ムラサキシメジの道

2007.10.31 22:13|山菜・きのこ・木の実採集
ムラサキシメジ

ここ2,3日、ムラサキシメジが大量に採れます。
毎日50本ほど採れるので浮かれていると、つい時間を忘れて、なかなか帰って来ない!とみんなに心配をかけてしまう始末です。
味は特にクセもなく、歯ごたえが良く、火を通すとさらにきれいな色になります。

ムラサキシメジの菌糸

ムラサキシメジを一つ見つけたら、周辺にこのような白い菌糸の道があるので、それを辿っていくと、また一つ・また一つと収穫出来ます。落ち葉の下にあったりして見難い場合も多いので、踏み潰さないよう慎重に進みます。
ってな感じでついつい時間が経ってしまうのです。

テーマ:秋の味覚
ジャンル:グルメ

シロナメツムタケとチャナメツムタケ

2007.10.28 22:47|山菜・きのこ・木の実採集
キノコのかご

今年はキノコが無い無い・・・と嘆いていましたが、今朝は久しぶりにカゴ一杯に収穫出来ました。恵みの雨に感謝!
クリタケにハナイグチ、でも今日一番多く取れたの下の二種類。
1ヵ所見つけると、20本くらいまとまって生えていることが多いのです。

シロナメツムタケ

シロナメツムタケのの方が無名なので、採られないことが多いようですが、チャナメとあんまり味が変わらないも。
今日の収穫60本ぐらい。

チャネメツムタケ

こちらは何度も登場してるチャナメツムタケ。40本程GET。
両方とも、湿気を帯びるとナメコのような粘性があります。
今日のランチの一品として、おろし和えにしました。

テーマ:秋の味覚
ジャンル:グルメ

地粉“ゆめあさひ”でパンを焼いてみた

2007.10.21 14:57|シャロムでのお料理
ゆめあさひのパン

自然農で素晴らしい玉葱etc.を作っているS藤さんに“ゆめあさひ”という品種の小麦粉をいただきました。
中力粉だけどパンに向いているというので作ってみました。
はちみつ酵母は半年もの間冷蔵庫で眠っておりましたが、起こしてみたら元気でした。

断面図

こちらが断面図。うまくいってるでしょ?
香りは控えめで小麦の味が濃い感じがしました。
もう少し安くなれば通常のシャロムのパンに使うんだけどな?
自然農法産・地元産の小麦のパンってコンセプト的にはばっちりなんですが・・・

テーマ:手作りパン
ジャンル:グルメ

チーズフォンデュ

2007.10.13 14:18|本気のお料理
チーズフォンデュ

休みの間に姉と二人で食事をするのは恒例となっておりますが、
今回はお昼になにか作って食べようということになり、
考えた抜いて決めたメニューはコレ!

少人数の方が都合が良くて、作るのは簡単。でもゴージャス!
チーズはエメンタール、グリエールが基本で、私はいつもゴーダを少し足します。卸し金でピザ用のチーズくらいに卸しておきます。

鍋ににんにくの切り口をこすりつけて、少しだけ香り付け。
辛口の白ワインを温めたところにチーズを投入し、片栗粉(orコーンスターチ)をワインで溶いたものを少しだけ加えて弱火で混ぜながら溶かします。

焼きたてのフランスパン、ソーセージ、ブロッコリーなど、好みのものを用意しておいて、つけながらいただきます。
長い時間火にかけておくと、チーズとワインが分離しやすいので、片栗粉を入れておくと乳化剤の役割を果たしてくれます。

もちろん陶製の専用鍋が一番でしょうが、小さめの厚手鍋なら大丈夫です。今回はホットプレートの鉄板を取ってしまったところに鍋を乗せる方式でやりました。こうすると弱火の加減が丁度良く出来ます。

お試しあれ!

テーマ:今日の料理
ジャンル:グルメ

南瓜と栗のパイ

2007.10.10 16:29|シャロムでのお料理
かぼちゃとくりのパイ

先日、体験スタッフのノビさんのお誕生日だったので、ケーキを作ろうということになりました。

ハヅキちゃんが南瓜を蒸して種を取り、私が生地とフィリングを作り、ユキちゃんが内側に塗った洋梨のジャムを作り、マキちゃんが栗の渋皮煮を作り・・・みんなの合作です。

フィリングの甘味はメープルシュガーのみ。少し豆乳粉を混ぜました。
夢のような秋満載ののパイが出来上がり!
ノビさんも喜んでくれたに決まってます。

テーマ:スイーツ
ジャンル:グルメ

昇月で松茸をいただく

2007.10.05 16:12|おいしい物・おいしい店
店構え

茶懐石 昇月 長野県安曇野市穂高有明8884-9
TEL 0263-83-5405 ※前日までに要予約
昼 11:30?14:30 夜 17:30?21:30
予算 6300円?上限なし

ちょっと憧れていたお店に行ってきました。
今回の予算は一人一万円です。
シャロムの近くですが、ちょっと見つけにくい場所にあります。しっとりとした店構えでほーっと落ち着けます。
お野菜は全部自家栽培で無農薬ですって。

八寸

まずは濃厚な胡桃豆腐が出され、八寸はムカゴと椎茸の辛し和え、栗の巣揚げ、衣かつぎ、自家製カラスミなど、季節を感じさせてくれるものが少しずつ。寒い夜だったので、熱燗を飲みながら一つ一つを味わいました。

マツタケ土瓶蒸し

予算15000円くらいから松茸が出ると聞いていたのですが、出ました!松茸と鱧の土瓶蒸し。しっかりとしたお出しに松茸の香りが・・・
贅沢すぎる気もしますが、季節に一度は食べても良いよね!
蓮根饅頭

シマアジとボタン海老のお造り、鰆の由庵焼きと続き、
お気に入りは蓮根饅頭。器も蓮根の柄で専用みたい。
こげる寸前まで揚げてあって、中はとろり。

松茸ご飯

そして、さらに松茸と栗の入ったご飯が鉄鍋にたっぷり。
おこげもうれしい!
何度もお代わりしてたいらげてしまいました。

最後に、おはぎと果物、お抹茶ををいただき、すごーく満腹。
お抹茶好きの私は、もう一杯お代わりをお願いしました。

気がつけば3時間が経過。一緒に行ったユキちゃんも私もほとんどしゃべらずに、静かに味わい続けました。

季節を楽しみ、ゆっくりとした良い晩を過ごすことが出来ました。
ありがとうございました。

テーマ:和食
ジャンル:グルメ

プロフィール

 yoyo

Author: yoyo
元オーガニック系シェフ・現ヒプノセラピスト。食べ歩き、レシピ、山菜キノコ採取、お散歩、セラピー関連など、私の日々を綴ります。私がどんな人間か知っていただければ嬉しいです。

カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

ツリーカテゴリー

リンク

トラックバック

キーワードで記事を検索!

私のレシピ本です

ピースフード―安曇野の大地からのレシピ ピースフード―安曇野の大地からのレシピ
シャロムヒュッテ (2005/08)
家の光協会
この商品の詳細を見る

FC2カウンター


Google自動翻訳

RSSフィード

ページトップへ