FC2ブログ

2019年12月死生観をシェアする会のレポート

12月15日に開催した死生観をシェアする会のレポートです。
お菓子は苺ゼリー、アサイーコーンフレーククッキー、おから胡麻クッキー。全て植物性で手作りしております。
siseikann.jpg


今回はお一人キャンセルがあったので5名と主催者2人、40代から70代までの全部で7名で死生観について語り合いました。


最初は根源的な問いです。「死んだらどうなるか?」

・母が死んだ後、私の中にどのように残るのかが気になる。
・死んだら何でも出来るようになる。死ぬ前のことを忘れることも選べるだろうし、家族etc.を守ることも出来るようになる。
・自分がどのように死ぬのかが楽しみ。
・生きている間は時制や肉体に拘束されているけれど死んだらそれらを越えて自由に動ける。自分の娘が大人になるのを見守るというよりは大人になったところに飛んで見にいける。
・息子のことをそばで見ていたい。大人になるまで?結婚するまで?孫が出来るまで?
・宇宙的に意識が広がる。どこにフォーカスするかは自由に出来るし、同時に2つ・3つそれ以上も可能になる。神様とほぼ同等。

死んだ後の自分のこと、死んだ後の自分の家族のこと、死んだ家族のこと、どこに軸を置くかは人によって違うんですね。


次の質問は「死んだら自分を憶えていてほしい?」

・その人のことを憶えていなかったとしてもやさしくしてくれた経験が残り私の血となり肉となる。
・自分は憶えておいてほしいとは思わないけど、祖父とのあの思い出は憶えておきたい。
・息子には憶えておいてほしい。
・祖父母の楽しい思い出を思い出すと楽しくなる。
・憶えておいてほしい人もいないし、憶えておきたい人もいない。
・子供がいたらきっと違うだろうけど、私は憶えていてほしいとは思わない。

死後の世界を描いたアニメ映画では死後に忘れられることはひどく悲しいことという設定でしたが、意外と憶えておいてほしい人ばかりじゃありませんね。


次の質問「自分が死ぬ瞬間になんて言ってほしい?自分から?周囲の人から?神様から?」

・父が死ぬ数分前には「もういいよ」と言った。
・「やっとその時が来たね」
・「おつかれ。おめでとう。」
・上から(神から?)「ようこそ!」と言われて次の修行の場に移ってる。
・「ありがとう」は言われたくない。(複数人)
・「死なないで」は言われたくない。
・何かの音で「こちらへどうぞ」というような意味を知らせてくれれば言葉はいらない。
・自分で自分にかける言葉と、神様的な存在がかけてくれる言葉が一致しているといいなぁ。

ドラマなどでは死者に「ありがとう」と言っているシーンをよく見ますが、そう言われたくない人が多数。別にそんなつもりでやってあげたことなんかない!だそうですよ。


次の質問「いくつの時から親が死んでもOKって思えるようになった?」

・10才くらいの時から。もちろん経済的には無理だけど精神的にはOKだった。
・子供を産んでからOKになった。
・結婚して他の世界を持つようになってから。
・数年前に父が死んだ時、OKとは思えなかった。
・娘が出来てから母との関係を断ち切った。
・娘には先に死なないで!と言われているけど順番的に難しい。
・子供の頃は親が死ぬのが怖くてそれを言えずに一人で泣いていた。

幼い頃は親orかのような存在を頼らずには生きられない。死んでもOKということは物理的、精神的に親離れという意味なんでしょうか。


次の質問「どんな時に死について考えますか?」

・自分の死ではなくて、家族など周りの死についてばかり考える。
・検査で肺に影があると言われた時。子供と抱き合って泣いた。
・常に死を向こう側に意識してそこに向かってどうするかを考えてる。
・誰かに何か伝えたいことがある時、明日はもう死んでいるかもしれないし、生きていても言語障害があったりするかもしれない、ボケるかもしれないから、今伝えなきゃと思う。
・毎分毎秒考える。昨日ミキサーが壊れた時も死にたいと思った。

