FC2ブログ

フィンランド旅行記 ラップランドの食べ物編

2007.01.04 00:01|フィンランド旅行記2007年
シェアブログ1741に投稿
クリスマスディナー

クリスマスイブは宿泊先のホテルキエッピのクリスマスディナーバイキングをいただきました。キエッピで食べたもののお味は普通でおいしいと言えるような料理でした。すごく変わったものとかではないのですが、家庭料理のちょっと豪華版みたいな感じです。

トナカイ肉や色々な肉のハム、イクラの小さいのみたいなもの、サーモンの塩漬け、ニシンのような魚の漬けたもの数種、サバ・鮭のスモーク、コンビーフに近いもの、レバーパテ、チーズ数種、クリスマスプティング、干しプラムのムースなどなど一口ずつ取ってもお腹一杯な量でした。一応サラダ系もありましたが、あまりフレッシュな感じではありませんでした。雪・氷だらけのところで新鮮野菜というのは無理があるのも当然ですが、スーパーマーケットで見た時もあまりいいものがありませんでした。


20070103214300s.jpg


20070103214350s.jpg

こちらはサーリセルカで一番のレストランと評されるPetronellaのメニューの中から、左:そば粉のブリニ 白身魚の卵とサワークリーム添え ブリニとはパンケーキみたいなもので、発酵させたものとベーキングパウダーで膨らませたものがあるようですが、これはどっちか不明。でもおいしいです。魚卵は前記のイクラの小さいのですが、ラップランドに限らず色々な魚の卵が塩漬けにされて売られていました。いわゆる赤キャビアですね。
右:雷鳥のロースト 日本では天然記念物の雷鳥です。うーんとウズラに似た味かな。せっかくの料理なのですが、火の通し過ぎでガチガチです。このレストランの他の肉料理もガチガチでした。これはいかん。


20070103214920s.jpg


20070103214954s.jpg

日本人のほとんどが泊まるホテルリエコンリンナのレストランも試しました。
左:伝統的なトナカイ肉のシチューにはマッシュポテトとコケモモ、ピクルスがたっぷりと添えられていました。すごくしょっぱい。
奥に見えるのはマスのソテー。マス独特の臭みがきつくておいしくないです。ここで頼んだ全てのものがしょっぱかったので、ここに泊まっている日本人達にちょっと同情・・・
右:メニューには“鱈の舌”と書いてあったので食べてみたのですが、鱈の頭の肉を皮ごと揚げたもの?・・・と思いました。


20070103214325s.jpg


20070103214236s.jpg


ここからはレストランシベリヤのお料理4品。
左上:トナカイのグリル アミガサダケのソース 
焼き加減はきれいなロゼ色。トナカイ肉は何の臭みも無くておいしいものですよ。
右上:クラウドベリーのスープ モミジイチゴにそっくりの黄色い野苺のスープに山羊のチーズと梨のスライスをパートフィロで包んだものが浮いてます。デザートなのですがあんまり甘くなくて、すごーくおいしい。


20070103230021s.jpg


20070103230040s.jpg

左:250gはあろうかというオヒョウの切り身の蒸しもの・ロブスターのソース。下敷いてあるのは根菜のケーキ状のもの。すごいボリュームだ!
左:大きい岩魚の切り身に香草パン粉をつけて焼いたもの・サフランのソース。赤いのはビーツのグラッセ。
レストランシベリヤが一番おいしい!!と思いました。旅行者からもらったパンフレットには軽食中心の・・・と書いてありましたが、この写真を見れば間違っていることは一目瞭然です。これからサーリセルカへ行かれる方がいたら是非シベリヤへ。

こんな感じで食い倒れの数日間を過ごしました。
どのレストランに行ってもメニューは似たり寄ったりですが、頼んでみると違う形で出てきたりします。
ほとんど毎日何らかの形でトナカイ肉を食べました。
全体的に料理の味付けは濃い目。スパイスなどは効いていなくてはっきりしない味のものが多いです。

-トナカイぞり編に続く-


プロフィール

 yoyo

Author: yoyo
元オーガニック系シェフ・現ヒプノセラピスト。食べ歩き、レシピ、山菜キノコ採取、お散歩、セラピー関連など、私の日々を綴ります。私がどんな人間か知っていただければ嬉しいです。

カレンダー

12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

ツリーカテゴリー

リンク

トラックバック

キーワードで記事を検索!

私のレシピ本です

ピースフード―安曇野の大地からのレシピ ピースフード―安曇野の大地からのレシピ
シャロムヒュッテ (2005/08)
家の光協会
この商品の詳細を見る

FC2カウンター


Google自動翻訳

RSSフィード

ページトップへ