エチオピア料理店で生肉

エチオピア料理

先週だったか、クラスメイトのシェースプリが
エチオピア料理店を見つけた!と言っていたので、
今日のランチに連れて行ってもらいました。

シェースプリはエチオピア料理を何度も
食べたことがあるみたいなのですが、私は初めて。

この私が予想もつかない料理に出会うことは久しぶりで
とってもワクワクしました。

主食は下にひいてあるクレープ状のもの。
他にもクレープは別盛りでついてきます。
テフという植物とそば粉とあと何かを合わせて
3日間発酵させてから焼くのだそうな。
けっこう酸っぱいんですよ。

そして、左においてあるのは生牛肉の漬けたもの。
これが結構たっぷりで250gくらいあった。
おいしいのだけど、(私とシェースプリにはおいしい)
すごい量の生肉の固まりを食べるのはちょっと大変で、
1/3くらい残してしまいました。

他に乗っているカレーっぽいようなものもとっても不思議な味。
スパイスや調味料がなんなのか言い当てることなんて全く出来ません。

おいしいかどうかは人によると思うけれど、
かなり面白くて興味深い料理でした。
もう一回行ってみようかな。

テーマ:こんなのがあったなんて!!
ジャンル:グルメ

休日にDavidセッションを受けました。

Davidセッション

4日間のお休みのハイライトとして私と敏子ちゃんは
David Quigley氏のセッションを受けました。

個人的な内容については書きませんが、
お互いのセッションに同席させてもらって、
ぞれぞれに学んだことがありました。
うおぉぉ!さすが・David!と思うようなところがチラホラと。

期待以上に感銘を受けて、録音を聞き返したりしています。

とにかく、たまった感情をを出さないと癒されない!
感情は体にたまっているかも!それが病気に発展しているかも!
自分の中から出てきてるものは無視したりどっかにやったりできない!

ヒントはこれくらいですよ。

これらの前半に学んだことを踏まえて、
明日からの更に難しい専門分野を勉強します。

ここまでにアメリカ人のクラスメイトで脱落した人も数人。
テストをパスできずに再試になった人も数人。
本当に難しいんだよーーー

だから2回目・3回目を受けに来ている人もいるのです。

英語のディスアドヴァンテージはあれど、
私達は優等生だ!と思う。
だって遅れをとってるおじさんたちに教えてあげてるもんね。


ターキー

これは近所のナショナルパークでみたターキーの親子。
これについていったのが運のつき。
道を間違えて長く歩くことになってしまった上に
サングラスを落とした・・・

ブラックベリー

ホテルからすぐそばでお散歩していたら、
ブラックベリーが生えていたので食べながら進みました。
品の良い高級住宅街となっております。

テーマ:セラピー&ヒーリング
ジャンル:心と身体

英語でのセッションにトライ

今週から日本人は私と敏子ちゃんだけになりました。
英語についてヘルプする必要もなく、
ヘルプしてくれる人もいないわけです。

実践練習ではネイティブスピーカーの中に入れられてしまう羽目に・・・。

自分がクライアント役をやる分には問題ないのですが、
他の生徒にセラピスト役をやれと言われて、
いずれは通らねばならぬ道・・・と思いやってみました。
結果見事最初の1/3で玉砕。

催眠下ではモゴモゴいうので聞き取れず、
他の生徒がささやいてくれるのも聞き取れず、
昨日の晩はとっても落ち込んでいました。

そして今日はティーチングアシスタントのマイケルに
英語でセラピスト役をする約束になっていたので、
ものすごーく緊張してそわそわしていました。

結果、やり始めてみたら
案外とスラスラ言葉が出てきて、
最後まで遣り通すことが出来ました。
マイケルはやさしくゆっくりしゃべってくれたことは事実ですが、
この成功は私にとっても自信を与えてくれました。

「自分は本番に強い!」ってね。

英語で授業を受けることの難しさや
通訳することの加重や
とても無理だと思っていた英語でのセラピスト役

これらを通してヒプノセラピーの技術とは
違う面でのなにかを学んでいると思います。

テーマ:セラピー&ヒーリング
ジャンル:心と身体

胎児は語る 子宮は胎児のゆりかご

2010.07.20 00:19|セラピー関連
胎児は語る―子宮は魂のゆりかご胎児は語る―子宮は魂のゆりかご
(1994/08)
マイケル ゲイブリエルM. ゲイブリエル

商品詳細を見る


クラスで先週までご一緒させていただいたyokoさんが
翻訳された本です。早速amazonで注文してみます。

レビュー抜粋:
本書はタイトルが不適切で、どうも胎教の本と勘違いされてしまうようだ。実際は、カリフォルニア州で催眠療法士として活躍している著者が扱った数千人の人たちのケースから50人ほどを選んで、胎児期や誕生時の体験がいかにその後の人生に大きな影響をあたえるかを実際のケーススタディを通して示している本・・・
・・・。催眠療法はそうした記憶を意識の表面に引き上げて、大人の目で胎児期の体験を見直し、理解し、親を赦し、自分を癒すプロセスだ。心身上の問題の原因が胎児期にある場合があることを示す本書の内容は非常に興味深い。ケーススタディは会話形式で読みやすく、一般向けに書かれている。

