泣ける映画を観て気付いたこと

2012.10.30 00:26|セラピー関連
photo31.jpg

映画「ツナグ」を観て来ました。

混んでいて、後方の席は埋まっている状態でした。

泣けるシーンが何カ所かあって、すすり泣きが聞こえてきて、
私も泣いちゃったりしました。

で、気付いたのですが、
右隣の人は私より数分早く泣き出して、
左隣の人は数分遅く泣き出すのです。

泣き止むのも右隣、私、左隣の順番です。
泣き具合は同じくらい。

感受性の感度だけじゃなく、
浸透速度みたいなものがあるのだなぁ。

ヒプノセラピーをやっていると
クライアントによって、
何かに気付いてから感情が動くまでにかかる時間がマチマチなのです。

映画を観ている時の感受性とそのスピードも人それぞれだなぁと気付いたのでした。

テーマ:セラピー&ヒーリング
ジャンル:心と身体

Comment

非公開コメント

プロフィール

 yoyo

Author: yoyo
元オーガニック系シェフ・現ヒプノセラピスト。食べ歩き、レシピ、山菜キノコ採取、お散歩、セラピー関連など、私の日々を綴ります。私がどんな人間か知っていただければ嬉しいです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

ツリーカテゴリー

リンク

トラックバック

キーワードで記事を検索!

私のレシピ本です

ピースフード―安曇野の大地からのレシピ ピースフード―安曇野の大地からのレシピ
シャロムヒュッテ (2005/08)
家の光協会
この商品の詳細を見る

FC2カウンター


Google自動翻訳

RSSフィード

ページトップへ