FC2ブログ

死生観をシェアする会・2回目の感想です

昨日の死生観をシェアする会にご参加下さった方々に感想を書いていただきました。
静かに動く充実した会でした。


えいこさん 54才
ナンナさんに誘われて、これまであまり真剣に考えたことはなかったが、試しに出てみよう位の軽い気持ちで参加してみた。コラージュをするのは10年ぶり?でしたが、写真を探すときに頭の中で、なぜその写真を選ぶのかという意味を考えながらの作業だったので、自分の死に対するイメージが少し明確になった。死について語り合うのは酒席でふざけてという場を除いて初めてだったのではないか?皆の考え方が違うようでいながら根底にあるものは通じているようでもあり、興味深かったです。グリーフケアのように身近な人を亡くした方々の語り合いではなく、漠然とした、死について何でもありな感じで意見を交換する場は少ないと思います。不定期でも続けていただきたいです。

くろうさぎさん 51才
「生きる」とは何か?その意味について前々から知りたいと思っていたので参加しました。コラージュは思うままに自然に出来上がっていたのでとても良い作業でした。自然のエネルギーの流れ魂の流れのようなものが出来ました。今回のトークセッションのように「死」や「生」についてこのようなきちんとした形で長時間話し合う機会はなかったので、本当に貴重なお話をうかがうことが出来て、大変有意義でした。次回も参加したいです。

??さん 49才
子供のころから死について考えていたので参加しました。コラージュ用に用意してもらった雑誌の中で、なにか気になる写真がパッと見つかって楽しく作れました。トークセッションでは色々な人の考えを聞くことで考え方がやわらかくなり、生きやすくなる気がします。この会は人の意見を否定しないという姿勢が大変すばらしい。

ライフさん 44才
妻から紹介をうけて、以前から参加したいと思っていました。コラージュはとても楽しく作成できました。後のトークセッションとコラージュがリンクしていって、コラージュがとても意味深いものになりました。トークセッションではメンバーそれぞれの意見や価値観、経験をシェアし合うことで、新しい気付きを得たり、気持ちをわかちあったりすることができました。

ミサさん 37才
いつも死について考えていて、それは人生の一部なのでうまく付き合いたいと思ったから、&以前も参加して楽しかったからまた参加しました。コラージュ作成では、自分の中で限られた時間をちゃんと楽しむ覚悟が出来始めたように思えました。実際に臨終の場面に立ち会う専門家や最近親しい方を亡くされた方々もいらして、すごくリアルで興味深かったです。人は生かされていて、生き切ることが大事なので、私もちゃんと生きることに向き合おうと気持ちを新たにすることが出来ました。うつでも楽しく生きます。

まりぴょん 36才
自分の死生観に一度向き合ってみたいと思ったから参加しました。自分ひとりだとどう向き合えば良いか分からないのと、考えがかたよりそうだと思いましたが、色々な人と会話できて良かったです。コラージュは思ったよりスッと出来ました。あまりネガティブなイメージが出て来なくて安心しました。他の方のイメージを見ると自分の考えが広がったりして興味深かったです。自分は他の人よりつながりや時間のかんかくが少ないと思いました。トークセッションではやっぱり色々な人の考えを聞くことは他の人に思いやりをもつことを思い出させてくれると思いました。

Comment

非公開コメント

プロフィール

 yoyo

Author: yoyo
元オーガニック系シェフ・現ヒプノセラピスト。食べ歩き、レシピ、山菜キノコ採取、お散歩、セラピー関連など、私の日々を綴ります。私がどんな人間か知っていただければ嬉しいです。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

ツリーカテゴリー

リンク

トラックバック

キーワードで記事を検索!

私のレシピ本です

ピースフード―安曇野の大地からのレシピ ピースフード―安曇野の大地からのレシピ
シャロムヒュッテ (2005/08)
家の光協会
この商品の詳細を見る

FC2カウンター


Google自動翻訳

RSSフィード

ページトップへ