去年に続き、富士山で松茸採り 

2013.09.26 14:28|山菜・きのこ・木の実採集
巨大マツタケ

去年に続き、富士山でマツタケ採りです。
地元名人ともう一人のお仲間と3人で夜の森に入りました。
ヘッドライトだけを頼りに5時間ほど歩き回ります。

地面がほんの少しモコッとしている、押してみる、そこにマツタケがあると言って掘ってみる、本当にある!
私には全然分かりません。修行が足りません。

頭を出しているマツタケでさえも見逃してしまいます。
悔しい… 


マツタケモドキ

この辺見ててくださいねーと放置されている間、
真っ暗な森に一人でいるわけですが、
夢中でキノコ探しているし怖い気持ちにはなりません。

唯一見つけられたのはマツタケモドキ(食)。
そっくりだけど香りが無い。


ショウゲンジ

一度森を出て車で仮眠し、朝方もう一度ポイントを変えて森に入ります。

今度はショウゲンジ(食)がもうそこらじゅうに生えています。
かつてないほどの発生量だそうです。
ベストな状態のものだけを採りましたがすぐにずっしりと重くなり、もう2㎏くらいかも。
まだまだあるけどもう要りません。


キノコの上にキノコ

ショウゲンジの上にミニミニショウゲンジが乗っかっていました。


ハナイグチ富士山

ハナイグチ(食)もいくらでも採れそうでしたが、まだ冷凍が残っているので人にあげる分だけにしました。


オニナラタケ


オニナラタケ(食)も素晴らしい状態で大量でした。


オオモミタケ

次のポイントに移動。

オオモミタケ(食)もマツタケに似ています。
とうとう見つけてしまったかと思いましたが、やはり香りがしない。


クロカワ

クロカワ(食)はたくさんありました。

ケロウジ

ケロウジ(食不適)コウタケに似ているけど違う。


ヤマドリタケ

ヤマドリタケ(食)和製ポルチーニ。

食感・形はポルチーニにそっくり。
香りはヤマドリタケモドキの方が濃くてポルチーニに近いかも。


原生林

こんな原生林を歩きました。
ふわふわの苔の上を歩くだけでも楽しいですよ。


洗い上げたキノコ

計10時間歩いて、目はまだ探し回りたいのだけど、足が限界。

ほっぺたを叩きながら運転してなんとか眠らずに家に帰りつきました。

半分近くは近所のレストランに半ば押し付けるようにもらってもらい、
残りを洗いあげ、美しさに惚れ惚れ。

やっと眠れる!と安堵しました。

富士山の某名人とその相棒さん、ありがとうございました。
来年もがんばって歩きますのでまた連れて行ってくださいね。

テーマ:きのこキノコ茸
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

こんばんは。

お疲れさんでした。

よく歩きましたが、マツタケに出会えなくて残念でした。
これに懲りず、また頑張ってきださい。

No title

BBhouseさん、

ありがとうございました。
自分でマツタケを発見出来なくても経験値は上がっているはずなんです。
来年こそは!
非公開コメント

プロフィール

 yoyo

Author: yoyo
元オーガニック系シェフ・現ヒプノセラピスト。食べ歩き、レシピ、山菜キノコ採取、お散歩、セラピー関連など、私の日々を綴ります。私がどんな人間か知っていただければ嬉しいです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

ツリーカテゴリー

リンク

トラックバック

キーワードで記事を検索!

私のレシピ本です

ピースフード―安曇野の大地からのレシピ ピースフード―安曇野の大地からのレシピ
シャロムヒュッテ (2005/08)
家の光協会
この商品の詳細を見る

FC2カウンター


Google自動翻訳

RSSフィード

ページトップへ