その続きで次は逆に「どんな時に生きているって感じる?」

・戦中戦後くらいの人は生きていることを実感していたのかな。
・マイナス25℃の世界で道に迷って、生還した時。
・いつも当然のように、生きていると思っている。
・生きると楽しいは結びついている。
・自分が本当に惹かれていることをやっている時。最近はそれを感じられるようになってきた。
・自分の意志で自分の人生を生きている気がしない。親や夫や子供の軸で生きている。
・他人の軸なんて気にしたことない。

ここで分かってくることというか、今日のテーマなのかもしれないことは
自分軸と他人軸どちらに乗っ取って生きているか、死をイメージしているか。
どの視点から捉えるか、自分・家族だけではく社会・宇宙などにも広がりますね。


先に帰る方があったり、遅れて来た方があったりで段取りがいつもと違い、コラージュはトークとトークの真ん中でやることになりました。それも良かった気がします。今回私はなんだか集中できずにうまくまとまりませんでした。3分で出来上がった人もいたり、納得いく仕上がりになった人もいたり。それぞれの時間を過ごしました。
コラージュ作成12月
コラージュ完成

そして、終了後は飲み会へ。
お酒が入るとあんな話やこんな話も出てきてそれはそれは盛り上がりました。自分が崖っぷちだった時に誰かが助けてくれた。しかし、その助けた方側にとっては大掛かりに助けてあげようと思ったというほどではなく、落ちそうだったからちょっと引っ張ったくらいのこと。そういうことこそが本当の善行なのかもしれない、というようなお話もしました。
死生観飲み会

※この会は主催者の知り合いorその紹介のみで参加者募集をしております。

2019年8月死生観をシェアする会のレポート

皆のコラージュ8月

主催者の30代~70代主催者2人も含めて9人で、死について・生について話をします。
最初はコラージュ作成から。雑誌を切り抜いて大きな画用紙にペタペタ貼って行きます。
個性あふれる作品が出来上がります。死生観がテーマだけど、明るいイメージのものが多いのです。


コラージュ作成8月

へぇコラージュねぇくらいな気持ちで始めた参加者も、作成時間1時間すごく集中して夢中でチョキチョキペタペタしてしまうのが不思議なところ。


トークセッション用お部屋に移動。

まず「日々、死生観を意識して過ごしていますか?」という質問から。

・残される家族に迷惑かからないように断捨離とかしてる。
・なにも準備したくない。なにも残したくない。
・いつ死ぬかは分からないからやりたいことをやる。
・お墓も保険も断捨離も全部想定して準備しておきたい。
・今までは死ぬ準備をしたいと思っていたのだけど、先日父が他界してからはその気持ちが無くなった。せっせと準備しても、わがまま放題に生きても、結局死ぬ。
・死ぬ時は死ぬからあまり考えてない。


「身近な人が亡くなって、遠くに感じるようになるまでのタイミングと意味合いについて」

・去年亡くなった父の写真を見たら「誰だっけ?」と一瞬思った。
・父のことは早く忘れたい。きれいさっぱり。
・ひどい父だったので、正直他界してホッとした。見守っても欲しくない。
・父はきっと上の方にチューっと登って行って、またそこでもわがまま放題にしてると思う。見守るなんてできるはずもない。
・自死した母親への自戒の念が強かったが、ゲシュタルトセラピーで繰り返し向き合って何年かしてやっと自分の背後にニコニコしていてくれるイメージが浮かぶようになった。
・二年前に妻が他界した。生前入院中、電話をする時間に設定していたアラームはまだそのまま。時間になる度に携帯に写真が表示される。妻の名前で契約していたものの名義変更もまだできない。


「生きている内に手に入れたものは全て置いていくこと=死ですが、なにか一つだけ持って行けるとしたら、何がいい?