ヒプノセラピーをしていて、胎児期のトラウマにぶち当たったことは
何度もあります。そしてそれがとっても大事なことも
よくわかっているつもり。。。
読むのが楽しみです。

テーマ:癒し・ヒーリング
ジャンル:心と身体

週末や海へ山へ

子供と遊ぶマイケル

この土・日はお休みなのでお出かけです。
土曜日はクラスメイトのマイケル・スコット・カルロスと
アシスタントのベネッサと子供たちも一緒に
DillonBeachに行きました。

マイケルは何時間も子供たちと本気で遊んで砂だらけ。

凧 カルロス

マイケルも私と敏ちゃんもギブアップした凧揚げに
必死になっているカルロス。

揚がりそうで揚がらない具合が拷問だ!とか
みんなで言って疲れてしまいました。
一番がんばったカルロスは夕飯を食べずに
帰ってしまうほどに疲れてておかしかったです。

stevenson park

日曜日はサンタローザから一時間ほど車で走った
カリストガの町の外れにあるRobart Luis Stevenson parkへ。
日差しがとっても強く、暑い日でした。
素晴らしい景色なのですが、
昨日の海ですでに日焼けしてしまっていたので、
顔が痛くてあまり歩きたくなくなってしまいました。

カルネロス

帰りがけにナパでワインテイスティング。
ドメーヌ・カルネロスではテラス席で
葡萄畑を見下ろしながらゆっくりと試飲が出来て
チーズやサーモンなんかもオーダーできるので
くつろげました。
スパークリングが売りのワイナリーで、
ロゼのスパークリングが気に入ったので夕飯用に買いました。

こんなに週末で日焼けするとは・・・
30オーバーの私達のすることではありません(汗)

テーマ:アメリカ生活
ジャンル:海外情報

コースの前半が終了。

前半ラスト

コースの前半が終了し、何人かはお別れです。
私達と一緒に来た宮井氏も今日で最後。

英語があまり出来ない彼をサポートするためにほとんどの期間
通訳をしていましたが、ネイティブスピーカーでも
ついていくのがやっとなほどのスピードで授業が進むので、
通訳する暇が無いことも多く、もちろん分からなかった部分もあり、
申し訳ない気持ちや焦る気持ちでいっぱいになり、
泣いてしまったこともありました。

感情をクリアにするワークをいっぱいやっていたので、
感情的になっていたのも要因だと思います。

そんな私を見て、
一番左に写っているもう一人の日本人yokoさんが
通訳を代わってくれました。
30年以上アメリカに住んでいて、英語は完璧。
セラピストとしても大先輩のyokoさんには
とってもお世話になりました。
ありがとうございます。

来週から彼女無しで、分からなかったところを
聞き直すことが出来ないのでちょっと不安。

アルケミーのトップアシスタントのザンドリアは
ずっと私達を担当してくれました。
やさしくて、経験・アイディア豊富な彼女から
たくさん学びました。ありがとうございます。

シーフード

夜は宮井氏をサンフランシスコまで車で送り、
フィッシャーマンズワーフでシーフードをご馳走してもらいました。
今度はおいしいお店に当たってラッキーでした。
前回サンフランシスコに来たときは、
寒いし、バスは臭いし、シーフードの鮮度は悪いしで
危うくサンフランシスコを嫌いになりかけていたけど、
今日はおいしいものを食べてちょっとほっこりしています。

