スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイメイト(盲導犬)協会の講演会

2016.09.03 09:34|手話関連
三村さん講演

手話サークルのイベントでアイメイト協会の副会長・三村さんの講演を聞きました。
アイメイトとは盲導犬の事です。

盲導犬がどのように育てられるのか、どんな役に立つのか、どのくらい普及しているか、など詳しく聞くことが出来ました。
生まれつきの視覚障がい者は盲導犬を必要とせず、白杖だけでいいという方が多いそうで、中途で見えなくなった方の方が盲導犬を必要としているそうです。

私は視覚障がい者を街で見かけた時、声をかけた方が良いのかどうか、いつも迷います。
今が困っている時なのかどうか、助けが必要なのかどうか…。

何歩歩いたら右に曲がるとか、何本目の角を曲がるとか、ハンバーガーの匂いがしたら、とか注意深く歩いている場合などに声をかけられると、邪魔になってしまうのだそうです。

交差点では信号の色を教えてあげるなど、必ず声をかけてほしいと。
盲導犬を連れていても犬には信号の色は見えません。

駅のホームも点字ブロックを捉えて歩いていても、人がいて避けたりすると分からなくなるので、声をかけた方が良いとのこと。
白杖をついて歩く人のほとんどは少なくとも一回以上ホームに転落した経験があるそうです。

先日、盲導犬を連れていたのにホームから落ちた事故がありましたが、あれはアイメイト協会(他にもいろいろな団体がある)の育成方法では方向的にありえないそうで、盲導犬がいるのに落ちたケースはほとんど無いそうです。


DVDアイメイト

私の姉は数年前にひどい網膜剥離で手術をしました。
今は見えていますが、だんだんに弱視になっていくことはほぼ決定なのです。
もし、生活に困るような事態にまでなった時、どうするのか?

点字を勉強するのは悪くないけれど、
指先で読み取れるようになるのは大人には至難の技だそうです。
小さい頃からでないとなかなか身につかないとか。
健常者で点字のボランティアをしている方々は
目で見て読んでいるのだそうです。初めて知りました。

今は音声で読み上げてくれる・取り込んでくれるアプリなんかもたくさんありますから
そちらを利用した方が良いそうです。

アイメイト協会HP http://www.eyemate.org/
スポンサーサイト

地元中学で手話アシスタントを

2015.07.07 21:10|手話関連
今日は地元中学校に潜入してきました。
福祉体験授業というもので、3年生の各クラスにろう者講師と聴者アシスタントで授業をやりました。

私達のチームだけは私の手話が未熟なので先輩の聴者と一緒にアシスタント2人の体制。
最初に私達3人が教室に入った時、案内係の学生に問題を出してくれるように頼みました。

「3人いらして下さっています。お1人だけがろう者だそうですが、どの方でしょう?」

案の定、みんなあんまり手が上がりません。分からないのです。
ろう者は見た目じゃ分からない、ということを知ってもらうための一興でした。


中学生達はとっても真面目に楽しんで聞いてくれて、自分の名前を手話で表現したりするのも、積極的にに頑張ってくれました。休み時間にも集まってきて色々質問してくれました。

若者も捨てたもんじゃないなーと思わせてもらった時間でした。
そもそもあんまり役に立たない私なのに、時間間違えていて遅刻したりして迷惑かけっぱなしでした。申し訳ございません。

テーマ:手話
ジャンル:福祉・ボランティア

手話講座 初級クラス修了

2014.01.29 21:05|手話関連
手話講座2年目、初級クラスが今日終了しました。
時々難易度が急にアップする点など、
ちょっと解せないところもあったけど、
勉強にはなりましたし、
担当講師ではなく上の団体が決めている内容だそうなので仕方ないようでした。

先生方、クラスメイトの皆様、お世話になりました。

26年度は同じ講座の中級に進む仲間もいるのだけど
中級からはバッチリ通訳指向になるらしいので
私は違う教室を検討中です。

今習いたいのは日本手話(聾者的な手話)であって、
日本語対応手話ではないのです。
通訳もゆくゆくは目指すかもしれませんが、
日本手話をまず体に覚えさせてから、というのが私の理想なのです。

英語に関わって何年経ってるかしれないけど、通訳が出来るわけじゃありません。
会話と通訳は別の次元だってことは痛いほど分かっているのです。

道程がひどく長いであろうこともよーく分かっているのです。
細くとも長く続けらられますように。
頑張りましょう。私。

テーマ:手話
ジャンル:福祉・ボランティア

デフリンピック出場者の講演会

2013.09.07 10:34|手話関連
箭内くん

夕べは地元手話サークル主催の講演会の講師として
箭内秀平(やないしゅうへい)くんが来てくれました。

NHKのみんなの手話にも出ているかわいい男子。

この夏にブルガリアで行われた
デフリンピックに自転車競技で出場したときの事を
語っていただきました。

デフリンピックの知名度は2.8%と著しく低いので
みなさんも知らなかったでしょうか。
また四年後の開催までに知名度を少しは上げられると良いのですね。

ブルガリアでは「はい」と言う時に首を振り
「いいえ」の時にうなずくのだそうで
最初分からずに困ったそうですが、分かってみたら面白かったそうですよ。

テーマ:聴覚障害者
ジャンル:福祉・ボランティア

デフリンピックって知ってる?

2013.02.03 16:11|手話関連
デフリンピックってなんでしょう?

パラリンピックじゃないですよ。
デフ(耳の聞こえない人・聾者)のオリンピックです。
知名度が異常に低くて国民の2~3%しか知らないそうです。

聾者はスポーツにおいては他の障害者と実力に差がでるので、
別立てのオリンピックとして開催されるのです。

次回開催はブルガリア・ソフィア
日程:2013年7月26日~8月4日

先日、2009年台湾でのデフリンピックに出場した
聾の女子サッカー選手の講演会に行きました。
明るくかわいい女の子達で、とっても元気な印象でした。
普段はアパレル系や金融関係の仕事をしつつ、
健聴者と一緒にサッカーの練習をしているそうですよ。

聾のサッカー大会では、ホイッスルの代わりとして、
フィールドの四隅に人が立っていて旗を振って合図するのだそうです。

テーマ:聴覚障害者
ジャンル:福祉・ボランティア

プロフィール

 yoyo

Author: yoyo
元オーガニック系シェフ・現ヒプノセラピスト。食べ歩き、レシピ、山菜キノコ採取、お散歩、セラピー関連など、私の日々を綴ります。私がどんな人間か知っていただければ嬉しいです。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

ツリーカテゴリー

リンク

トラックバック

キーワードで記事を検索!

私のレシピ本です

ピースフード―安曇野の大地からのレシピ ピースフード―安曇野の大地からのレシピ
シャロムヒュッテ (2005/08)
家の光協会
この商品の詳細を見る

FC2カウンター


Google自動翻訳

RSSフィード

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。