・生きている内に経験したことの記憶全て。
↑それって、「一つ」じゃなくて「全て」じゃん?とみんなからツッコミが・笑!
…で質問変更。

「一人だけ自分のことを覚えいてくれるとしたら誰がいい?」

・誰にも覚えていてほしくない(子供がいない参加者複数)
・特にいない
・娘
・息子(忘れ物が多いけど、ママの事だけは忘れないでっていつも言ってる)
・孫 孫ができてから感覚が変わった。
・こういう時血のつながりは濃いんだよね。
・今後ターゲット(覚えておいて欲しい)が変わる可能性もあるのか!


「義理父が末期ガン、余命わずかで自宅療養中。治療方針のことで家族は喧嘩ばかり。私は直接の家族ではないのであまり強く言えない立場。義理父は仲良くして欲しいという。誰のための命なのか、と思う。」

・義理母のケアが一番大事。
・兄弟のケアも。あとで自身を責めることになるかも。
・義理母に息抜きをさせてあげて欲しい。一泊旅行とか。
・ご病気のご本人、一緒に住んで実際にお世話をしている人の意見を最優先すべき。
・以前、父が自宅で心筋梗塞で倒れて救急搬送、一度心臓が止まった。その場ですぐにカテーテル手術を受けた。延命治療は望まないと本人に聞いていたけど、その場で決めなければならず、一度死んだと思ったので混乱していたし、とりあえずYESと言った。結果回復したからよかったのだけど、苦しみが長く続く結果になっていたら?もしNOと言って死んでしまったとしたら他の家族に責められた?


「死んだ後の世界ってどんな世界だと思う?」

・魂の帰るところというか元々魂が集まってエネルギーの柱のようになっているところがあると思う。そこに帰って、魂レベルでの仲間と生前の話をしたりして経験をシェアして、またそこから離れて生まれていく。
・細胞一つ一つの粒々のようにエネルギー体としてバラバラになって、いろんな人の粒々と交差して、寄り集まってまた新しい命になると思う。
・3つか4つの魂が寄り集まって人の魂は出来ていると聞いたことがある。人の多面性はそこから来るものだと。3つなら3つがバラバラになって、また他と組み合わさって生まれてくるのだと思う。
・死んでからは言語や国籍や宗教などは関係なく、動物とだって、話が出来ると思う。経験を共有できる。
・死後の世界は分からないけど、なんかしらある、と思う。あると思う方が楽しい。
・抽象的だけど、“光”というイメージ


その他色々な話が出たのだけれど、書き切れません。
将来、娘が自分のお葬式で読むとしたらという設定で涙を流しながら弔辞を読んでくれた方もいました。

あと、おもしろかった意見。
「死んだ家族が見守ってくれている、というけれど、生前はそんな性格ではなかったも人多いだろうし、死んだら急に“遠くから家族を見守る”という超人的な能力が身につくという設定になっているのはなぜなんだろう。」
ははは、確かにね。見守って欲しい人もいるし、欲しくない人もいるけれど、そもそもそんな能力が身につくのかしらね。


死生観8月 飲み会

そして飲み会へ。飲み会も全員参加でした。
お酒が入るとあんなことも聞いてみたり、こんなことも話してみたり。私は飲み会で聞いた話が一番びっくりしたかも!? ここでは内緒だけどね。

※この会は主催者の知り合い又は知り合いの紹介のみで参加募集しております。
次回開催日はまだ未定ですが、年内にもう一回開催すると思います。

2019年3月死生観をシェアする会の様子

2019年3月お菓子

昨日開催した死生観をシェアする会のレポートです。
おやつは夏みかんのケーキ、ココア豆乳ムース、レモンココナッツクッキー、きなこクッキーです。
全て植物性で手作りしております。

