ギンリュウソウ&モリアオガエルの卵@鎌池

2012.07.15 22:05|休日の過ごし方
鎌池

あいにくの雨だった中日。
小ぶりになった隙に小谷まで車で出かけてみました。

ちょうど雨があがったので、
鎌池周囲を巡る遊歩道を歩いてみました。

ブナの森にかこまれた鬱蒼としたところです。


ギンリュウソウ

ギンリュウソウがあちこちに群生していました。
ギンリュウソウ祭開催中!と言っても過言ではないほどに。

雨の合間だからちょうどニョキニョキ生えたのでしょう。


双子のギンリュウソウ

透明感があってなんとも綺麗。
はかないようなコワいような美しさ。
こんなにたくさん見たのは初めてでした。


モリアオガエルの卵

コースの途中にぶら下がっていたのは
モリアオガエルの卵。(たぶん)

子供の頭ほどの大きさ。
こんなに一匹のカエルが生むの?
カエル自体は5cm~7cmほどの大きさのはず。

スライム状で気持ち悪いものです。

モリアオガエルの卵アップ

下から見ると卵が見え隠れしています。

樹上で生活をするモリアオガエルは
池の上に垂れる枝に泡で包んだ卵を生みつけて、
オタマジャクシになると下に落ちるのですって。

そしてまた大人になると木に登るんだそうな。

テーマ:散策・自然観察
ジャンル:趣味・実用

Comment

非公開コメント

プロフィール

 yoyo

Author: yoyo
元オーガニック系シェフ・現ヒプノセラピスト。食べ歩き、レシピ、山菜キノコ採取、お散歩、セラピー関連など、私の日々を綴ります。私がどんな人間か知っていただければ嬉しいです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

ツリーカテゴリー

リンク

トラックバック

キーワードで記事を検索!

私のレシピ本です

ピースフード―安曇野の大地からのレシピ ピースフード―安曇野の大地からのレシピ
シャロムヒュッテ (2005/08)
家の光協会
この商品の詳細を見る

FC2カウンター


Google自動翻訳

RSSフィード

ページトップへ