FC2ブログ

炙りブリのカルパッチョ サラダ仕立て

2005.12.17 20:25|本気のお料理
20051217195845.jpg
今日はYさんと私の家で今度出版するかもしれない本の打ち合わせです。
彼女はとってもグルメで、かつ添加物探知機とも呼ばれていています。
危険な食べ物に敏感ですぐ痒くなるそうです。
でもおいしいものにトライし続けるくいしんぼ根性は見上げたもの。
今日は彼女のためにちょっと本気出して作ったブリの前菜をご紹介します。
20051217195919.jpg


材料2?3人前

天然ブリ 小さめ1サク

(上に乗せるサラダ)
大根千切り 適量
水菜 適量
白髪ねぎ 適量

(ソース)
ゆず果汁 1コ分
みかん果汁 1/2コ分
ゆずの皮 細かいみじん切り 少々
自然海塩 小さじ1
白醤油 少々
山椒の粉 少々
オリーブ油 30cc

(飾り)
ゆずの皮千切り 少々
みかんの果肉 1/2コ分

1.ソースの材料を合わせておく。
2.ブリに軽く振り塩をして、串を打ち、直火で炙る。
3.すぐに氷水にとり、布巾などで水分を良く拭き取り、ラップで包んで冷凍庫で10分程寝かす。
4.ブリをなるべく薄く切り皿に並べて、上からサラダを乗せる。
5.ソースをかけて、飾りを乗せて出来上がり。

ブリは焚き火や炭で炙れば尚おいしいです。ガスの場合は必ず強火で。
サラダの部分には他の野菜でもいいのですが、寒い今が旬のものを使いました。

全然関係ないけど・・・・
浅田真央ちゃん、おめでとう!!!
すごくきれいで技も切れる!天才だなー。
感動して泣いちゃいました。

マルさん、耕作人Kさん、
お褒めの言葉ありがとう。

たまには写真に耐える料理作んないとね。
食べて「おいしい!」と思った人に興味を持ってもらえるのも「本物の食」に興味を持ってもらえるチャンスだけど、だまってても何にこだわって作っているか分かってもらえる人に食べてもらえるのも嬉しいです。

テーマ:美味しい食材
ジャンル:グルメ

Comment

さすがっ!!

 浅田選手ちっこいのに凄かったですね。
同じ名古屋人としてちょっぴり自慢です。

 僕も多少は料理作るのでレシピ見て想像できますが、さすがプロ!!!
冷蔵庫で寝かす等プロの細やかな処理や盛り付けの細やかな所など、本気と言うだけあってとても美味しそうです。
 シャロムが再開したらyoyoさんの料理教室にますます行きたくなりました(自然農見学も)。

我が家の定番になりそう!

yoyoさん、本日はおいしいお食事を用意して下さってありがとうござます♪
白髪ねぎと柚子の相性は抜群ですね。さすが~、なお料理でした。
私も真似をして家で作ってみます。この冬の我が家の定番料理になりそう☆
来年にでも、ピースフードを伝えられる本を出版できるといいですね!!!

有り難うございます

 yoyoさんTB有り難うございます。
また美味しそうな料理を紹介してください。

はじめまして~。

今年最後のBEGOOD
http://organicblog.blog8.fc2.com/blog-entry-116.html
に参加してたモノです。YOYOさんのごはん、とっても美味しかったです!ありがとうございました。

そして、Yさん=マルさーん、MixiのS-子ことsonokoでーす☆

お二人で本を作るかも、なんて、すばらしいわー!!

というわけで思わずご挨拶させていただきました。

きっとステキな本ができるハズ♪
お二人のご活躍これからも楽しみにしています☆

sonokoさん、いらっしゃいませ。
マルさんだけでなく、ナリキリストさんのお友達でもあるのですね。

ナリキリストさんは私をシャロムに紹介してくれた恩人であります。

マルさんとは去年「オーガニック電話帳」や食育雑誌「笑う食卓」の仕事を一緒にしてて知り合いました。気が合うので、上手く話が進むことを祈っています。応援してください。
非公開コメント

プロフィール

 yoyo

Author: yoyo
元オーガニック系シェフ・現ヒプノセラピスト。食べ歩き、レシピ、山菜キノコ採取、お散歩、セラピー関連など、私の日々を綴ります。私がどんな人間か知っていただければ嬉しいです。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

ツリーカテゴリー

リンク

トラックバック

キーワードで記事を検索!

私のレシピ本です

ピースフード―安曇野の大地からのレシピ ピースフード―安曇野の大地からのレシピ
シャロムヒュッテ (2005/08)
家の光協会
この商品の詳細を見る

FC2カウンター


Google自動翻訳

RSSフィード

ページトップへ