スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こしあぶら

2005.04.27 22:22|山菜・きのこ・木の実採集
20050427222224.jpg

今日の獲物はこしあぶらです。二つ対になって生えているので、一つを採って一つは残すのがマナーです。たらの芽、ハリキリ、スイバもたくさん採れました。スイバはたくさん食べ過ぎてはいけないそうですが、茎の部分をはちみつ漬けにしてみようと思います。初めての試みですが、おいしく出来るかなぁ?西洋で食べられるルバーブに味が似ていると思うのですでうまく行くはず・・・!とりあえず葉っぱをゆでて食べてみたけどあんまりおいしくなかったです。歩きながら採って食べている時はおいしいのに。
スポンサーサイト

改めて種蒔きの方法を習いました

2005.04.26 22:24|yoyo畑の日記
20050501153208.jpg

今朝は自然農の方法で、苗床を作る方法を改めて臼井さん(シャロムオーナー)に習いました。「種を蒔く段階は丁寧に!」いつも臼井さんに言われます。
幅30?40cm程の雑草を刈り脇に置きます。この雑草のマルチが後から生えようとする雑草を抑えてくれます。次に表土を1cmほど取って、のこぎり鎌でジグザグと切り込みを入れて根切りをします。そこに筋状に線を入れるように溝を作り、種(今日はモロヘイヤ)を蒔きます。また、のこぎり鎌で叩くようにして土の中に種がなじむようにして、上から手で押さえます。その上にハコベなど細目の雑草を薄く載せ、乾燥を防ぎます。後は雨が降るのを待ちます。今日は曇り時々雨・いい感じです。

これは一例であって自然農と一口に言っても千差万別にやり方はありますし、種によってやり方が違ってきます。

山菜の天ぷら

2005.04.25 21:36|シャロムでのお料理
20050425213611.jpg

今晩のディナーに天ぷらにしてお出しした山菜です。
左手前からふきのとう、こごみ(草ソテツ)、たらの芽、こしあぶら、にわとこです。
朝、シャロムの周りの林の中を歩き回って採ってきたものです。
今の季節はまだ畑の野菜は少ないので、林が畑の代わりです。
お客様が皆様喜んでくださってうれしかったです。ありがとうございます。

GW目前

2005.04.25 21:14|シャロムでのお料理
20050425211418.jpg

GWが目の前です。忙しくなる前にがんばって仕込みをしています。
体験スタッフの方が手伝ってくれてみんなで形を整えています。
写真はヒヨコ豆のハンバーグ。スパイスを効かせたオリジナルです。

芽が出ました!

2005.04.24 23:14|yoyo畑の日記
20050424230732.jpg

今日は良い天気で畑日和。
自然農の方法には反するけど、体験スタッフの方に手伝ってもらって
夏野菜を植えるところには少しだけ肥料を撒きました。

パースニップとビーツはかわいい芽が出ていました。
このところお天気続きなので小さい芽には少し酷です。
雨が降ってほしいな。

草ソテツ

2005.04.23 21:10|山菜・きのこ・木の実採集
20050423210945.jpg


今日の獲物は草ソテツです。結構おいしい。
またしても、たらの芽もいっぱい採れました。
天ぷらにしてみんなでいただきました。

山菜を探して林の中を歩いていると時間を忘れてしまいます。
いつも気がつけば日が暮れてきて・・・
とげが刺さろうが、蜂が飛んで来ようがお構いなしです。

初・たらの芽!

2005.04.22 21:45|山菜・きのこ・木の実採集
20050422214451.jpg

明日のお客様のために他のスタッフと山へ山菜を取りに行きました。
初たらの芽に出会って、うれしいっ!
にりん草、山ウド、ニワトコ、はんごう草etc.
たくさん採れました。お客様が喜んで下さるとうれしいです。

帰りはタイヤがパンクしてしまうという惨事にあいましたが、
何をかくそう私は元・トラック運転手。
自分で出来るんだけど・・・予定がせまっていたので
お手伝いを呼んでしまいました。助かりました。ありがとう!

ふきのとう

2005.04.21 12:17|山菜・きのこ・木の実採集
今日はお休みで白馬の友人のペンションに来ています。穂高より1?2週間春の訪れが遅かった白馬ではまだ食べ頃のふきのとうがいっぱい。

ふきのとうっていっぱい食べれるものじゃないけど、まだ雪がうっすらと残っている頃、他の山菜や野菜はまだなにもないのにふっくらと生えていて、光っているように見えます。

ところで、花が咲いているふきのとうって白と黄色があるんですけどあれは雄と雌なんでしょうか?20050421124542.jpg

オーガニックの本当の意味って?

2005.04.21 12:16|オーガニック思考
私が「Organic」って言葉を意識し始めたのはオーストラリアに住んでいた頃でした。その頃は日本語に訳すことはなくそのまま「Organic」として受け取っていたのですが、日本に帰ってきてから有機JAS法制定なんかもあって、「有機」=「Organic」なんだと漠然と理解していたわけですが、先日、NPO法人ヨーロッパオーガニック協会の代表理事であり、尊敬している田村様とお話させていただく機会があった時、間違いを正されました。「Organic」の訳し方は「基本的な」「本質的な」と訳すべきであって「有機的」という訳し方は化学用語としてである、とおっしゃいました。それを聞いて心のつかえが取れた気がしました。私の目指している事って、「本物の、心のこもった、おいしい食べ物に光のあたる世の中」であって「有機肥料」とか「有機食品」とかは、なんかピンとこなかったんです。やっぱり、私の目指しているのは「Organic」ってことですよー。
プロフィール

 yoyo

Author: yoyo
元オーガニック系シェフ・現ヒプノセラピスト。食べ歩き、レシピ、山菜キノコ採取、お散歩、セラピー関連など、私の日々を綴ります。私がどんな人間か知っていただければ嬉しいです。

カレンダー

03 | 2005/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

ツリーカテゴリー

リンク

トラックバック

キーワードで記事を検索!

私のレシピ本です

ピースフード―安曇野の大地からのレシピ ピースフード―安曇野の大地からのレシピ
シャロムヒュッテ (2005/08)
家の光協会
この商品の詳細を見る

FC2カウンター


Google自動翻訳

RSSフィード

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。