秘湯を守る会 出湯温泉 清廣館@新潟県阿賀野市

2014.10.23 14:58|国内旅行記
清廣館室内

最後の日の宿泊はラジウム泉の湧く出湯温泉 清廣館です。
小さな温泉宿がいくつもあるうちの一つでした。

300年以上の歴史がある旅館で、現在の建物は80年ほど経っているとのこと。
良いお部屋に案内していただいたようでとっても広い!

いくつも引き戸があるので、気になって開けてみています。

疲れ切っていたので、居心地の良いお部屋がありがたかったです。


清廣館内湯

露天はなく内湯のみです。
環境保全に取り組んでいるので、
無駄にお湯を汲み上げることはぜずにカバーをかけて保温しています。


清廣館夕飯

こちらのおかみさんもキノコ好きとのことで、
夕飯には天然キノコが何種類も出ました。


清廣館お米

旅館には珍しい五分搗き米です。


清廣館朝食

朝食もたっぷり。


鴨の種類

かえりがけ、白鳥が来ているという瓢湖に立ち寄りました。
お昼間は白鳥はお出かけしているらしく少ししかいませんでしたが、
たくさんの種類の鴨などがいて見比べることができました。

テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/10/24 09:20)

阿賀野市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
プロフィール

 yoyo

Author: yoyo
元オーガニック系シェフ・現ヒプノセラピスト。食べ歩き、レシピ、山菜キノコ採取、お散歩、セラピー関連など、私の日々を綴ります。私がどんな人間か知っていただければ嬉しいです。

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

ツリーカテゴリー

リンク

トラックバック

キーワードで記事を検索!

私のレシピ本です

ピースフード―安曇野の大地からのレシピ ピースフード―安曇野の大地からのレシピ
シャロムヒュッテ (2005/08)
家の光協会
この商品の詳細を見る

FC2カウンター


Google自動翻訳

RSSフィード

ページトップへ