30代~70代の6人+40代の主催者二人で死生観について語り合いました。

2019年3月コラージュ

まずはコラージュ作成。
いつも死をテーマにすると言うよりは自分の生き様を表現する結果になるなぁと思います。
私自身の作品も毎回違うものとなって楽しいです。


トークセッションはそれぞれに質問というか議題を出してみんなが答える形で進めます。

まず、「死んだ家族や友人に見守られている?」と議題から。

・小さい時に亡くなった祖父が夢に出てくる。なぜか命日近くだったり、自分がピンチの時だったりする。
・見守られていることを実感しているわけではないけど、祖父母の期待を裏切るようなことをしたら悲しむだろうなと思っている。
・病気で生死をさまよった時、三途の川の向こうに写真でしか知らない祖父がいて、喜んで寄って行こうとしたら「まだ来てはいけない」と追い返された。
・幼少期に防空壕に1人で取り残された体験があって、それについてのセラピー等で繰り返し向き合って、母が見守ってくれているイメージが湧いた時から楽になった。
・家族とかではないけど、神社、特に自分の産土神社の神様は見守ってくれていると思う。
・貧困等で大人になれない環境に生まれてくる子供がもし恵まれた環境に生まれていたらどうしたかったかを考えて、私がやれることはやろうと思っている。
・残されるパートナーに「忘れないで」とか「他の人と結婚しないで」とか言うのは呪いの言葉だと思う。特殊な精神状態の時に言われる言葉は深く刺さってしまう。
・やっと家族との縁が切れるのに見守らないで欲しい。

お星さまになったんだよ、とか絵本ではよく出てきましたよね。



「死ぬ前に誰と過ごしたいか?」

・死ぬ前というと直前もそうだけど、生きている間ずっとのことだと思う。
・お尻を拭いて欲しいとか、気兼ねなく欲求を言いやすい人にそばにいてもらいたい。
・本当に死ぬ直前の口もきけない状態になった時に自分が何を望むのかが分からない。
・病死などでジワジワと死が迫っている誰かが、もし自分を呼んでくれたなら光栄だと思う。
・家族にはそばにいて欲しくない。1人でいたいかも。
・とかなんとか言ってて、死ぬ直前になったら「誰とも再婚しないで!ずっと覚えていて!」とか思っちゃうかも。
・死ぬ自分側の気持ちと言うより、看取る側の気持ちを考慮してしまう。人間って面倒くさい。

いつ死が訪れるかは分からない。いつもいつも最後に一緒にいたい人と一緒にいた方が良いですね。



「死ぬまでにやっておきたい事」

・家族の死は悲しいものだと決めつけられている世の中だけど、そうでもない人もいるよって広めたい。
・子供の頃病気になったせいで、当時始めたばかり軽音部のドラム担当の発表会に出られなかった。最近になってまたドラムを習い始めて当時演奏する予定だった曲を発表することが出来た。
・少し前はエンディングノートを書いたり、尊厳死協会に加盟したり、お墓を買ったり、色々準備してたけど、今はどうでもよくなってきた。
・今死んでも良いように毎日生きてるから特になし。

again、いつ死が訪れるかは分からない。思い残すことがないようにやることはやっておきたいですね。


「死ぬ前に食べたいもの」

・とんこつラーメン
・100年物の幻のウィスキー
・自分で自分だけのために作ったもの
・ショートケーキをホールで
・しめ鯖

これだけをみても、個性豊かですよね(笑)



「余命4ケ月と宣告された友人との向き合い方」

・長い歴史の一部と捉えた時、自分が誰かに影響できたとしてもそれはすごくちっぽけなこと。
・悲しいとかかわいそうとか言って欲しくない。
・88才の知り合い、弱ってきて新しいものに興味が無くなってきているのが分かる。けど自分は今まで通り新しいものもどんどん紹介していく。
・感情を出させてあげてほしい。すごく貯め込んでいると思う。大丈夫と言っていてもたぶん貯め込んでいるだろう、と想定して接してくれるだけでもいい。
・感情出していいのよ、と言われて出せるものではない。関係性や覚悟、簡単でないけど出してもらえる自分でありたい。
・人になにかをしてあげたからと言って、変わるかどうかはその人の問題で、関わった側の影響とは言い切れず、自分は自分で成長する。

