FC2ブログ

大工七つ道具

2005.12.10 15:12|サバイバル術
20051210145615.jpg
大工仕事は男の子の仕事!と決めてかかっていたのですが、
サバイバルを目指すなら自分でも出来るようになった方が・・・
シャロムに体験スタッフで来たK君に言われてしまいました。

そこでK君が今展開中のワークショップ
間伐材、廃材でつくる「予算一万円以内のほったて小屋」ワークショップ」のモニターとして明日から栃木のモニョンゴロ村に行ってきます。新しい活動を始めた彼のHPはhttp://seikatsunomori.org//

大工仕事は右も左も分からず、興味だけって感じなのですがモニターにはピッタリな人材だそうです。
一応自分の道具があったら持ってきてとのことなので、
父の物置をあさって差し金や金槌、バールなど最低限と思われるものを見つけ出しました。あと、安全靴は以前トラック運転手や某自動車メーカーのバイトをしていた時に使っていたもの。
えぇっ!シェフじゃないの?とか言われそうですが、
私の過去ほとんど飲食店で勤務していましたが、たまにトッピな仕事してました。

現在建物は建築中のために野外で寝ます。
私は車の中で寝ようと思っています。車選びもサバイバル生活を見越して決めたので、うまくいくはず。

さてどうなることやら。またレポートします。

テーマ:地震・雷・火事・防災
ジャンル:ライフ

Comment

ケーキも焼けて、家も作れるyoyoさん!

久しぶりに訪れたら、BLOGの模様が変わってまたイイですね。本当にyoyoさんのお料理、スバラシ~!きっとお目にかかれた日には、私、涙してるハズ。

私も今年の夏、初めて大きなデッキを作る手伝いをしました。社会に出て6年間、毎日会社の制服にストッキングしか着ることがありませんでした。
仕事を頼まれた当初は、何故アラスカまで、こんなことしてるんだろう、こんな汚れる仕事をしなきゃならないんだろう。と思考回路を解き解すことで一杯でした。釘を打つのも、小学校の図工以来。フォーウィラーで廃材を運んだり、ちょっとこれ危ないんじゃない?!と思えることも、最初は嫌々ながらやっていました。
ところが。
アラスカでは「女性だって小屋くらい作れなくちゃね」大抵の主婦だってその域ですから。冬の間、夫が家を空けることがあれば、自分で薪を割り、家を守らねばなりません。子供の立派すぎるくらいの遊び小屋や、遊具、バスルームなどの改築など、大工でもない女性がチャチャチャとやってしまいます。8歳の少女の手伝いも、釘拾いや釘打ちでした。
「ケーキも焼けて、家も作る」こんなアラスカの女性・男性が素敵です。
楽しんで下さいね~v-91

Heidiさん、
アラスカの女性はカッコイイですね。
主婦でもが小屋くらい作れなくきゃってのが素敵。
私も時間はかかりそうだけどそういう人物を目指します!

そうそう、冬休みなのでテンプレ変えて、ちょっとイメチェンしてみました。

ホントに気をつけて

女性で大工にもチャレンジするなんて脱帽です。私の本業は住宅の断熱、気密、換気。暖房の指導と設計施工をしていて主にNPO法人全国室内気候研究会に所属して岩手でシックはウス対策、エコ住宅の普及活動をしています。
何かお役に立てればと思っています。
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

・住まいの「優れものグッズ」

冬の時期は何処かに隠れてしまう「白蟻」ですが 来年の防蟻対策に実体験お奨めグッズ...
プロフィール

 yoyo

Author: yoyo
元オーガニック系シェフ・現ヒプノセラピスト。食べ歩き、レシピ、山菜キノコ採取、お散歩、セラピー関連など、私の日々を綴ります。私がどんな人間か知っていただければ嬉しいです。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

ツリーカテゴリー

リンク

トラックバック

キーワードで記事を検索!

私のレシピ本です

ピースフード―安曇野の大地からのレシピ ピースフード―安曇野の大地からのレシピ
シャロムヒュッテ (2005/08)
家の光協会
この商品の詳細を見る

FC2カウンター


Google自動翻訳

RSSフィード

ページトップへ