部で2畳分くらいしかないお店なんかもあって、世界一小さいも店かもしれない・・・洋服はすごく縫製が悪くって日本で言ったらバザーに出てくるような品が多かったように思います。 首都とはいえ、とっても田舎なんですよ! CIMG1291.jpg
飯はヴァレッタのココパッツォというシーフードレストランへ。 写真はムール貝とアサリの白ワイン蒸し、ウサギ肉のラビオリです。地物のワイン、メインにお魚料理、デザートも頼んで二人で大体20マルタリラ(約6500円)決して物価は安くはないかな。 後で分かったことですが、島国なのに魚が豊富って訳ではないみたいです。 バス(20?・約70円)でホテルのあるスリーマまで戻って一日目は終了。雨の予報だったのに晴れていてラッキーでした。 続く・・・

テーマ:海外旅行
ジャンル:旅行

Comment

ヨーロッパ行きたい!

 どうもブログが更新されていないと思ったら、やはり海外だったのですね!
 マルタ共和国・・・名前だけは聞いた事がある気がします。
 シチリアの近くって事はイタリア料理みたいな感じなのでしょうか?
 それにしても聖ヨハネ准司教座聖堂カッコいいですねー。
 日本でも歴史のあるお寺などに行くとそうですが、教会なども独特の雰囲気がありますとね。
歴史のなせるわざなのでしょうか?

イタリア料理って言うかぁ

耕作人Kさん、
マルタの食事ははっきりってイマイチ。超僻地の田舎です。
寒いし(冬だからだけど)、これと言った産業もない!

なのに楽しげに暮らす人々、過剰でもなく至らないわけでもないサービス。

そこで色々考えさせられた訳で・・・

人口39万人!

こんにちわ
雄平@実りのときブログ
です。ブログ村村民です。

>淡路島の半分くらいの小さな国で人口39万人だそうです

小さいとはきいていましたが、これほどとは知りませんでした。東京の近くの小さな市でも、もっと人口があります。

第2次大戦のときは、英国領だったので、地中海防衛の要として重要な位置にあったようです。ドイツ空軍の空襲にあったこともあるとか。
いってみたいとは思いますが、少々遠いですね。
では、また。

雄平さん、いらっしゃいませ。

超弱小国マルタのEU加盟にはやはり様々な視点から戦略的に要の位置にあったからのようです。
「地中海のへそ」と呼ばれたりするらしいです。
色んなところから攻められっぱなしの歴史です。

そうです。遠いです。14.5時間かかりました。

初めまして^^

こんにちは。
初めてお邪魔致しますv-14
素敵な写真の数々。。。
思わず見入ってしまいました~

マルタ島!行ってみたいなぁ~
南イタリアから先はまだ
訪れたことがないので
機会を見て行きたいなぁ~v-229
青い空に虹v-198いいなぁ

旅さん、いらっしゃいませ。
マルタ島に行くなら歴史の下調べをしていった方が楽しめると思いますよ。
きれいなところはたくさんあるけど、食事はイマイチかな~
非公開コメント

プロフィール

 yoyo

Author: yoyo
元オーガニック系シェフ・現ヒプノセラピスト。食べ歩き、レシピ、山菜キノコ採取、お散歩、セラピー関連など、私の日々を綴ります。私がどんな人間か知っていただければ嬉しいです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

ツリーカテゴリー

リンク

トラックバック

キーワードで記事を検索!

私のレシピ本です

ピースフード―安曇野の大地からのレシピ ピースフード―安曇野の大地からのレシピ
シャロムヒュッテ (2005/08)
家の光協会
この商品の詳細を見る

FC2カウンター


Google自動翻訳

RSSフィード

ページトップへ