FC2ブログ

ゲシュタルト療法(ゲシュタルトセラピー)について

2018.01.25 08:57|セラピー関連
ゲシュタルト


TVで、とある漫画家の方の再現ドラマとして、
ゲシュタルト療法(ゲシュタルトセラピー)に触れる内容の放送があった影響で
お問い合わせ・お申込みをたくさんいただいております。

うちの場合には、セラピールームのお隣がバレエスタジオですので、
スタジオの空き時間、広い場所を使ってゲシュタルトセラピーを行っています。
なので、大声を出しても、激しく動き回っても大丈夫です。

ゲシュタルトを学び始めて6年目になっても、一言での説明は難しいのですが、
一つの問題に対してでも色々なスタイルのアプローチがあり、
座って話しているだけの時もあれば、
スタジオ中を歩き回る時もあれば、
座布団やクッションを激しく投げている時もあります。

クライアントさんの”今ここ”の感覚に寄り添い、
セラピストの”今ここ”の感覚にも気づきながら、
その場その場で沸き上がってくる違うスタイルで行うのです。

性格・いつもの傾向を分析するのではなく
”今ここ”の心・体の感覚に湧き上がってくることに焦点をあてます。

グループセッションと個人セッションでは、味わいが違います。
現時点では個人セッションしかお受けしていませんが、
何人かでお申込みいただければ、グループでのセッションも可能です。

日本ではゲシュタルトセラピーはマイナーな存在で、
色々なセラピーを試した方が最後に行きつくところ、
というイメージを私は持っていました。

それはその方法論が最終手段という意味ではなくて、
情報が少なくて、よっぽど探し回った人でないと見つけられなかった、というシンプルな意味です。

どのようなセラピー・カウンセリングでも
一回だけで、「よし!スッキリ!」となることは万に一つの割合です。
今のご自分にはどんなセラピーが合っているのか、
色々なセラピーを何度も受けて、ご自身の変化を観察していただきたいです。

その選択肢の一つとして、ゲシュタルトセラピーがあることを
皆さんに知っていただくきっかけをいただいたことに感謝しております。

テーマ:心と身体
ジャンル:心と身体

Comment

非公開コメント

プロフィール

 yoyo

Author: yoyo
元オーガニック系シェフ・現ヒプノセラピスト。食べ歩き、レシピ、山菜キノコ採取、お散歩、セラピー関連など、私の日々を綴ります。私がどんな人間か知っていただければ嬉しいです。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

ツリーカテゴリー

リンク

トラックバック

キーワードで記事を検索!

私のレシピ本です

ピースフード―安曇野の大地からのレシピ ピースフード―安曇野の大地からのレシピ
シャロムヒュッテ (2005/08)
家の光協会
この商品の詳細を見る

FC2カウンター


Google自動翻訳

RSSフィード

ページトップへ