これについては難病を持っていて自身が死を覚悟したこともある参加者が熱く語ってくれました。
その語りを聞けてよかったなぁ。話してくれて嬉しかったなぁ。


そんなこんなで時間をオーバーしてまでも熱く語り合いました。
さらに飲み会もすごく盛り上がって、3時間くらいは語り合いましたね。
自分の価値について、漠然と安全を感じられるかについて、などなど。

次回は初夏頃に開催な。まだ未定です。
※この会は主催者又は過去の参加者の声がけでのみ参加募集しております。

2018年11月 死生観をシェアする会のレポート

2018-11死生観お菓子


昨日開催した死生観をシェアする会についてのレポートです。
お菓子はアップルパイ、いちじく赤ワイン煮のゼリー、米粉のクッキー、ナッツのクッキー。
全て植物性で手作りしております。

参加者4人と主催者2人で死生観をシェアします。
6人~7人を定員としていますが、今回は少なめ。
参加者に話をしてもらいたいわけですから、
参加人数が多い場合、主催者は進行のみになって話を控えますが
今回は主催者の私達もたくさん話を出来ました。

コラージュ作成
最初は死生観をテーマにしたコラージュ作成。

2018-11 コラージュ

仕上がり良い感じです。
みんな自由に作っているのがよく分かりますよね。
私自身も楽に・こだわり過ぎず・力入れ過ぎず、作れたと思います。



そして、トークセッション突入。

事前にいただいているみんなへの質問をテーマとして進めていくはずが脱線続きとなりました。
人数が少なめでなんとなく安心できる顔ぶれだったから、それをOKとする雰囲気に。


まずは自宅での看取りについて。
自宅で最期を迎えたいと希望する人は6割いるにも関わらず、希望が叶うのは1割程度になっているそうです。

・死期が近付いた人のケアとして、身体的・社会的・精神的な苦痛を解消する必要がある。特に精神的な部分はまだまだ体制が十分でない。
・TV番組で自宅での看取りのドキュメンタリーをやっていたが和やかなやさしい雰囲気の作りだった。
・高齢化により病院で看取る人数のキャパ越えが見込まれるため、政府としても自宅での看取りを推奨していくだろう。
・自分の両親を自宅で看取るのは苦痛でしかない。
・死に逝く本人のイメージと家族など看取る側のイメージの乖離。
・必要な機材や医療との連携・下の世話・家族側のスケジュール管理など面倒な事実も報道して欲しい。
・本人の希望を聞くこと、死を目前にしてからでは判断力が弱っているので難しい。


続いて、死後のお話。

・日本では身近にあるイメージ。死んだらあの山に行くetc.
・肉体と魂、両方あると思うけど、死後の魂の話をするとスピリチュアル過ぎた人と言われてしまう。
・追善供養なんて大きなお世話。生前の善業が足りないかどうかなんて放っておいて欲しい。
・戒名etc.とても一般的に行われているけれど、お金儲けのために出来た制度だと思う。
・葬式は要らないというような内容の本の著者のところにはその業界の方々から苦情が殺到したらしい。
・死というものは誰も経験できない。
・死後48時間は焼いてはいけないらしい。
・火葬場は足りなくて1週間待ちはザラ。
・新しい火葬場を作ろうとすると地域住民の反対運動がおこる。


エンディングノートについて

・準備してある。時々内容を書き換えている。家族の見える場所に置いてある。
・銀行の暗証番号なども書いてあるのなら、人目につかないところに置くべき?
・買ってはあるけど書き込んでない。
・70代の両親に渡したけど、書き込むのは結構な労力が必要で、集中力が持たないようだ。
・夫は65才。早めにエンディングノート書いてもらわなくちゃ!
・死んだら連絡して欲しい人を書き出せば、本当に今付き合いたい人も分かってくるはず。


