FC2ブログ

2019年8月死生観をシェアする会のレポート

皆のコラージュ8月

主催者の30代~70代主催者2人も含めて9人で、死について・生について話をします。
最初はコラージュ作成から。雑誌を切り抜いて大きな画用紙にペタペタ貼って行きます。
個性あふれる作品が出来上がります。死生観がテーマだけど、明るいイメージのものが多いのです。


コラージュ作成8月

へぇコラージュねぇくらいな気持ちで始めた参加者も、作成時間1時間すごく集中して夢中でチョキチョキペタペタしてしまうのが不思議なところ。


トークセッション用お部屋に移動。

まず「日々、死生観を意識して過ごしていますか?」という質問から。

・残される家族に迷惑かからないように断捨離とかしてる。
・なにも準備したくない。なにも残したくない。
・いつ死ぬかは分からないからやりたいことをやる。
・お墓も保険も断捨離も全部想定して準備しておきたい。
・今までは死ぬ準備をしたいと思っていたのだけど、先日父が他界してからはその気持ちが無くなった。せっせと準備しても、わがまま放題に生きても、結局死ぬ。
・死ぬ時は死ぬからあまり考えてない。


「身近な人が亡くなって、遠くに感じるようになるまでのタイミングと意味合いについて」

・去年亡くなった父の写真を見たら「誰だっけ?」と一瞬思った。
・父のことは早く忘れたい。きれいさっぱり。
・ひどい父だったので、正直他界してホッとした。見守っても欲しくない。
・父はきっと上の方にチューっと登って行って、またそこでもわがまま放題にしてると思う。見守るなんてできるはずもない。
・自死した母親への自戒の念が強かったが、ゲシュタルトセラピーで繰り返し向き合って何年かしてやっと自分の背後にニコニコしていてくれるイメージが浮かぶようになった。
・二年前に妻が他界した。生前入院中、電話をする時間に設定していたアラームはまだそのまま。時間になる度に携帯に写真が表示される。妻の名前で契約していたものの名義変更もまだできない。


「生きている内に手に入れたものは全て置いていくこと=死ですが、なにか一つだけ持って行けるとしたら、何がいい?

・生きている内に経験したことの記憶全て。
↑それって、「一つ」じゃなくて「全て」じゃん?とみんなからツッコミが・笑!
…で質問変更。

「一人だけ自分のことを覚えいてくれるとしたら誰がいい?」

・誰にも覚えていてほしくない(子供がいない参加者複数)
・特にいない
・娘
・息子(忘れ物が多いけど、ママの事だけは忘れないでっていつも言ってる)
・孫 孫ができてから感覚が変わった。
・こういう時血のつながりは濃いんだよね。
・今後ターゲット(覚えておいて欲しい)が変わる可能性もあるのか!


「義理父が末期ガン、余命わずかで自宅療養中。治療方針のことで家族は喧嘩ばかり。私は直接の家族ではないのであまり強く言えない立場。義理父は仲良くして欲しいという。誰のための命なのか、と思う。」

・義理母のケアが一番大事。
・兄弟のケアも。あとで自身を責めることになるかも。
・義理母に息抜きをさせてあげて欲しい。一泊旅行とか。
・ご病気のご本人、一緒に住んで実際にお世話をしている人の意見を最優先すべき。
・以前、父が自宅で心筋梗塞で倒れて救急搬送、一度心臓が止まった。その場ですぐにカテーテル手術を受けた。延命治療は望まないと本人に聞いていたけど、その場で決めなければならず、一度死んだと思ったので混乱していたし、とりあえずYESと言った。結果回復したからよかったのだけど、苦しみが長く続く結果になっていたら?もしNOと言って死んでしまったとしたら他の家族に責められた?


「死んだ後の世界ってどんな世界だと思う?」

・魂の帰るところというか元々魂が集まってエネルギーの柱のようになっているところがあると思う。そこに帰って、魂レベルでの仲間と生前の話をしたりして経験をシェアして、またそこから離れて生まれていく。
・細胞一つ一つの粒々のようにエネルギー体としてバラバラになって、いろんな人の粒々と交差して、寄り集まってまた新しい命になると思う。
・3つか4つの魂が寄り集まって人の魂は出来ていると聞いたことがある。人の多面性はそこから来るものだと。3つなら3つがバラバラになって、また他と組み合わさって生まれてくるのだと思う。
・死んでからは言語や国籍や宗教などは関係なく、動物とだって、話が出来ると思う。経験を共有できる。
・死後の世界は分からないけど、なんかしらある、と思う。あると思う方が楽しい。
・抽象的だけど、“光”というイメージ


その他色々な話が出たのだけれど、書き切れません。
将来、娘が自分のお葬式で読むとしたらという設定で涙を流しながら弔辞を読んでくれた方もいました。

あと、おもしろかった意見。
「死んだ家族が見守ってくれている、というけれど、生前はそんな性格ではなかったも人多いだろうし、死んだら急に“遠くから家族を見守る”という超人的な能力が身につくという設定になっているのはなぜなんだろう。」
ははは、確かにね。見守って欲しい人もいるし、欲しくない人もいるけれど、そもそもそんな能力が身につくのかしらね。


死生観8月 飲み会

そして飲み会へ。飲み会も全員参加でした。
お酒が入るとあんなことも聞いてみたり、こんなことも話してみたり。私は飲み会で聞いた話が一番びっくりしたかも!? ここでは内緒だけどね。

※この会は主催者の知り合い又は知り合いの紹介のみで参加募集しております。
次回開催日はまだ未定ですが、年内にもう一回開催すると思います。

Comment

非公開コメント

プロフィール

 yoyo

Author: yoyo
元オーガニック系シェフ・現ヒプノセラピスト。食べ歩き、レシピ、山菜キノコ採取、お散歩、セラピー関連など、私の日々を綴ります。私がどんな人間か知っていただければ嬉しいです。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

ツリーカテゴリー

リンク

トラックバック

キーワードで記事を検索!

私のレシピ本です

ピースフード―安曇野の大地からのレシピ ピースフード―安曇野の大地からのレシピ
シャロムヒュッテ (2005/08)
家の光協会
この商品の詳細を見る

FC2カウンター


Google自動翻訳

RSSフィード

ページトップへ