秘湯を守る会 姥湯温泉枡形屋@山形県米沢市

2014.10.21 09:34|国内旅行記
姥湯入口

姥湯温泉 枡形屋は本当に秘湯ですね。
途中の林道も最近整備されて行き交える場所ができたそうですが、最近まではスィッチバックしなければならなかったそうです。
駐車場に着いてもお宿までは急坂を歩いて登らなければ行けません。

姥湯室内

数年前に改築されたとのことで館内外はとてもきれいです。
各部屋にウォシュレット付きトイレもあります。


姥湯露天

圧巻の露天風呂は3つあり、時間によって混浴と女性専用が入れ替わります。
酸っぱいくらいにpHが低くてツルツルになりました。


姥湯夕飯

夕飯はお膳で運ばれてきてお部屋食です。
鯉こく、米沢牛などが出ます。


姥湯朝食

朝食は宿泊人数によってお部屋食の場合と一階の食堂の場合があるようです。
こんな秘湯で材料用意するだけでも大変そう。


コースアウト

近くに薬師の森という軽いコースがあり、そのまま滑川温泉まで山の中を歩いて降りる道もあって3時間半~4時間くらいだと聞いて歩いてみることにしました。

盛り上げられたような小高い場所を発見して落差の激しい風景を楽しんだりしていましたが、じつはこの時激しくコースアウトしていました。
途中の看板が欠けていて道を間違えたのです。
思いがけず1時間以上もロスしてしまいました。


峠駅

やっと滑川温泉にたどり着いきましたが、ここから姥湯まで歩いて戻るとさらに90分。
お腹が空いたmy partnerがショートカットして登り、車を取って来てくれました。
疲れた私のゆっくりな歩みでは我慢しきれなかったようです。

車で峠駅まで降りてみました。
鉄道マニアの方には人気の駅らしいですね。


ミックス餅

お茶屋さんでミックス餅をいただいて、
少し元気が出ました。


水が冷たい

次の日には滑川大滝まで歩いてみました。
滑川温泉に車をとめて、展望所まで20分、そこから渡渉(川を歩いて渡ること)40分と看板に書いてありました。
展望所までは何人かの人と行き交いましたが、そこからは結構な難所でした。

台風の後なので増水していて結構危ないし、水はとっても冷たくてツラい。


滑川大滝

やっとの思いでたどり着いた滑川大滝はそれはそれは素晴らしい大きな滝でした。

テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント

プロフィール

 yoyo

Author: yoyo
元オーガニック系シェフ・現ヒプノセラピスト。食べ歩き、レシピ、山菜キノコ採取、お散歩、セラピー関連など、私の日々を綴ります。私がどんな人間か知っていただければ嬉しいです。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

ツリーカテゴリー

リンク

トラックバック

キーワードで記事を検索!

私のレシピ本です

ピースフード―安曇野の大地からのレシピ ピースフード―安曇野の大地からのレシピ
シャロムヒュッテ (2005/08)
家の光協会
この商品の詳細を見る

FC2カウンター


Google自動翻訳

RSSフィード

ページトップへ