具体的な終活について

・日本尊厳死協会の会員に夫婦でなっている。
・モノを持たないようにする。
・ガンになって断捨離をした。モノも。人も。会いたくないのに何となく時間割いたりはしない。
・PCの中も整理する。
・年賀状やめました。
・お墓買いました。
・夫の家系のお墓を守るのは最終的に外国人の義弟かもしれない


生きたいと思ったのはどんな時の話だったはずだけど、脱線につぐ脱線。

・両親が死んだ時自分は仕事に忙しく、何も出来なかった。やり残した感覚。今は死に向き合う人達を支えるために行きたい。
・10代で母親が出て行ったことなど、やり切れない思いがたくさんあって、その負のエネルギーを生きることに充ててる。
・父親のことがキライ過ぎて、子供の頃から漠然と死にたいと思ってきた。父親が老いてきて弱くなり、生きてもいいかなと思える時がある。
・生きたいと思えたことがない。
・長いこと母親には会っていないし消息も分からない。確執は残ったまま。連絡が来るとしたら死んだ時?
・両親と同居。毎日向き合ってるのはイヤだけど、終わった時にはやり切ったと思えるってことなの?
・私にひどい仕打ちをした親戚の葬儀で、何があったか母に話したのに軽んじられた。その時から母との距離を置けるようになった。
・病気になって小さくなった母親をみて、恨む相手ではなくなったと感じたと同時に、間に合った!と思った。

2018-11 死生観飲み会


書くことは尽きないけれど、このくらいにしておきましょう。
そのまま終了後は飲み会に流れて、まだまだ話は続きました。
女子だけになりましたし、乳ガンの話、性の話、恋の話なんかもね。

次回は3月頃かな。ゆるゆる開催したいと思います。
人数少な目も良かったな~

2018年11月 死生観をシェアする会の感想

昨日開催した死生観をシェアする会の感想を書いていただきました。
ありがとうございます。

??さん 51才
いつも参加しています。コラージュはあまり考えず、手を動かしてみました。トークセッションは脱線が多くて面白かったです。毎回メンバーによって内容が違うので面白いです。

福チャンさん 77才
生きること死ぬことを話し合える場なので参加しました。コラージュ作成は自分と向き合う機会になりました。トークセッションは素直な話し合いが出来て素晴らしい!!と思いました。

もみじさん 53才
みなさんの「死生観」を聞いてみたかったです。そして自分のことをアウトプットし改めて振り返る・掘り下げることが出来ればと思い参加しました。コラージュでは、何も考えずに何となくトライしてみたのですがいつも頭に描いていた“死”のイメージが表現できた結果となり驚きました。トークセッションでは初めてお会いする方達とどこまでシェア出来るのか不安でしたが、とても深いところまでふれることが出来て感動でした。“今とこれから”の時間をどう過ごしていくか迷いがすっかり消えた気がします。貴重な時間をありがとうございました。

たまさん 47才
“死生観”だけをテーマに誰かと話したことはなかったので参加してみました。コラージュは未完成…です。トークセッションでは他の人の話を聞けて、自分の中も整理出来ました。何のしがらみもない人達が集まり、良い出会いの場だと思いました。
プロフィール

 yoyo

Author: yoyo
元オーガニック系シェフ・現ヒプノセラピスト。食べ歩き、レシピ、山菜キノコ採取、お散歩、セラピー関連など、私の日々を綴ります。私がどんな人間か知っていただければ嬉しいです。

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

ツリーカテゴリー

リンク

トラックバック

キーワードで記事を検索!

私のレシピ本です

ピースフード―安曇野の大地からのレシピ ピースフード―安曇野の大地からのレシピ
シャロムヒュッテ (2005/08)
家の光協会
この商品の詳細を見る

FC2カウンター


Google自動翻訳

RSSフィード

ページトップへ