アトラス治療の説明と自然教室の下見に参加

2005.12.09 20:53|冬季休業中の日記
20051209202336.jpg
シャロムによくいらっしゃるI氏の治療院を訪ねました。
アメリカで特殊なカイロプラクティックの勉強をされた先生です。
カイロと聞くとボキボキッと音を立てて骨をいじるみたいなイメージがありますが、この方の推奨する方法を私なりの解釈で簡単に説明すると、第1頚椎(アトラス)の歪みを非常に微妙な力で調整することで背骨をまっすぐにし、体全てのバランスを取っていくということのようです。
レントゲンを4方向から撮って正確にアトラスの傾きやねじれなどを計算するのだそうです。

実際に治療にいらしていた方の体験談も聞けました。
2年前ラグビーで腰を痛めて、違うカイロの先生のところに行ったのだけど全然直らなくて、I氏の噂を聞き、アトラスを調整してもらったところ、最初は週2回来ていたのがだんだん回数を減らして今は3ヶ月に一度定期健診のような感じで来るだけで背骨がまっすぐに保てるのが自然になり、快調に過ごせるとか・・

私も自分の背骨や骨盤の歪みがずっと気になっていたので初回に受けなければならないレントゲンの予約をしてきました。

20051209202406.jpg
一通り説明を聞き終わったところで、皆で井の頭公園に移動し、今度はインタープリターのU氏が今度行う都会の自然教室の下見です。まだ紅葉がきれいに残っていて、木の洞に日本ミツバチの巣があったり、池に鴨がいたり都会にいる事を忘れさせてくれる場所でした。

そこで「鴨は足が寒くないの?」という質問にU氏は
「鴨の足はエアコンとかと同じ熱交換システムになっていて足の冷たさと体の温かさを中間地点で中和できるような仕組みになっているから足の冷たさは体には伝わらないので平気なんだ。」
と答えてくれました。
インタープリターとは自然と人間の通訳者のことなのです。

シャロムで出会った素敵な人々にシャロム外でも色々教えていただけて、私は幸せだなーと感じた一日でした。

テーマ:健康管理
ジャンル:ヘルス・ダイエット

Comment

それは僕も受けたいですね~!
ただ、僕の場合原因が右手首右足首にあるので(だれも気づいてくれませんが・・)どうなんかな~?

おっと・・・
素敵な出会いですね。

やもりさん、
連絡先は非公開にしてくれと言われているのでココではお伝えできませんが、今度やもりさんのとこにセッションしに行きますよー。その時に詳しく。

え!?
嬉しい、楽しみ、ワクワク♪
非公開コメント

プロフィール

 yoyo

Author: yoyo
元オーガニック系シェフ・現ヒプノセラピスト。食べ歩き、レシピ、山菜キノコ採取、お散歩、セラピー関連など、私の日々を綴ります。私がどんな人間か知っていただければ嬉しいです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

ツリーカテゴリー

リンク

トラックバック

キーワードで記事を検索!

私のレシピ本です

ピースフード―安曇野の大地からのレシピ ピースフード―安曇野の大地からのレシピ
シャロムヒュッテ (2005/08)
家の光協会
この商品の詳細を見る

FC2カウンター


Google自動翻訳

RSSフィード

ページトップへ