テーマ:セラピー&ヒーリング
ジャンル:心と身体

今日はテスト

ヒプノ留学ももう何日目になるのかしら・・・

授業が詰め込み詰め込みでカケラの余裕も無く、
夜になると頭が疲れてすぐ眠くなるという日々が続いております。

アルケミー・インスティチュートでは、
最初の100時間の授業が最も大事とされていて、
そろそろその100時間が終わろうとしているので
今日はテストでした。

みんな個々に勉強会をやったりして、真剣に挑みます。
私達は言語的なハンデがあるので更に緊張。

なんとか約二時間かけてテストが終わって部屋を出ると、
とーっても疲れてしまってヘロヘロでした。

その後の授業では何度もスイッチが切れそうになるのを
なんとかがんばって受けました。

テーマ:セラピー&ヒーリング
ジャンル:心と身体

サンフランシスコヘ

サンフランシスコ

昨日はお休みなので車でサンフランシスコへ。
土曜日だけど、そんなに人出は多くありませんでした。

まずはパタゴニアでアウトドア用のインナーをゲット。
こっちで買うと安いし、朝晩寒いので良いインナーが欲しかったから。


飲茶

チャイナタウンへ行って飲茶を食べました。
もっと飲茶のお店がいっぱいあると思ったのですが、
意外と見つけるまでにウロウロしてしまいました。


カストロストリート

ゲイムーヴメントが盛んなカストロストリートまではバスで。
確かにゲイっぽい人はいっぱいいたけれど、
なんだかちゃんと満喫できてない気がする・・・

フィッシャーマンズワーフまでバスで出たのですが、
間違えて反対向きに乗ってしまったりして、
なんだかんだで一時間くらい乗る羽目に。

バスは一日2ドルで乗り返し放題で、その点は素晴らしいのだけど、
たいていはクサイ。
香水のキツイ人の匂いや、路上生活者の体臭、
中でファーストフードを食べてる匂いなどなど、
ちょっと気持ち悪くなってしまいました。

余裕のある方はタクシーを使うことをおすすめします。

その後、フィッシャーマンズワーフで頼んだムール貝の
鮮度が悪くてまたしても気分が悪くなりました。

サンフランシスコに一日いてみて思ったこと。
いろんな人種がいるけれど、それぞれがあんまり関わりあってないかも。
すごくお金を出せば違うかもしれないけど、
食べ物の質はアメリカのイメージそのまま。
私の良く知っているシドニーとは全然違うなぁ。
どこが違うってのはハッキリ言えないけど。

少し田舎のサンタローザの方が、
きれいで、人もやさしいし、必要なものは買えるし、
住みやすくて好きだな。

テーマ:アメリカ生活
ジャンル:海外情報

ハイキング with アルケミスト

ワイナリー

今日は授業はお休み。
Davidと生徒の何人かでハイキングに行きました。

最初はKORBELというスパークリングワインのワイナリーでテイスティング。
思いのほかおいしくて、一本お土産に買いました。
るんぱちゃん、楽しみにしててね。


レッドツリー

その後、アームストロングレッドウッドステートパークへ。
大きい木がいっぱいで気持ちの良いところ。
ワイワイと騒ぎながら歩きます。

オンステージ

奥のほうにステージが作ってあって、Davidが歌い始めました。
相変わらずスゴイパワーだ。


車

二台の車で行ったのですが、私はこのMichaelの車に乗せてもらいました。
'73 Oldmobile Delta 88 コンバーチブル。
かなりかっこいい車で快適でした。 

テーマ:旅行、旅、ドライブ
ジャンル:旅行

シリアスなアルケミーの先生達

シリアスな先生達

アルケミーでの授業はすごいスピードで進んで、内容も濃い。
合間の15分間のブレイク中にも先生達は次はこうだ・ああだ
と真剣に話し合っています。

日本でDavidの授業を受けたことがある方は想像がつくかもしれない。
日本での授業の通訳の部分がなくなるのだから、
倍以上の詰め込みようなんですよ。

この一ヶ月の間に授業の一環として、Davidかアシスタントの
セッションを二回受けなくてはいけないのですが、
一回はDavidから受けるとして、もう一人をどうしようかと
選んでいたら、写真のDavidの隣に写っているMichaelに
交換セッションをしようと言われてしまいました。

「英語で?」もちろんそうですよね・・・

受けるほうはいいんだけど、セラピスト役をやる方の英語に自信がない。
でもいい機会だからやってみるしかないな・・・。


マーケット ターキー

授業が終わった後に街をブラブラしていたら、
ダウンダウンマーケットというのをやっていました。
サンタローザはそんなに人の多い街ではないのに
マーケットには人がたくさんいて、活気がありました。
上の写真はターキーレッグのBBQ。

マーケット パン

かわいらしいパン屋のカップル。

マーケット フルーツ

今の季節はチェリーやプラム・桃なんかがたくさん。

テーマ:セラピー&ヒーリング
ジャンル:心と身体

レスキューミッション

2010.07.07 13:14|セラピー関連
昨日からレスキューミッションの授業に入りました。

レスキューミッションとは自分自身の中にいる
傷ついた子供の部分を救い出すセラピーのこと。

実習ではティーチングアシスタントのもとで、
お互いにセラピーをし合います。

みんなスゴイ騒ぎになってます。
日本人同士でもそうですが、アメリカ人はさらにスゴイ。

私だって傷ついた子供の部分がないわけじゃないけど、
今までに散々それについてのワークをしてきたので、
もうあまり出てこないかもしれない・・・

それがむしろ不安というか、つまんないなぁと思います。
これを機会に思いっきりあってほしいのにな。

テーマ:セラピー&ヒーリング
ジャンル:心と身体

昨日から授業です

クラスメイトは20人。男女比は1対1。
いつもは1対19とかになっちゃうくらい女性が多いのに
今回はたまたまこうなったんですって。

午前中は講義を受けて、午後は小グループに分かれての実習。
日本人は私達の他にも2人いるので、全部で5人。

セミナー会場内やアルケミーの学校に行くグループのあるけど、
私達は会場すぐ近くのホテルなので、私達の部屋でやることになりました。
ティーチングアシスタントが一人ついてくれます。

