秘湯を守る会・貝掛温泉@新潟県

2016.11.08 23:01|国内旅行記
貝掛 外観


秘湯を守る会のスタンプが貯まったので、貝掛温泉にご招待で宿泊しました。
紅葉のシーズンとあって、少し混んでいました。


貝掛 部屋

お部屋は広くはないですが清潔で快適です。
色々と行き届いています。

残念ながら温泉の写真は撮れませんでした。
他の方も入浴されていましたので。
目に良いと言われる泉質で、源泉はぬるく、熱くしてあるお湯もあります。
ぬる湯にダラダラと浸かっていると寝てしまいそうになります。

貝掛 夕食

夕食は食べきれないくらいのボリュームです。
なんだか前回来た時よりおいしくなったような…。


3種飲み比べ

新潟の地酒を飲み比べできます。


新米

新米も美味しかったです。


貝掛 朝食

朝食です。焼きたての栃尾揚げを出してくれます。



宵の竹灯籠祭り@村上市

2016.10.11 15:22|国内旅行記
竹灯籠1

大和屋旅館からバスと徒歩で25分くらいの村上駅近くにて
宵の竹灯籠祭りというのをやっているとのことで行ってみました。

人影まばらで、本当にこの辺りなの?と不安になりながら歩いていくと
徐々に人の気配が増え始め、竹灯籠を灯した家がぽつんぽつんと出てきて…

きれいな竹灯籠がたくさん見え始めました。


竹灯籠2

まとまってアーティスティックに仕立ててあったり、
道を示すように灯してあったり。


神社と灯篭

神社や古くからある大きなお店など広いスペースでは…

演奏

数か所で音楽の演奏などがあり、しばし足を止めます。


護摩焚き

護摩焚きをやっていたのでキノコ大漁祈願をしました。

古くからある城下町に灯された竹灯籠が幻想的で
予想以上に楽しめました。
これを目的に旅行をしても良いくらいオススメです。

ボランティアスタッフさんが火が消えてしまった灯篭に再点火し続けていて、大変そうでした(笑)

瀬谷温泉・大和屋旅館

2016.10.11 09:59|国内旅行記
大和屋お風呂

山を下り、新潟県側に出て、瀬谷温泉・大和屋旅館に宿泊しました。

付近に大小いくつかある宿の中でも一番歴史のあるのだとか。
明治38年に温泉を掘り当てていらい続くお宿です。

しょっぱい温泉です。泉質はとても気に入りました。
内風呂男女各1ずつしかありません。
連休中で満室のはずですが、たまたま貸し切り状態で入れたので満足でした。


大和屋部屋

建物、お部屋はかなり古いのですが、お掃除が行き届いているので安心です。


大和屋夕飯2

お食事はお部屋食。
これが特筆すべき美味しさでした。
きちんと作っているんだなという印象です。


大和屋夕飯

今回は普通のお食事にしたのですが、秋限定で鮭のフルコースというチョイスもありました。
次回は鮭フルコースもいただいてみたいです。


女将がよそう

女将がご飯をよそって下さいます。
明るく、つかず離れず、良い感じの方です。

新しい他のお宿は海に面していてお部屋から夕陽が見えたり、
設備も最新だったりするのでしょうけど、
落ち着いていてお食事が美味しくて、設備が古い分でしょうかお値段はリーズナブルなので私達にはちょうど良いお宿でした。
是非また再訪したいと思います。

テーマ:温泉旅行・温泉宿
ジャンル:旅行

秘湯を守る会 雲峰荘@山梨県

2016.04.13 23:14|国内旅行記
雲峰荘外観

山梨県甲州市にある雲峰荘へ再びお泊りしました。

雲峰荘部屋

広くはないけれども居心地の良いお部屋です。
前回も今回もお隣が静かな方々でゆっくり眠れました。


雲峰荘露天

大きな岩の屋根がある露天風呂。
ぬるめのお湯なので好きです。
基本は混浴で女性専用の時間もあります。


雲峰荘内風呂

内風呂は二つあり、時間で男女が入れ替わります。
この写真は広い方です。


雲峰荘夕食

岩魚や山菜など山の幸いっぱいの夕飯。
自然な味付けでおいしいです。


雲峰荘夕食2

地元ワイナリーのワインリストがあり、格安のお値段でいただけます。


雲峰荘朝食

朝食もおいしいです。
アローカナの卵がありました。


雲峰荘朝粥

自家栽培の黒米をつかったお粥もあります。


雲峰荘桃畑

周辺にはお花がたくさん咲いていました。
桃畑のお花や、イトサクラ、菜の花など。
桃源郷とはこのことでしょうか。

テーマ:温泉旅行・温泉宿
ジャンル:旅行

トンボロ現象 三四郎島へ歩いて渡る

2016.03.21 16:23|国内旅行記
DSC_0900.jpg

西伊豆の三四郎島は沖合200mほどのところにある小島です。
トンボロ現象といって、干潮時にだけ陸続きとなり、歩いて渡ることが出来るのです。

繋がった

近くで見てみると繋がってますね!


滑るよー


せっかくなので向こうまで歩いて渡ってみます。
すごく滑るので危ない!
石の上で転んだら痛いだろうなぁ。
何人かはおっかなびっくり渡っていました。
プロフィール

 yoyo

Author: yoyo
元オーガニック系シェフ・現ヒプノセラピスト。食べ歩き、レシピ、山菜キノコ採取、お散歩、セラピー関連など、私の日々を綴ります。私がどんな人間か知っていただければ嬉しいです。

カレンダー

03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

ツリーカテゴリー

リンク

トラックバック

キーワードで記事を検索!

私のレシピ本です

ピースフード―安曇野の大地からのレシピ ピースフード―安曇野の大地からのレシピ
シャロムヒュッテ (2005/08)
家の光協会
この商品の詳細を見る

FC2カウンター


Google自動翻訳

RSSフィード

ページトップへ