FC2ブログ

2018年11月 死生観をシェアする会のレポート

2018-11死生観お菓子


昨日開催した死生観をシェアする会についてのレポートです。
お菓子はアップルパイ、いちじく赤ワイン煮のゼリー、米粉のクッキー、ナッツのクッキー。
全て植物性で手作りしております。

参加者4人と主催者2人で死生観をシェアします。
6人~7人を定員としていますが、今回は少なめ。
参加者に話をしてもらいたいわけですから、
参加人数が多い場合、主催者は進行のみになって話を控えますが
今回は主催者の私達もたくさん話を出来ました。

コラージュ作成
最初は死生観をテーマにしたコラージュ作成。

2018-11 コラージュ

仕上がり良い感じです。
みんな自由に作っているのがよく分かりますよね。
私自身も楽に・こだわり過ぎず・力入れ過ぎず、作れたと思います。



そして、トークセッション突入。

事前にいただいているみんなへの質問をテーマとして進めていくはずが脱線続きとなりました。
人数が少なめでなんとなく安心できる顔ぶれだったから、それをOKとする雰囲気に。


まずは自宅での看取りについて。
自宅で最期を迎えたいと希望する人は6割いるにも関わらず、希望が叶うのは1割程度になっているそうです。

・死期が近付いた人のケアとして、身体的・社会的・精神的な苦痛を解消する必要がある。特に精神的な部分はまだまだ体制が十分でない。
・TV番組で自宅での看取りのドキュメンタリーをやっていたが和やかなやさしい雰囲気の作りだった。
・高齢化により病院で看取る人数のキャパ越えが見込まれるため、政府としても自宅での看取りを推奨していくだろう。
・自分の両親を自宅で看取るのは苦痛でしかない。
・死に逝く本人のイメージと家族など看取る側のイメージの乖離。
・必要な機材や医療との連携・下の世話・家族側のスケジュール管理など面倒な事実も報道して欲しい。
・本人の希望を聞くこと、死を目前にしてからでは判断力が弱っているので難しい。


続いて、死後のお話。

・日本では身近にあるイメージ。死んだらあの山に行くetc.
・肉体と魂、両方あると思うけど、死後の魂の話をするとスピリチュアル過ぎた人と言われてしまう。
・追善供養なんて大きなお世話。生前の善業が足りないかどうかなんて放っておいて欲しい。
・戒名etc.とても一般的に行われているけれど、お金儲けのために出来た制度だと思う。
・葬式は要らないというような内容の本の著者のところにはその業界の方々から苦情が殺到したらしい。
・死というものは誰も経験できない。
・死後48時間は焼いてはいけないらしい。
・火葬場は足りなくて1週間待ちはザラ。
・新しい火葬場を作ろうとすると地域住民の反対運動がおこる。


エンディングノートについて

・準備してある。時々内容を書き換えている。家族の見える場所に置いてある。
・銀行の暗証番号なども書いてあるのなら、人目につかないところに置くべき?
・買ってはあるけど書き込んでない。
・70代の両親に渡したけど、書き込むのは結構な労力が必要で、集中力が持たないようだ。
・夫は65才。早めにエンディングノート書いてもらわなくちゃ!
・死んだら連絡して欲しい人を書き出せば、本当に今付き合いたい人も分かってくるはず。


具体的な終活について

・日本尊厳死協会の会員に夫婦でなっている。
・モノを持たないようにする。
・ガンになって断捨離をした。モノも。人も。会いたくないのに何となく時間割いたりはしない。
・PCの中も整理する。
・年賀状やめました。
・お墓買いました。
・夫の家系のお墓を守るのは最終的に外国人の義弟かもしれない


生きたいと思ったのはどんな時の話だったはずだけど、脱線につぐ脱線。

・両親が死んだ時自分は仕事に忙しく、何も出来なかった。やり残した感覚。今は死に向き合う人達を支えるために行きたい。
・10代で母親が出て行ったことなど、やり切れない思いがたくさんあって、その負のエネルギーを生きることに充ててる。
・父親のことがキライ過ぎて、子供の頃から漠然と死にたいと思ってきた。父親が老いてきて弱くなり、生きてもいいかなと思える時がある。
・生きたいと思えたことがない。
・長いこと母親には会っていないし消息も分からない。確執は残ったまま。連絡が来るとしたら死んだ時?
・両親と同居。毎日向き合ってるのはイヤだけど、終わった時にはやり切ったと思えるってことなの?
・私にひどい仕打ちをした親戚の葬儀で、何があったか母に話したのに軽んじられた。その時から母との距離を置けるようになった。
・病気になって小さくなった母親をみて、恨む相手ではなくなったと感じたと同時に、間に合った!と思った。

2018-11 死生観飲み会


書くことは尽きないけれど、このくらいにしておきましょう。
そのまま終了後は飲み会に流れて、まだまだ話は続きました。
女子だけになりましたし、乳ガンの話、性の話、恋の話なんかもね。

次回は3月頃かな。ゆるゆる開催したいと思います。
人数少な目も良かったな~

2018年11月 死生観をシェアする会の感想

昨日開催した死生観をシェアする会の感想を書いていただきました。
ありがとうございます。

??さん 51才
いつも参加しています。コラージュはあまり考えず、手を動かしてみました。トークセッションは脱線が多くて面白かったです。毎回メンバーによって内容が違うので面白いです。

福チャンさん 77才
生きること死ぬことを話し合える場なので参加しました。コラージュ作成は自分と向き合う機会になりました。トークセッションは素直な話し合いが出来て素晴らしい!!と思いました。

もみじさん 53才
みなさんの「死生観」を聞いてみたかったです。そして自分のことをアウトプットし改めて振り返る・掘り下げることが出来ればと思い参加しました。コラージュでは、何も考えずに何となくトライしてみたのですがいつも頭に描いていた“死”のイメージが表現できた結果となり驚きました。トークセッションでは初めてお会いする方達とどこまでシェア出来るのか不安でしたが、とても深いところまでふれることが出来て感動でした。“今とこれから”の時間をどう過ごしていくか迷いがすっかり消えた気がします。貴重な時間をありがとうございました。

たまさん 47才
“死生観”だけをテーマに誰かと話したことはなかったので参加してみました。コラージュは未完成…です。トークセッションでは他の人の話を聞けて、自分の中も整理出来ました。何のしがらみもない人達が集まり、良い出会いの場だと思いました。
プロフィール

 yoyo

Author: yoyo
元オーガニック系シェフ・現ヒプノセラピスト。食べ歩き、レシピ、山菜キノコ採取、お散歩、セラピー関連など、私の日々を綴ります。私がどんな人間か知っていただければ嬉しいです。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

ツリーカテゴリー

リンク

トラックバック

キーワードで記事を検索!

私のレシピ本です

ピースフード―安曇野の大地からのレシピ ピースフード―安曇野の大地からのレシピ
シャロムヒュッテ (2005/08)
家の光協会
この商品の詳細を見る

FC2カウンター


Google自動翻訳

RSSフィード

ページトップへ