今日やるべきお題の部分に沿ってやっているつもりで
脱線しそうになるのを抑えながらがんばっていたのですが、
他のグループは脱線しまくってて、なんだこれでもいいのか!
と思いました。

今日からはもう少しお勉強モードだけじゃなくて、
クライアント役の時はバッチリクライアントになりきろうと思います。
セラピスト同士だとつい、こっち行ったらダメだよね?とか
時間そろそろかな?とか余計な健在意識を使ってしまうのを
やめよう!と思います。

講義中の英語は結構早くて、厳しいです。
日本のアドバンス・ソマのときよりも全然早い展開です。

テーマ:セラピー&ヒーリング
ジャンル:心と身体

ソノマでワイナリー巡り

ぶどう畑

学校は明日から。
今日は時差ボケ解消のために空けてありました。
サンフランシスコに遊びに行こうかしらと思ったけれど、
昨日レンタカーを借りるのに失敗してしまったので、
やっぱりワイナリー巡りをすることにしました。
サンタローザとナパの間にソノマのツアーです。

当日の朝参加できるか電話してみたのですが、
なぜか大きい立派な車を私達で貸切になりました。


テイスティング

4軒のワイナリーを巡って、テイスティングしまくり。
酔わないように、ちょこっとなめてはグラスを開けます。
本当は吐き出した方がいいのですけどね。


カーヴ見学

樽を保存して置くカーヴも見学させてもらえました。
とても暑い日だったのですが、中はちょっと寒いくらいです。


ワイン講座

St.Francisワイナリーでは、なんとなく流れで
ブラインドティスティングの経験豊富な方に
1時間近くテイスティング講座をしていただいちゃいました。

やっぱりカリフォルニアはカリフォルニアだなぁ
っていう味のものが多かったのですが、
いくつかお気に入りも見つけました。

ドライバーのおじさんもとってもやさしくて、
本当は範囲外だけどサンタローザの私達のホテルまで送ってくれました。

この一日ですっかりカリフォルニアを満喫した気分になりました。

明日からはいよいよ学校で授業です!

テーマ:ワイン
ジャンル:グルメ

とりあえずANAのベジミール

2010.07.04 13:53|おいしい物・おいしい店
ベジミール 成田-SFO
まずは機内食のベジミール。今回はANAです。

全体的に仕様が新しいくなっています。
豆腐とナスとズッキーニを重ねてトマト煮にしたもの。
グリルした野菜など、結構おいしいなぁ。

ベジミール 成田-SFO 朝

朝食は大麦と野菜のリゾット風のもの。
最初見たときは「うん?なんだ?」とおもったけど、
これもおいしかったです。

機内食にベジミールを頼む利点は、
普通食より早く配られるので、早く食べ終わって早く寝れること。

機内では食べるのが唯一の楽しみといっても
過言ではありませんが、じっとしているだけなので、
あんまり濃いものは食べたくない。
旅行先に着いてから、好きなものを食べたい!

というわがままな理由で、いつもベジミールです。

テーマ:飛行機(航空機)
ジャンル:旅行

明日の渡航前に期日前投票

2010.07.02 17:41|未分類
いよいよ明日出発になりました。
準備は出来ていると思います・・・たぶん。

さっき、近所の区役所に期日前投票に行ってきました。

政治に興味はあんまりないし、
入れたい政党も特別にあるわけじゃない・・・
面倒だからいいかなぁ・・・と思っていたけれど、

でも入れたくない政党はあるな!と
思いついたので、行くことにしました。
いつも投票に行くと、係りの方々が礼儀正しく、
感じが良いのが印象的です。

とまあ、小さな義務も果たしましたので
行ってまいります。

PCは持って行きますので、メールのやり取りは可能です。
電話はNGです。

テーマ:選挙
ジャンル:政治・経済

プロフィール

 yoyo

Author: yoyo
元オーガニック系シェフ・現ヒプノセラピスト。食べ歩き、レシピ、山菜キノコ採取、お散歩、セラピー関連など、私の日々を綴ります。私がどんな人間か知っていただければ嬉しいです。

カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

ツリーカテゴリー

リンク

トラックバック

キーワードで記事を検索!

私のレシピ本です

ピースフード―安曇野の大地からのレシピ ピースフード―安曇野の大地からのレシピ
シャロムヒュッテ (2005/08)
家の光協会
この商品の詳細を見る

FC2カウンター


Google自動翻訳

RSSフィード

ページトップへ